緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事にかまけて、英語がすすんでないので、今日は少し専門的な話で恐縮ですが…

カウンセリングを受けたいと希望される方から、「○○と心療内科(or精神科)でいわれたんですけれど、薬を飲みたくないんでカウンセリングで治したい」といわれた経験は少なくありません。またカウンセリングを希望していらして、医療的なサポートがあった方が良いなぁと思って、近隣で安心してかかって頂ける医療機関をご紹介しようと思ってお勧めしても「いえ!私は医療機関にかかりたくないんです」と言われたこともあります。どうしてお薬を飲むことや、医療機関にかかることが嫌なのか、じっくりお話を伺う中で、大抵は「それなら行ってみます」とか「じゃぁ薬はこのまましばらく飲んでみようと思う」とか仰って頂けるのですけれど…

こころの病が現代病の1つとして認識され、首都圏など都市部ではだいぶ敷居が低くなって、ぎっくり腰のように「いやぁ~僕、仕事で無理したら、こないだ欝になっちゃってね~」なんて少し言いやすい世の中になりつつあるとは思います。
それでも精神科or心療内科(=少しマイルドな印象?)にかかることに対して、依然、根強い抵抗感があるのは、「精神科にかかっている人=訳のわからないand/orこわい人」といった長年の偏見があるからでしょうか?実際、病院精神科のデイケアやクリニックの外来などで、長年こころの病をかかえて生きていらした患者さんと関わらせていただいてきた経験から言わせていただくと、精神科ユーザー=人一倍デリケートな感受性がある優くて、ナイーブな方々という印象なのですけれども…

ご本人がカウンセリングだけで治したいと希望されても、こころの専門家として「いまは医療的な支援が優先されるべきとき」と思ったり、あるいは「カウンセリングも有効だけれど、それに加えて医療的支援があるともっと早く楽になれるんじゃないかなぁ?」と思った場合には、無理にカウンセリングに拘ることなく、医療機関での治療を続けることをサポートしたり、あるいは医療機関への受診をお勧めすることがあります。基本、前者の場合、カウンセリングよりも医療的支援が重要ですので…とお話しさせていただくのでそれはあまりごたごたしないのですけれども、問題は医療的治療が必要と言われても「カウンセリングは良いけれど、薬などは嫌」という後者のタイプの方です。

こころに効く薬=怖い{/波線/}{/悲しい/}というイメージもあるのかもしれまんし、眠くなったり、若干の副作用はあることもあるので仕方ないとは思うのですけれど、Drは副作用の様子をみながら慎重にその方にあう処方を考えられますし、基本的に風邪薬や喘息のお薬などでも副作用はあるわけで、こちらもやはり偏見なのかなぁ?と思ったり…妊娠をしていらしたり、妊娠を望まれていらっしゃる方の場合を別として(もちろん状態によりけりですが、希望により漢方処方で対応して下さる医療機関もあります)、現代のこころのお薬の安全性を考えると「そんなに根性論でなおそうとご無理なさらないで!」と思わされることが少なくありません。

そうした方に対して私がよく説明に使うのが、私の長年の持病=腰痛{/目/}
日頃の運動不足{/汗/}、姿勢の悪さ{/汗/}、体重オーバー{/NG/}、座り仕事の多さ{/まいった/}…などなど(=すべて私に当てはまることなのです(^_^;){/衝撃/}{/汗/}{/汗/}{/汗/})、生活習慣から来ている部分が少なくない…のだから、腰痛体操やダイエットや、筋力アップが腰痛には有効かと思うのですけれど…とはいえ、「痛い{/!!/}」最中に、「よっしゃー{/!!/}痛いからダイエットして、腰痛体操して、がんばって治そう{/グー/}」という気になるでしょうか?腰椎捻挫までした私の経験でいうと、痛い{/!/}痛ーい{/!!/}の最中に腰痛体操はとても無理{/!!/}ダイエットに励んでなんてことまで頭も回らず、かかりつけのDrのところにそろりそろりと歩いて行って「痛いんです{/!!/}早くなんとかください{/!/}」と叫いて{/!?/}注射していただいて、一命をとりとめ?⇒お仕事に復帰!そして痛みが少し治まってくると「あ~ダイエットしないと~」とか「腰痛体操真面目にしないと~」とか思うわけで{/目/}…腰痛体操が効果を発揮するためにも、まずは痛みが酷すぎない範囲に収まっていることが大切な要素{/ひらめき/} 
こころの病を現代の生活習慣病=こころの腰痛と考えるなら、日頃の姿勢を正すことやダイエットそして腰痛体操といった長期的なセルフケアも大事とはいえ、まず痛いときには、痛みを医学的に取り除いてもらうことが大事だとおもいます。
そして、痛み止めだけで完治させることは難しい痛みについて、カウンセリングなどで日頃の生活習慣を見直したり、姿勢を正したり、体操したりして、「こころの筋力アップ」をはかってみては?

薬か?カウンセリングか?といった二者択一ではなく、その折々に何が優先されるべきか、まじめなこころの専門家であるならば、きっと考えているのではないでしょうか?

長くなりましたが、もし皆様の周りでこころの病に苦しんでおられて、お薬を飲むことや医療機関にかかることに抵抗を感じておられる方がいらしたら、ぜひこの腰痛のたとえ(実感がこもっているだけに{/!?/}わかりやすい{/!!/}とよく言われます{/汗/})を話して差し上げて下さい。

P.S.書き終わってから気づきましたが、よく「主治医が長く話をきいてくれないからカウンセリングを受けたい」というご希望も伺います。TVドラマなどで描かれている精神科医や心療内科医がつくられすぎているからか?カウンセラーのように話を聞いてくれる印象があるかもしれませんが、あくまでもDrが話を聞くのは適切な治療や処方のためですので…カウンセラーのような役割を期待するのは(なかにはそうしたDrがいらっしゃるのも承知しておりますが、すべての方に30分、1時間と話をきいてたらクリニックは倒産するでしょうし…)少し違うかな?なーんて思ったりもします。

by Hannah
スポンサーサイト

【2013/05/19 09:12】 | メンタルヘルス
|
この頃の我が家…
二人ともシフトで動いているので、なかなか前のように休日も合わなかったりするのですが、二人ともちょっとした機会があれば、中華街へ…
帰宅して
「今日はあるかとおもっていったけどなかった{/右斜め下/}」
「いつから?」
「お店の人にきいたら6月くらいからって」
「早く出ないかなぁ~」
などなど…これからの季節、私たちが連日のように食べたーいと待っていたもの…
それは…

そう、↑生のライチ!
偶々、昨日区役所に行った帰りにいつもの八百屋さんで卵を買おうと立ち寄ったら、ありました。
昨日はじめて入ったという初物にてお値段も100g=280円とかなりお高いものでしたが、400gほど良さそうなものを選んで買ってきました。
ちなみに卵Lは1pack=130円{/音符/}
お値段もかなりリーズナブルなのですが、Chineseの店員さんとのやりとりや買い物の仕方もアジア的で、二人とも大好きなスポット。今や顔見知りなので、店員さんから「今日は娘さん(←Ayaさんのこと)はどーしてる?」といわれたり…

ライチは初物のせいか、少し色白ですが、味は瑞々しく美味しいものでした。まだ高いので大事に食べていますが、これからの季節、7月上旬くらいまで色々と種類を変えつつ出回るライチが楽しみな季節になったことを実感{/揺れるハート/}

お野菜も他と比べてお買い得ですし、最近は八百屋さんも増えてきている感じで、おなじみの八百屋さんの隣に新しいお店が開店していて、そこで冷凍のパンダ饅と葱花巻を購入⇒早速今朝の朝食に。冷凍の花巻はさっと水にくぐらせてポリ袋にいれて、レンジで2分程度チンするとふかふかになったところに、バターをつけてハフハフしながら食べるととても美味。

定番のお土産もよいですが、中華街でこんなお土産はいかがでしょうか?
ぜひお買い物袋あるいはカートとともに中華街にいらしていただけたらと思います。
マンゴー、マンゴスチンはもちろん、ドラゴンフルーツ、ドリアンなど見慣れない果物や野菜、食材にめぐりあえますし、なによりも素顔の中華街の一端が体験できるかと…思います。

P.S.もし、重たくてもてなーい!ということならば、送料がかかってしまいますが関帝廟通りの1本裏の通りにあるコンビニなどから宅急便でも送れます。

by Hannah

【2013/05/18 09:05】 | 横浜ローカルライフ
|
仕事を始めてから体調管理を万全にする必要があり、時間的にもオンラインレッスンが難しく英語の方も滞っておりましたが、最近やっと少し復活の兆しでAdvanced Grammar in Useの2nd Ed.をアマゾンの中古品で再購入!改めて見てみると全然身についていないなぁ~と思わされます。当直の時は、意外に時間があったりするものですから、少しずつ復習しようと思っています。

それにしてもGrammar in Use⇒Advanced Grammar in Useの間にはものすごくGapがあるということを感じます。アメリカに大学院留学したかたも同じ意見でしたからGrammar in Useを終えてすぐに取り組むのは難しいかも?しれません。私ももう少しでAdvanced Grammar in Useが終わるところですので、色々なことが落ち着いたら、またオンラインを再開したいと思っています。Advanced Grammar in Useを独りでするのはとても難しそうですので…

それともう一つ、最近課題だなぁ~と思っているのが、やはりvocabularyです。英語学習者の中で定評の高いDuoはどうも相性がわるく、かといって単語と日本語を対比させるだけだと身につかない気がしており…今のところのお気に入りは単文で構成されている「システム英単語」です。これですとペアになる前置詞なども自然に身につく感じですので自炊したテキストとCDをタブレットで持ち歩いていますが進捗は今ひとつ…

そうそう自炊のその後についてですが…たしかにスキャナーで取り込んでおけば、重たい本を持ち歩く必要も無く、必要なページは印刷して何度も使うことができる&見たいときにいつでもどこでもタブレットで見られるという安心感があるのですけれども、個人的には何となく知識が滑ってしまって身につかない気がしています。やはりペーパーベースで書き込みとかしないとダメなタイプなのだと実感してその後、自炊はしておりません。新しく買ったAdvanced Grammar in Useはそのままもちあるくのは重たいので必要なページをコピーして持ち歩こうかな?などと思っております。

自分の闘志をかき立てるためにも、進捗状況のご報告は大切ですね!これまでもこのブログでお知り合いになった方から無数のお励ましを頂いてきたのですから、まずはシステム英単語から、少しずつアップしてゆこうと思っています。

寒かったり暑かったりで体調管理が大変なこの頃ですが、皆様もお体に気をつけてお過ごし下さい。

by Hannah

【2013/05/17 09:59】 | English Study
|
半年以上ブログの更新が滞っておりました。本当に申しわけございませんm(_ _)m
それにもかかわらず、毎日沢山の方にご訪問頂いていることを嬉しく感謝申し上げます。
NZの体験が余りに重く、どう纏めよう~と思っているうちに、我が家も色々な変化があり、更には本格的にお仕事再開に向けて色々動いておりました。

Advanced Grammar in Useの進捗はどうなってるんじゃ~、シェアリビング解消??などなど色々とご心配をおかけしていることと思います。

この間Ayaさんは真剣に?おつきあいする方ができ、少しずつですがお互いに自立の方向性ではありますが…健康が万全ではない私を気遣ってくれて、完全に独立というよりも常時シェア⇒時々シェアという形を考えている様子…娘であってもいつかは巣立ってゆくときがあるのですものね!彼女の配慮にはいつも感謝しています。

私の方は紆余曲折があったものの、昨年末から外資系で契約社員としてお仕事再開!…というと、さぞや英語力が評価され…と思われそうですが、まーったく英語は使う環境ではなく(笑)…むしろこれまでの専門的スキルが評価されての採用にて、くれぐれも誤解無きよう…(^^;)

いかんせん民間企業で働いた経験がない身の上+年齢は転職適齢期を大幅超えですから、拾って頂いた会社には本当に感謝以外ございません。24時間稼働ということもあり、私は週2日ほど当直勤務をさせていただいて、ようやく我が家も少しずつ財政再建に向かっております。民間企業=前から働いてみたかった環境。最初は戸惑いと不安のてんこ盛りだったのですが、最近では教育研究機関に比べて民間企業の方が色々と風通しが良いなぁ~、意思決定のプロセスが明確だなぁ~と思うこのごろ。もちろん私個人は今も失敗したり、戸惑ったりはするのですが。その他、地方自治体での嘱託も再開!個人開業のカウンセリングも再開しましたが、こちらは地元の方メインですのでぼちぼちと…

NZ Christchurchの旅は本当に重かったです。いまだにその余韻を引きずっております。
知っているところがぜーんぶないという感覚!建物に刻まれた思い出もろともなくしてしまったような喪失感…東日本大震災で沢山沢山悲惨な風景を見せられたはずなのに、やはり思い出がつまっている町が壊されてしまったという重さはたとえようがありません。精神的にも物理的にも迷子の状態…実際にランドマークになる建物が殆ど壊滅しているわけで、私もよく方角を見失いましたが、現地の友人も「ここではみんな簡単にそうなるわよ」と言っていて、自分が見知っていたChristchurchはもうそこにないのだということを思い知らされました。Christchurchのその後についてあまり日本には伝えられていませんが、NZの主要都市といっても人口4万人くらいの街ですし、あちらの制度などの違いもあり、インフラなどは回復したとはいえ週末は人で賑わっていたカフェーも輸出用コンテナで再開しているような状態にて、復興にはとてつもなく時間がかかりそうです。長年つきあってきたホストは“Christchurch never recover”と。あれほどChristchurchが好きと言っていたホストマザーも「すっかり変わってしまったわ。もう私はここに居たくない」というような状態…滞在中、余震もあり私などは地震なれしているせいか?あまり感じないのですが、現地の人はすごく敏感になっているようで、そのたびに怖い思いをしている様子。一度だけ、ベットで寝ていた時、大きな余震があり、そのときは直下型の地震の揺れを実感!よく「突き上げるような」と表現されますが、揺れというよりも爆発の波動がずしんとくるような感じで、さすがにそのときは少し怖いと思いました。ショッピングモールもだんだんと再開している感じでしたが、街の中心部に出ると地震の被害を目の当たりにするわけで、今回はさすがにショッピングに出かける気にもなれず&最初の1週間は風邪がひどく…結局、1回ウイークエンドマーケットに出かけたのみでした。首都圏にいると実感するのが難しいですが、東日本大震災で被害が大きかった地方の方も同じようなストレスのなかで過ごしているということを忘れてはならないのだと思っています。

重たい話題になりました…

今年は仕事にかまけているうちに楽しみにしていたインターナショナルスクールのバザーを見逃してしまいましたが、Ayaさんのリクエストで、久々に横浜開港記念パレードを見に行きました(そーいえば一度も見せてなかった{/汗/})。見た感想としては…う~ん、なんだか昔とくらべて…

お庭では今年も家庭菜園に挑戦中です!今年は昨年大収穫だったミニトマトに加えて、キュウリやおくら、坊ちゃんカボチャまで…Ayaさんは俄然園芸に燃えだしており水やりや草取りに精を出し過日は園芸用グローブまで。私はキュウリを♡型や☆型にしたいと画策しております。自然とふれあうこと、手を動かすこと=究極の作業療法かと?

英語の方は…と書くとすでに充分長い記事が長くなりますので、別記事にします。

by Hannah


【2013/05/17 09:38】 | 横浜ローカルライフ
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。