緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも午前中のレッスンを取っているのですが、今日はDME Trial最終日ということもあって、いつもとは違う先生→午後から夕方にかけてのレッスンスケジュール+昨日、殆ど進まなかった+Ayaさんもお休み(一昨日宿直→昨日日勤だったのですが、仕事が大変で夜遅く帰宅=今現在、まだ就寝中)=珍しく時間があってゆったりしています。

昨晩は過ごしやすい夜で窓を開けて寝たら、夜半から風が強くなってきた模様…家が壊れて大規模な修繕が必要になって「あ~でもお金がない!」と狼狽えている悪夢で、早朝に目がさめ…起きてみたら、前回台風で倒れて起こした庭木がまた傾いてきていました。これは本気で切って貰わないとダメそうです。後片付け大変そうですが{/悲しい/}築うん十年の我が家…あるときふと思い立って現状のままリフォームしたらどれくらいになるか?を知り合いの建築士さんに見積もって頂いたのですが、1000万円台後半(というか2000万円台に近い)…って{/衝撃/}建て直した方がずっと安く済みそうなお値段{/!!/}とはいえ思い出のしみこんだ家(Home≠House)なのでちょぼちょぼと直しながら住み続けてゆくしかないか…と思っています。ずっと殆ど一戸建てに住んできたので、単身赴任中は憧れのマンションライフにチャレンジしたのですが…鍵だけ閉めればOK!宅配Boxもあるし管理人さんに色々頼めて便利~とは思ったものの、どうもやはり慣れなかった気がします。

人生そのものとはいわないものの、その人生の多くを託す(規定する?)ことになる住まいって、他の人からは計り知れない拘りがそれぞれあるようですね。例えば、近所にAyaさんの同級生2人がシェアしているマンション、オーナーさんがドクターということもあってオートロックで石造りのエントランスは綺麗で、天井も高くて広く、カウンターのあるダイニングキッチン{/ピカピカ/}=トレンディードラマにでてきそうなお部屋でシティーライフの実現なのですが、バルコニーをあけても隣のビルが間近なので日照は殆どなし{/衝撃/}古くて丘の上にある日当たりの良い一戸建てに住んでいる私達はあうごとに「日当たりって重要でしょ!」というと「だって~あそこにはカウンターキッチンがあるし♪」{/目/}たしかに彼女たちの物件探しに同行したとき、タイミングが悪くて不動産屋さんにろくな物件が残っておらず…最後には足でさがすことになって見つけたのがこのマンション=鍵をあけて入ったとたん、「わ~カウンターキッチン{/複数ハート/}」となでなで…していた記憶。私達から「一日、どれだけの時間、カウンターキッチンに居るわけ?」{/嬉しい/}などと詰られても、ご本人達はしごく満足なわけで…

じつはこうしたことって、対人サービス全般に言えることではないかと思います。
つまり何が言いたいかというと、人がどこを大切にしたいかというのは千差万別ということなのですケド。(いまは共同経営になっていて殆どパートナー任せの)個人オフィスを立ち上げたとき、電話の応対をどうするか?に苦慮して結局、何社か検討した結果、女性経営者が運営するテレフォンセクレタリーにお願いすることにしたのですが、ここは応対する方の年齢層が比較的高く、よく言えば落ち着いている&アットホーム、悪く言えば、ちょっと素人くささがあって主婦的?同業の先生から「普通の人が応対しているみたいだから、もっとプロフェッショナルなところにしたほうが良いですよ」と忠告さえ受けたくらいです。でも、業種と私達が目指しているオフィスの形を考えると、この普通のちょっと親切で丁寧なおばさんっぽさ=これが一番ほどよい対応なわけで、若い声でバシッと「ハイ!*****で御座います!」な~んてパキパキ対応されたら多分、クライアントは引いてしまうだろう…と思っています。まぁ地域密着&ローカルなご当地的事業形態を目指していることもあり…

あ~またしても長文になっております、RSSなどで購読して下さっている方、ゴメンナサイm(_ _)m…
ということで話しは私的にはすごく満足(もちろん昨日かいたような多少のハズレはあるとはいえ)&ブログでも概ね評判がよいらしいiTalkになるのですが、このスクールが万人にとって良いなどとは私も思ってはいません。もちろん周囲には勧めますけど…
たまたま暇だったのでiTalkオーナーさんのブログ(←これってスクールHPのわかりにくいところにひっそりありますのでリンクをはっておきます)を拝見していたら、2nd Anniversary の写真で“A Journey as a Family・Better & Bigger”という文字を見つけました。古き良き&懐かしき今は無き日本企業っぽさがこのスクールの特色を言い表しているような?色々なコールセンターが集まるフィリピンですが、アメリカ系企業だと競争が激しいですから、こうした日本的経営ってかなりユニークなのではないかと思います。

で「iTalkに向く人、向かない人」という当初のタイトルに戻るわけですが、そもそもオーナーさんのブログのタイトルからして?と思われた方、いらっしゃるはず…このスクールで大丈夫か?とか(iTalkさま、見ていらしたらゴメンナサイm(_ _)m)

実は先生の紹介文の翻訳が怪しかったり、スクールからの掲示でもミスタイプがあったりというのは、意外と多かったりします(^^;)(まぁこうしたこと、実はNativeでもよくあることなのですが)。個人的に思うのですが、こうしたことからもパーフェクトで、エクセレントで、プロフェッショナルなスクールが良い!という方はiTalkだと不満かもしれません。ただしこぢんまりしていて、先生達がギスギスしていなくて(たまに素人っぽかったり、慌てふためいたり=基本的に正直で真面目な先生方なのですが)、元気で仲も良さそう{/音符/}(いっしょに旅行にいったりしていますし)というのが、このスクールの特色です。あと1人1人に合わせて先生やスクールがオーダーメイドのカリキュラムを考えてくれるのも良いところだと思います。

長くなってしまったのでiTalkに向く人、向かない人を私なりに考察すると…

{/ハート/}向く方
・1人1人に合わせたレッスンをして欲しい方(事前相談要?)
・自分の長所や弱点をすでに把握していて、自分がなにをして欲しいのかを理解している方
・自分の必要性(緊急性?)やニーズに合わせたレッスンをして欲しい方(この場合、事前にスクールとコンタクトして打ち合わせしたり、資料を送ったりしておいたほうがベター?)
・あまりきちきちと考えないで、鷹揚に構えられる方(=たまにあるスクールや先生のミスを温かい目で見て笑って許せるという意味。ただし予約システムなどにはミスがないのでご安心のほど…HPのアップなども遅いですし、この辺手作り感に満ちているかも?)。
・自分がとりくみたい素材をお持ちの方(はっきり言って、iTalkのオリジナル教材についてはあまり充実しているとは言い難い(特に上級むけ!)ので…2011/10/15現在)
・初上級~中上級くらいの英語力の方(上級を受け持てる先生の数がいまのところまだ少ない+オリジナルなレッスンをするためには英語で現地とやりとり出来た方が色々と便利です)。
・美しい先生とレッスンしたい方(私が体験したスクールでは一番、きれいどころ揃い)
・綺麗な発音をするフィリピンの先生から習いたい方
・間違いをきちんとタイプで直して欲しい方(先生がたのタイプスキルはおおむね凄いです。なかにはこちらのいうことを速記のように即座にタイプして直すことのできる先生もいらっしゃいます)

{/黒ハート/}向かない方
・しっかりと系統立ったカリキュラムが欲しい方(ただしDMEを受講すれば大丈夫かとは思いますが)
・プロフェッショナリティーをどのように定義するかという問題があるかとはおもいますが、あまりプロ意識をもとめると違うような…もちろん先生方はプロとして一生懸命しなくてはいけないという意識は高いですし、時間以外でも予習したりしてくださいますけど、いわゆる隙がないプロフェッショナリティーを期待すると少し違うかと思います。もちろんレッスン中に欠伸をしたり退屈そうにしたりはしません。このへんは他のスクールよりも先生に前向きささえ感じます。でもiTalkの先生方って真面目で正直な先生が多いため苦手なことは苦手と言ったりしてしまうので…
・スクールにパーフェクトなサポートを求めようと思う方(オフィスはそれ専業にしているわけではなく、また対応力にも限界があり?むしろ自分で先生や現地と交渉するほうが早いこともあるかと思います)。
・何事もきちんとしていないと気が済まないかた
・突然の変更や連絡のおそさにイライラする方

と長くなりましたがざっと思いつくことをあげました。また思い出したら書き足します。

最近、先生の休講連絡が多い気がします。やはりDMEが始まって先生方の消耗が激しいのでしょうか?

なんかまとまりがないですが…長文をお詫びしつつ、この辺で{/パー/}

by Hannah







【2011/10/15 11:36】 | English Study
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。