緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ、またまたHannahです。

あ~パッキングしないと…って思いつつ、今日もWebでのNewsにへばりついてしまいました。

今日、私のHost Motherが通っていた教会が取り壊されるところがTVに映っていて、悲しかったです…
http://tvnz.co.nz/national-news/video-demolition-beckenham-baptist-church-3-00-4042852

大聖堂にいったり、こちらに行ったり、向こうでは結構忙しくしていたのですけれど…
Host Motherと一緒に何度も行っていますし、Colombo st.に面していてよく目立つから、なんだかランドマークのように親しんだ建物です。

今日もOn line TVを見つつ、チャットメッセージで会話したり、電話したりしました。

現地の人のショックはもちろん、私に及ぶべくもなく…余震も減ってきたとはいえ、現時点で6回、それも1つは比較的表層でM4以上です。
http://www.stuff.co.nz/national/christchurch-earthquake/map-recent-quakes-near-christchurch

Host Familyでも子どもが怖がっているので…と遠くまでキャンプに出かけた人もいます。
現地の人でも、余震などを恐れて知人宅などに避難している人も少なからずのよう。

Host Motherは家を離れたくない…ということですが、家自体に被害がなかったとはいえ凄く心配です。郊外に住んでいる私の友人が「高齢者が市内中心部に1人でいるのは良くないから?、家に来たら暖かい食事やきちんしたお世話ができるから…」って言っているのですが、頑固なので動こうとはしません。

まぁ1人暮らしとはいえ、子ども達の大部分が近くに住んでいるので、頻繁に顔を出してくれるとのことですし、また学生達の組織であるVolunteer Armyが片付けの手伝いに来てくれたりしたとのことですけれども、やはり身体が休まらないのは心配です。
本人が離れたくない…ので仕方ないのですが、心臓病などもあるので…

あと心理的な動揺もすごい模様…これまで長年お付き合いさせていただいて、あんなに凹んでいる彼女ってはじめてです。とにかく涙が出たらそれを無理に止めたり、泣くのをやめようと努力しないで、泣きたいときには泣いて…って伝えて、私の心(heart)はいつもそっちにあるから…って。

距離がもどかしい感じ…
落ち着いたら必ず行くから、それまで待っててね…というのが、切る前のメッセージ…

現地ではペットのレスキューも始まっていますし、人々がみんな助け合って生きているっていう感じが伝わってきます。Victim Supportもすごく活躍している模様。友人がそこのスタッフで働いているのですが連絡先が見つからず…でも、きっと忙しく支援活動しているのだろう…と自分を納得させています。

それにしても、現地でのVolunteerのすばらしさ、昨日、Ayaさんと話していたのですが、日本だと学生が被災地で積極的にボランティアなんていうと、危ないから…とか、横やりが入りそうですが、国を挙げてまだ人が足りないので~とアナウスしている感じ。

家を無くした人の為の一時的な住居の提供、被害によって仕事を失った人への経済的支援、障がいがある人の為のサポートを求めるニュースなど…多岐にわたるサポートが動き出しているようです。

そんな中で、印象に残ったのはまだ行方不明の日本人のお父様のメッセージ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000538-san-soci

そして地震で最初の入植者(Christchurchの名前はオックスフォード大学クライストチャーチ学寮の出身者が入植したことに起源しています)が埋めた、タイムカプセルが地震で見つかったこと…
http://tvnz.co.nz/national-news/video-time-capsules-discovered-in-christchurch-statue-3-51-4042711
http://tvnz.co.nz/national-news/video-interview-canterbury-museum-director-anthony-wright-7-34-4042824

色んな悲しいシーンをみたけれど、これはかつてここを開いた入植者から、被災者へのエールのように思えます。どんなことが書いてあるのでしょう?まだあけないとのことらしいですが…
昨日は、地震が起きた12:51分を期して、全土で黙祷が捧げられたとのこと。
再建には時間がかかりそうですが、被災された方、愛する人を探している方、様々なサポートにあたっている方々…全ての方に、早く平安な日々が訪れますように…

というわけで…今日もKia Haka Christchurch & New Zealand

赤道の反対側で色んな事を思い祈っています。

by Hannah

【2011/03/01 19:02】 | ニュージーランド関連
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。