緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨晩は一睡もできず…
今朝(といっても時差があるのでこちらは真夜中ですが)、やっとHost(親しい友人)と連絡がつきました。
けっこう市の中心で仕事していることも多いので、とても心配していたのです。
地震が起きたときは、市の中心からちょっと離れたところにいて、大丈夫だったとのことですが…ショックは隠せず…昨晩は車の中で寝たそうです。

昨日の情報とは異なり、やっと電気が来て、まだ断水中とのこと。
家が被害を受けなくても、高齢者も多い国ですから、食事作りにもどうしてよいかわからない状態のようで…

多くの友人に連絡をしていますが、連絡がつかないのは、車の中で多くの人が寝ているからではないでしょうか…?
余震が非常に頻繁で、それに急性パニック障害のように、ショックが重なって非常に不安な夜を多くの人が過ごしたのではないかと思います。

昨年9月の方がマグニチュードでは大きかったのですが、今回は深さ5キロという浅いところ、かつChristchurchにもっと近いところが震源地ですから、まさに都市直下型地震…
実際の感じでも、今回の方が遙かに事態が悪いとのこと。

外務省からもスポット情報がでましたし、Hostからも延期してもらっても構わない?という話だったので、非常に気になりますが、とりあえずNZへの渡航は少し状況が落ち着くまで延期することにしました。

NZは前に書いたように私にとっては第二の故郷・そして第二の家族がいる里帰り先…という感じなので、大変な状況をシェアできないのは、心が痛むのですが…かえって負担になりたくないですし。

…とりあえず、3月の旅行はシンガポール単純往復に変更するつもりです。

飛行機だとふいっと飛べる距離ですし、Skypeならばすぐに話せる場所ですが…こういうときNZは遠い国だと言うことを思い知らされ、自分の無力さと歯がゆさを感じます…

とにかく、Christchurchの人々が一日も早く安心して眠れる夜が来ますように…

by Hannah


【2011/02/23 03:43】 | ニュージーランド関連
トラックバック(0) |
今日はボランティアの記事を書くつもりでしたが…久々に日本語教室ボランティアを終えた後に、私が近々渡航する予定だと言うことを知っているお仲間からChristchurchでの地震のことを知らされました。

我が家は基本的にTVをつけない事が多く、年末に再構築した接続がなにかの都合で動かなくなり、3台TVがあっても全部映らないことに最近ようやく気がついた次第…ですが優先順位が低いのでそのまま、ほっておいたのが良くなかったようで、ニュースを知らされるまで、まったく知らず…あまり実感がない状態で…

その後、旅行代理店に3月のチケッティングのことで連絡をいれたところ、「当社で手配したお客様も現地の空港がクローズされて、ホテルなどがとれなくて困っている状態です。どうなさいますか?」と言われて、はじめて相当に深刻な事態だということを理解…

大急ぎで、とにかくできるかぎりネットで情報収集し、℡がつながらないので、Skypeで通話したところ、運良くHost Motherにつながって、Host Familyが全員(子ども、孫、ひ孫…と数えると優に30-40人になります)無事であったことを知り、少しホッとしました。とはいえ、Host Motherも相当にショックを受けている様子でしたし、リビングは割れたお皿やガラスが散乱していて入れない状況とのこと。とても心を痛めています。

以来、邦人中心の日本のニュースだけではなく、地元紙The Press、BBCなどのオンラインニュースをチェックしたりVideoやPhotoをずっと見続けています。

私のHost Familyの自宅は、中心部から徒歩30分ほどの距離、また私のHostも街の中心部のOfficeで働いていましたから、とにかく怪我をしたりしなかったのは不幸中の幸いかもしれませんが…

ニュースでの画像は全て見知っている建物…通り…本当に信じられない気持ちですし、率直にいって相当なショックです。

DMEもJacky先生のレッスンを4レッスン予約していたのですが、はじめの1レッスンを受けて、全く心ここにあらずな状態で…結局、メッセージを入れて、残りの3レッスンはお休み…正直いって、冷静に勉強ができるような気持ちにはなれません。

ともにクリスマスのお祝いをしたカテドラルも、ご存じの通り、壊滅的な被害を受けています。よくぶらぶらと歩いたManchester streetも見る影もない状態で…

特に市内中心でVictria Squearのすぐ近くにある、最も高層で最もモダンな建物(人が窓からロープででている映像がありますが…)は、在外公館が入っている建物でもあり、現地に行く度に訪れさせて頂いた建物で…本日の会見でもありましたが、オフィス自体が非常に被害をうけているとのこと…行く度に暖かく迎えて下さっていたスタッフの方々も、どうしていらっしゃることか…と心配しています。でも多分、大変な状況と思いますし、在外公館ですので公務もあるでしょうから、どんなに心配でも当分連絡するのは控えなくてはならないと心に決めています。

日本との時差が+4時間ですので、もうすこし待って、また現地の友人へのコンタクトを試みるつもりです。

日本での報道と異なって、ライフラインなどは確保されているとのこと(ただし、水は湧かす必要があるとのアナウス、また市内の本当の中心地区の状況は解りません…)、またAir NZは国内線に限って、明朝から運行再開となる見込み。
クライストチャーチから、あるいはクライストチャーチへの以下の便にかぎって50NZ$という便宜を図っています(以下、Air NZのHPより抜粋)。
In addition, Air New Zealand will operate a return Auckland-Christchurch service tomorrow utilising a Boeing 747-400, with seats available at the $50 fare.

Times for the special additional flights are as follows

【2011/02/23 00:13】 | ニュージーランド関連
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。