緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前に書いたとおり、腕の良いきちんと修行した職人さんというのが日本では激減しつつあります。
技術立国日本どうした!という感じですね。

経験的な見極め方ですが…
見積もりにきちんときて、現場を詳細に確認する方
日本古来の古い技法についてきちんと分かる方
施主の希望をきちんときいて、できることはできる、できないことは出来ないと言って下さるかた
かな?と思います。

今、日本では個人工務店がバタバタとつぶれているそうです。
これは私達消費者のがわの「とにかく目先で安ければよい」という姿勢にも問題があるように思います。
たとえば当初40万円以下で丸ごと直せても、それが数年後にまたやり直さなくてはならない…となれば、結局、費用は倍になります。
ですから、きちんと長持ちさせるためには、そこそこ妥当な金額のところに頼んだ方がよいのかな?とも。

あと一人でもよい職人さんに出会えれば、大抵そうした職人さんというのはネットワークがあるので、こちらにあった職人さんを紹介していただくことが可能になります。

まだ本体部分が決まっていない別棟ですが、よい畳屋さんに出会ったお陰で、建具屋さんも決まり、地元で評価の高いと言われている中規模工務店の見積もり金額よりも、その箇所について約20万円の節約になりました。

ちなみに、工事の部分部分をわけて依頼するのを分離発注と言います。大きな工務店はこれをいやがります。まぁ当然、責任の所在が曖昧になりがちですし、気持ちも分からなくはないのですが…でも完全に大工さんだけでできるリフォームは限られていると思いますし、そうなれば結局、工務店さんを通じて分離発注する形になります。ただし違うのは、万一何かあった場合には、その責任を工務店が負ってくれるかどうか?ということかと思います。最近はアフターケアを保証するリフォームも出てきましたが、その場合には保証料が見積もりに含まれていることが少なくないように思います。

さらに、住んでみて不具合が出てきたときに、すぐ来てくれるかどうか?も大事なところです。
その辺については、地元の業者さんの方が安心という面があるかと思います。
なによりも地元だといい加減なことはできないという業者さんが多いように思います(でも最初のリフォームは地元業者さんでしたけれど、失敗!その工務店が廃業してクレームもあげられず(T_T)

人間ですから相性もあるかと思いますし、この辺は自己責任でお願いするしかないのかな?とも。

末永く長くお付き合いできるかどうか?
しっかり見極める必要があると感じています。

by Hannah




【2011/07/01 15:36】 | リフォーム
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。