緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多分、キャンセルがあったのだと思うのですが、メイン先生のレッスンが1コマだけとはいえ初日からとれて、気分よく出戻り初日を終えました。
今日は、ずっと休んでいた間なにしていたの?とか聞かれたので、フリートークで終わってしまったのですが、あっというまの25分だったような…
やはり慣れているというか、信頼感のある先生だと緊張しないせいか、滑舌も最初のコマよりも良くなっていたようば気がします。最期の5分で今後について話し合ったのですが、やはりAdvanced Grammar in Useをもう一回復習することになりました。

それにしても、新しく予約制度が変わったせいで、とにかく予約が取りにくくなったという感じです。
前はホームティーチャーという1000円余分に支払うことで、予約回数を多めに取ることができるコースがあったのですが、こちらが無くなってしまっており…
2日分しか予約できないレギュラーだけではとても無理と判断し、チケットも購入したものの、こちらも3レッスンしか予約できず(´;ω;`)
つまりどう頑張ってみても、現行の制度だと7コマしか予約が入れられない…状態!かたやメインの先生は人気の先生なので予約をあけたと同時に埋まってしまう状況なので、もうどうしよう~と頭をひねっております。
ただでさえ、当直があるので週に2日はレッスンができないことを承知でレギュラーに出戻ったのですが、この状況は困ったなぁ~と…つくづく…ため息…
スクール側の受講生への公平性とか、先生に偏らない方がという理屈(思惑?)も頭ではそうだと理解できても、ただ英語をしゃべる機会を多くしたいというのではなく、私のように一定の目的や指向性をもっていると、その指向性にあった先生を選びたいというのもスクールには理解していただきたいところで…特に中級以上の文法をきちんと教えられる先生って本当にすくないと思うものですから…
ホームティーチャー制度を復活していただけないかなぁ~と思うのはわがままでしょうか?

明日は、メイン先生のレッスンが取れないので潔くレッスンをお休みします。
これは新制度のディスアドバンテージではないかと…
月々1万円(+チケットも購入したので1万数千円?)とはいえ受講生はアドバンテージとディスアドバンテージを計りにかけてスクールを選んでいると思うのですけれども…

◇本日の記録◇
久しぶりの先生…1コマ25min
メイン先生…1コマ25min→これまでのことについてのフリートーク&今後についてのディスカッション(≒ガイダンス)
Total=50min

Hannah

スポンサーサイト

【2014/07/08 00:06】 | English Study
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。