緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨晩、Ayaさんが無事、帰宅しました。今日は通常の時間帯での勤務なのでお土産話しもそこそこにして、さくっと{/ビール/}{/食事/}
とにかく無事帰ってきてくれて嬉しかったです。ご実家はにぎやかだったとのこと…この間の日曜日に結婚したお兄様ご夫妻、とっても幸せそうだった…でも疲れた~と。やっと賑やかな普通の我が家に戻り、一安心。
あちらから送った荷物がお昼前に届き、そのあとご近所の方が訪ねていらして、30分ほど立ち話、それから、セールスの人、そのあといつもお庭をして下さっているかた…千客万来な一日{/!!/}

ちなみにご近所の方のお話では、裏の空家はもともと戦前はイギリス人が借りていて、その後、日本人が住むようになってその方のお母様がお嫁入りして、一部和室があるものの、洋館造りなのだそうです{/目/}…っていうことは…ひょっとして大正12年(1923年)の関東大震災に耐えた家???少なくとも横浜大空襲に耐えた家っていうことですね…お隣の方もこの辺は大震災でも大丈夫だったと昔から住んでいるお年寄りから聞いているという話しも、これでだいぶ確信をおびてきました。いつあってもおかしくない三浦半島あたりを震源とするM8以上の地震について、ちょっと安心しました。もう少し詳しくお話を聞いてみたいと思います。敷地が広くて300坪近く…とのこと、そしてやはり狸もハクビシンも、白蛇もいるとのこと(^^;)、う~ん、やっぱり横浜の中心部とはいえここは巨大な田舎{/!!/}もうじき、近くの神社のお祭りで、町内会の役員さんと氏子総代さんが寄付を集めに来ます。そして誰がいくら寄付したかが大通りに木札で張り出されますから、大抵、ご近所がどれくらい出しているかをうかがって毎年、寄付=住民は全て自動的に氏子{/!?/}Ayaさんは「田舎みたい。この辺は信教の自由がないし」と笑っていますけれど…

by Hannah






【2011/07/13 19:02】 | 横浜ローカルライフ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。