緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか、論文のように堅苦しいタイトルになってしまいました{/汗/}{/汗/}{/汗/}
はじめにお断り;
この記事=超長文です(引用も含)ので、お暇な方のみお立ち寄り下さいませm(_ _)m

前記事オンラインクラウドのお話にダイレクトにいらして下さる方が多くて、ちょっととまどっています。実は最初考えていたのは、テキスト電子化×クラウドという使用法を考えていたのですが…その後、調べてみるとこの行為自体に違法性(著作権侵害)が強く疑われる行為にて、アップしてから慌てて前記事に編集をかけました。

著作物のコピーは私的使用に限ると規定されており、これをみだりにシェアするのは、犯罪行為になりかねない=皆様もご注意ください。

このスキャン代行業については、著作権者(執筆業の方々)が共同提訴し、被告の業者が本年4月末に違法性を自ら認める「認諾」をして、スキャン代行を停止したということが報じられています(スキャンやこの経過について詳しい記事は⇒こちら

もちろん著作権というのは守られなくてはいけないですが…長年、書籍の断裁とスキャナーの貸し出しを行ってきた老舗の業者は、HPでスキャナライズ代行の違法性についての警告とともに、提訴という事態(この業者は代行をしていないので、被告ではありません)をうけて、書籍の電子化の必要性や可能性について慎重かつ建設的な意見を表明されています(以下、スキャンブック.JPのHPより抜粋させて頂いた同社オーナーさんのご意見)
===============================================
私自身、本がとても好きなので、素晴らしい著作者の方が大勢いらっしゃるからこそ、様々な素晴らしい作品を読むことができるのだ、ということを日々身に染みて感じています。

だから、著作者の方の権利を侵すことは一切したくありません。
また、著作物に対するモラル低下を助長するようなことも一切したくありませんし、できません。
そう思うから、弊社は著作権を厳密に遵守することを第一に事業を続けて参りましたが、尊敬する先生方の記者会見での「裁断本は正視できない」という発言は、私たちにとって非常につらい言葉でした。

先生方に知って頂きたいのは、先生方にとって子ども同然である本をバラバラに裁断してしまうことが、正視できないほどつらい事であるのと同様に、身銭を出して本を購入した私たち読者にとっても、非常に抵抗感を感じる作業だということです。
読者である私たちにとって、書店に足を運び、あまたある本の中からあれこれ考えながら購入する本を厳選し(これも楽しみの一部ですが)、身銭を払って手に入れ、膨大な時間を費やしてページを繰って読んだ本たちは、もはや単なるモノではなく人生体験の一部となっており、精神の血となり肉となったとさえ言える存在だからです。

しかし、住宅事情の問題などにより、読んだ本をすべて保管しておく事は、現実問題、多くの愛読家にとって不可能な場合が多くなっています。
泣く泣くブックオフなどの二次流通に売ってしまえば、その本は手元を離れ、二度と読めなくなってしまいます。
かけがえのない、まさに一期一会の大切な本たちを、僅かばかりの金銭と交換して手放してしまった…という罪悪感もあります。

そこで弊社が約6年前に、愛読家の皆さんにご提案したことは、確かに大切な本を裁断してしまうのは考えられないくらい残酷な作業ではあるけれど、個人でスキャンして電子書籍化すれば、何千何万冊の蔵書でも手放す必要がなくなり、長年の悩みを解決できるのでは?ということでした。
================================================
こうした現状をふまえ、この方は提言として本屋に古本をもちこんだ際に、数百円で電子化したデータを渡すというシステムを提言していらっしゃいます。紙媒体をあつかう本屋に足を運ぶことでの集客効果についても述べられています。詳しくは⇒こちら

法的判断を待たず、被告となった業者(著作者による事前アンケートで、スキャン代行を表明した2社)が違法性を認めてしまったということで、法的判断がなされず=違法ということに落ち着いたようなこの一件をふまえ、書籍スキャンについて考えれば考えるほどグレーゾーンではないか?とも。

実は私自身、相当な冊数の書籍を持っていて、実際にその置き場に困っています(現在は、とりあえず隣家=書庫)。家も経年とともに本の重みで少し傾いていて、サッシには若干隙間さえできている始末…

そして同時に、私自身(単著ゼロ、すべて共著とはいえ)何冊かは出版され、きちんと正規の販売ルートに乗っている立場=つまりDQNな著作者。最近も、10年前に一章だけを訳した本がようやく、監訳者のご努力により、その筋ではメジャーな出版社により日の目をみたばかり(まだ読み返してなくて、母の遺影の前に鎮座してますケド)。

こうした「読み手」と「書き手」の両方を体験してきたものとして、今回の提訴にはいろんな問題が含まれているかと。

「裁断本は正視できない」というのならば、もう読まないからとゴミの回収日に出された本ならば正視できるのか?はたまたB○○k ○○fに並んだら良いのか?そもそも、自分が読んでよいとおもったものは、他人にも「読んでみたら?」と勧めたくなるだろうと思うのですが、友達なら貸したりしてもよいけれど、他人はいけないのか?だれに貸すのまでが合法的で、どこからが違法なのか?加えてオークションで本を売るのは?テキストに使うときに先生と同じ本を先生と一緒に見るのはどうなのか?などなど…考え出すとキリがない{/!?/}{/!?/}{/!?/}感じ。

こうした感覚について分析してみると私自身「書くことで収入を得ていない(=原稿料なしが殆どで「出して頂いて有難うございます」状態、また頂けたケースでも400字あたり千数百円という微々たるものにて)」から、著作権についてあまりシビアーに考えられないのかもしれないとは思うものの、もし私が(一部分)自分の本がスキャンされて、電子化され「実は…」と見せられたら「そんなに大切に思って頂いて、な~んて幸せ{/揺れるハート/}」と思う気がします。間違っても「あ~バラバラにされちゃって{/バッド/}」と思わないのは、私が殆ど売れてないDQN著作者なせいかも{/衝撃/}ですが…

赴任先から引き上げてきた専門書類を含めて、そろっと整理しなくては…と思っていた矢先にこの課題にぶつかり、私はあえて自分で裁断して自分でスキャンするという自炊の方法に出戻る!決断をしました。

これまで持ってきたスキャナーは平置きタイプですから、当然シートフィーダーがついたスキャナーがいるわけですが、それなりの機能をもったものはそれなりのお値段{/¥/}{/衝撃/}

そこで色々検索してみると=東京にも地元にも、スキャナライズ出来るレンタルスペースを発見!でも、暑いなか出かけたくないし~きっと時間も気になるし~落ち着いてしたいし~と…
幸い、先に引用させて頂いた業者さんのように最近は自炊むけの機材をレンタルしているところがあるので、お試しにレンタルすることにしました。大型裁断機+スキャナーのセットを10日間レンタルして=3,980円也(送料別ですが、ただいまキャンペーン中!)。スキャン代行料=安いところだと80円以下ですから、結果的にリーズナブルか?否か?は自分の努力次第ですが、まぁ時間だけは今のところありますので、元をとるべく努力あるのみ{/!!/}

いずれにせよ「本はまたいではいけません!」と育てられた私にとって、本をばらすという行為はとても勇気がいる大変な行為と思われ...でも、これが現在、違法ではないギリギリラインかな?と。さらには、そうした行為を他人にお願いしてするのでなく自分でするという行為自体に何らかの意味性があるかもしれない…とも。

まぁ高価な専門書はともかく(同じ専門で勉強しているAyaさんが使う場合も結構ありますから)、とりあえず、現在積ん読になっている語学テキストや単語帳、レファレンス類を10日間で集中的にOCR化しようと思っています。そうすれば、必要な文字列で本文中をサーチもできるかも?とささやかな期待もあり…

今回の件を通じていろんなことを考えているのでぐだぐだと長文となり、申し訳なく思っていますm(_ _)m
今回の提訴、どう思われるか?賢明かつ忍耐強くこの駄文につきあって下さった皆様のご意見もうかがいたく…何かございましたら、コメントお寄せ下さい。

P.S.今日はお役所に出向いて、あちこちたらい回しされ=レッスンお休みです。「私は言っていない、他の部署が言ったことですよね!」「それについては、○×にいって**をとってきて下さい」って、普通の組織だったらありえないでしょう!!というunbelievableな方にお会いしたので、とっても疲れました{/バッド/}常日頃から公私ともにお世話になってきていておつきあいもあり、それぞれ個性的で熱いハートをもっている職員さんが多いなぁ~と思っていた区役所なのに{/NG/}

by Hannah
スポンサーサイト

【2012/07/31 20:11】 | English Study
|
前記事で、ミスタイプ見つけたのですが、記事アップのほうを先にm(_ _)m

最近、我が家でぐっと身近になってきたのが「オンラインストレージ=クラウド」。一昨日、レッスンのはじめのフリートークでは先生とこの話をしました(お家生活中心だと話題が限られてしまうので、フリートークも話題の予習が必要?かも?)。

そもそもは、タブレット端末を購入したのと同時にDropboxを使い始めたのが、きっかけなのですけれど。
Ayaさんは職場のPCでUSBメモリがロックされた&過日データが消えたのをきっかけに、私が教えたDropboxを使って、職場でさりげな~く大学院の課題をしたりするのに使っているとのこと。たしかに、これだと仕事してるふりして、論文作成なんて便利なことができてしまうかも(笑)。最近のAyaさん、過日の失敗に懲りて、入力したらセーブと同時にクラウドにもアップして、万全のバックアップ体制をとっています。今朝は朝4時すぎ~期末課題の論文(8,000字以上とか)に取り組んでいたとのこと!私が起きてきたら「あとA41枚くらいで終わり{/揺れるハート/}」って言いながらメイクしてました(仕事前に早起きして課題を作成していたわけです=偉い{/ピカピカ/})

ただし無料でDropboxを使えるのは2Gと容量が小さいのが難点!より大きいNドライブでも無料は30Gまでですから、PCに取り込んだ写真や音楽などをいれるとすぐにいっぱいになってしまい、つねにいらないものはダウンロードしてクラウドから削除し、今使っている(あるいは使うだろう)ファイルやフォルダーをアップロードしなくてはならないという手間がかかります。もちろん月々800円~千数百円払えば、もっと沢山の容量が使えるようになるのですが、タダで済ませられるのならタダですませたい{/¥/}(←毎月オンラインレッスンに1万数千円はらっているので、かなり金銭的にはシビアー{/嬉しい/})

そこで、昨日色々さがしてみたら…ありました!無料&容量(ほぼ)無限のクラウド
Bitcasaというものでダウンロードはこちらから…
万一トップページの赤いボタンを押してうまくダウンロードできなかった場合(=私の場合のように)こちらから…
ちなみに本日(2012/07/30)現在、Androidには対応おらずComming soonと表示されています。ですので私のAndroid Tabletには不可{/NG/}今のところの対応OSはMac, Windows, Linuxとのことです。でもWindows Tabletや我が家のように一人で複数PC(ちなみにウチのPC所有台数=人数×3台{/目/}:メイン+サブモバイル+旧機)を使うユーザーには便利なサービスには違いありません。

ネットで調べてみると、現在のはbeta版で以前は使用リクエストを出して数ヶ月後に招待状がきていたらしいので、心配しながらサーチエンジンでたどり着いたところ、サインアップも利用もすぐにできるようになっていました。
あくまでもbeta版&無料ということもあり、いつまでサービスが続くかちょっと心配な面もありますが、とりあえず容量の大きさと直感的使いやすさ(サイトはすべて英語ですが、インストラクションビデオもあります=クラウドの使い方を覚えつつ、英語の勉強もできてしまうという、一石二鳥{/複数ハート/})、そしてアップロードの早さ(我が家の場合=光がメイン+WI-FIがサブ)に感動。これが無料ですか?という驚き!
⇒でも無料ですから、いつサービスがなくなるともしれず、あくまでもご利用は自己責任でお願いしたいと思いますm(_ _)m

今後、GENGENさんに習って本格的にため込んでいる英語関係の参考書類を電子化しようかな~などと思っています。
電子書籍はスキャナーがあれば自分で自炊も出来なくはないですが、やはり時間と労力&できあがりを考えたら、電子書籍化サービスを使ったほうが便利かと思います(「電子書籍化サービス」で検索すると沢山の会社が出てきます)。

それにPDFにしておけば、好きな端末でいつでも見られ+自分が練習したいページを好きなだけプリントアウトもできるでしょうし…

Grammarの本ってかさばるのですが(EGUでも大型本で厚さ2センチ弱、SwanのPractical English Usageはまぁまぁ普通のサイズとはいえ厚さは4-5センチ位?)、これを電子書籍化していただくと、いつでも見たいときにモバイル端末などから参照可能かと。あと単語帳なども電子化してもいいかも?(暇な時に職場や好きなところでさりげな~く勉強できるかも?)

というわけで、今回はオンラインクラウドのお勧めでした。

P.S:…とここまで書いて不安になり、色々検索してみたら、Yahoo(Y!Box)Google Driveといったメジャーな企業でも無料サービスがある模様。Yahooの場合はプレミアム会員の場合50GB(私の場合、対象となっていたので早速登録したところ50GBがFreeで使えるようになりました)まで、それ以外だと5GBまでとなっているようです。今のところ主に使っているのはDropbox、Nドライブはインストールしたものの殆ど使っていません。これから容量の大きいYahoo boxを使ってみようと思います。でも昨日、5GBを超えたフォトフォルダーを快適にアップできたのでBitcasaはこれからも使い続けたいです(英語の勉強にもなるかも?ですし{/嬉しい/})。
まぁファイルのサイズや、個々人の使用目的によってクラウドも使い分ける必要があるということでしょうか?とりあえず私の場合
Dropbox⇒頻繁に参照する文書、今使っている文書類など
Yahoo box⇒電子化書籍(テキストやレファレンス等)、音楽、Videoなど
Bitcasa⇒旅行で撮りためた写真、HDDのバックアップなど
…というところでしょうか?でも今度はどこのクラウドにアップしたか忘れそう{/汗/}

by Hannah

【2012/07/30 12:32】 | English Study
|
このところ暑い毎日が続いていますが、お元気ですか?
私はちょっとバテ気味にて、今朝はAyaさんが仕事に出かけたのも気づかず{/汗/}{/汗/}

でも最近はレッスンをお休みすることもなく、平日3コマ、週末4コマというパターンが定着してきて今日Unit83のExercise83.3まで何とか終わりました。
前回アップして以降の内容ですが…
Unit81;Purpose and results
⇒in order/so as to-infinitive
Nagative form = so as not to / in tor not to
in Contrastive sentence = not + to-infinitive, but + to-infinitive as IN
⇒in orter that and so that
⇒Such that / in such a way that /such....that
Unit82 ;Contracts
⇒Although and though
⇒ Even though and even if
⇒ While, whilst and whereas =先生によれば対比を明確にするために使うとのこと
Unit83 ;If (1)
という構成になっています(自分自身の備忘録として、もっと細かく書かなくては...と思うのですが、とりあえず晩ご飯の準備があるので=明日できたらもう少し詳細を描き加えるかも?)

Unit81は比較的なじみがある内容であまり躓かなかったのですけれど、Unit82のwhilstとwhereas(どちらもalthoughと同様の意味でformal contextで使われるらしい...)はこれまで全く記憶になく、初めてお目にかかった表現という感じにて苦労!(正直、whileを使うのが一番なじんでいますし、文法的に間違いを犯しにくいので、使うかな?⇒ってこれじゃぁ表現の幅が広がらないかも?という課題はありますが(^^;)

あとUnit82でとうとう余白に書き込めない状態になり、仕方ないのでノートの半分を切って裏表に解答を書き込んでテキストに挟み込みました。

Unit83はIfの使い方で主にConditionalだと思われる内容なのですが、これまで
1st = real possibillity;If present simple & will + base verb
2nd = impossible situations;If past simple & would +base verb
3rd = past event or stuationa which didn't happen in the past
;If would + past perfect & would+ perfect
Zelo =general / or always true; If / When /Unless + present simple or imparative
と覚えてきたのが、このUnitではこうした区分ではなく、表現する状況にそって書かれているので、なんだかこれまでの知識とごちゃごちゃになって、とってもわかりにく~いです{/まいった/}

というところでAyaさんがNY(我が家では「ちょっとセブに行ってくる=オンラインレッスンを受ける」「New Yorkに行ってくる=お風呂に行ってくる」)から帰還したので、とりあえずこの辺で(^^;)

by Hannah

【2012/07/29 21:09】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
今日はお昼過ぎから出かけて、帰ってきたのが7時ちょっと前でした。
レッスンまで1時間を切っており、大慌てでシャワーを浴びて、予習の残りを完成{/汗/}

今日の所は“Giving reasons”でas, because (of), for, withの使い分け…

あまり難しいところではなかったのですが、いつもbecause (of)ばかり使っているのでsince, asとのセンスの違いがちょっと慣れず{/まいった/}

先生によると、
because - defensive ; justifications
since - matter of factly
as - like comparing ; quoting

なのだそうです。
あと、becauseだけでnoun or noun phreaseの前に使うことがないというのが、今日のポイント?

う~ん、難しいかも?
最初のExercise、早とちりしていて順番を間違えてしまいましたが、何とか口頭で解答するときに修正して答えました{/汗/}{/汗/}
ドタバタではありますが、この所、正解率が8割程度で安定しています。このテキストにやっと慣れてきた感じ?で終わりか?{/嬉しい/}

あと先生から、東京オフィスにいらっしゃる担当の方から、テキストをチェックしておくように求められたので…といいつつ「あなたがやりたいのはこれ?」と先生が取り出したのが、DUO{/目/}←色々難癖をつけつつ結構使っている方が多いので自分でも気になっていて、参考までに入れたはずなのですが…私自身テキストを東京経由で送ったのがかな~り前ということもあり、送った本人自体、記憶が定かでなく「どれをおくったかしら??」状態{/汗/}{/汗/}
受講生が増えているなかで一人一人の希望を聞くって大変思いますし、私自身東京オフィスに教材を送った(それもあたふたしていて添え状を入れるのさえ忘れたまま{/!!/})のはたしかバレンタイン前後だったので、かな~り前です。
そんなこんなで若干の行き違いはあったとは言え、ご担当者の方、ご多忙にもかかわらず先日のコンタクトについて、きちんと伝言をフォローして現地とやりとりして下さっているのを嬉しく思いました{/ピカピカ/}
たしか次のメインはOxford Word Skillsだったような~と言ったら、先生も「たしかそう覚えているけど、オフィスに確認しておくわね!」と。
毎回平おきのスキャナーでスキャンするのは面倒⇒GENGENさんがブログ紹介くださっている方法(ページ中程の記事⇒GENGENさん、ご挨拶まえにごめんなさいm(_ _)m)で電子書籍化して送れば間違いないとおもったり、個人的にも便利そうと思ったりする一方、そうすると本を断裁しなくてはならず…個人的にはちょこっとためらいます。
それに本ってタブレットよりも気軽に持ち歩けますし、お風呂でも読めたりしますし…

でも慌てて本棚から取り出したDUO…レッスンを終えて久しぶりにしみじみ見てみると、前よりもすごく簡単に思えるかんじ?。これもAdvanced Grammar in Useのお陰でしょうか?
単純暗記には余り魅力を見いだせない性格なのですが、これをテキストにphraseal verbやidiom(どちらも苦手!)を覚えるのも悪くないか?などと。
たぶん、へそ曲がりな私のことですから、他の方々とは違う仕方でしようとするでしょうが{/回転線/}{/嬉しい/}
いずれにしてもいろんなことをいっぺんにできない不器用な私にとって、Grammarの次はvocabularyかなぁ~などと…
まぁまだ先があるので先生と相談しながらゆっくり考えることにします{/OK/}

今日はAyaさんが遅く帰る予定&暑い中お出かけで疲れたこともあり、簡単ですがこのへんで...

by Hannah

【2012/07/26 21:49】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
昨日、久しぶりにAyaさんがアップしてくれたように、我が家の生活は4月以降、いささか忙しく流れております。
食卓での会話も
「日本におけるスピリチュアリティーの定義って?」とか「ロジスティック回帰分析って、結局、何?」とか…なにやら専門的な雰囲気に…
英語が苦手!というAyaさんですが大学院の試験を終えて「難しかった~triangulationなんて出てきて、なんのこっちゃ分からん!」と言われた私の方が、「え?triangulation?」と聞き返す始末。「つまり、Hannnaさんと私と、それっていう三つの点からみるみたいな…」と言われて、やっと意味がつかめました{/汗/}若いってすばらしい!って思います。いつの間にか、私の知らないことをどんどんと吸収している感じ{/ひらめき/}

日々結構クックパッド®のお世話になりつつ、色々つくっていますが、前のようにアップしている余裕がなく…写真を取り込んだついでにまとめてアップ{/晴れ/}

まずはAyaさんのご実家から届けて頂いたお野菜(真ん中のは長~いピーマン!)&お庭で収穫したトマト


NZで大好きになった思い出のパブローヴァ(ほぼ卵白メレンゲだけでつくるケーキ)作り方はこちら


最後、これまたベトナムで食べた懐かしい揚げ春巻き

一口サイズでいくらでも食べられてしまいます。作り方は
こちらを参考にさせて頂きましたm(_ _)m
その後、鳥ひきでもトライしてみましたが、それも美味しかったです{/嬉しい/}
この揚げ春巻き、通常のライスペーパーを4分の1に切って巻くのですが、先日仕事帰りのAyaさんと待ち合わせて伊勢佐木町に出かけたとき100円均一で有名なDA○○Oで、半分くらいの大きさのライスペーパーを見つけて、大喜びしました。中華街で買うよりもちょっと高くなりますけれど、1パック10枚で100円=使い切りしやすいので、今度はそれで試してみようと思っています。

というわけで、ちょっと駆け足になりましたけれども…

by Hannah

【2012/07/26 00:30】 | クッキング
|
このところGrammar Lesson @ Onlineでの勉強について書くことが多く、記録が滞っておりましてm(_ _)m

この間、定期的にレッスンをとっていたものの、次のステップに向けて、「自分が本当に何をしたいのか?」と煩悶した結果、先生に話を聞いて頂くことが多く、肝心のテキストに入らないまま終わったこと数知れず(^^;)
今日のレッスンでUnit80左ページの解説のほうをようやく終えたところです。
先生に話を聞いて頂いても、Ayaさんに話してもなかなからちがあかなかったのが、ブログでお知り合いになった(とはいえあったことのない)方々に色々と書き綴っているうちに何となく悩みの根本がみえてきて、ようやく自分の中ですっきり感じ!
悩みに限らず、私自身「?」と思ったことを、分からないままというか、自分の中の?と共存して生きるって苦手かもしれません。
で、みえてきた自分の現状は…
「料理は好きだけど、キッチンが大嫌いなコックさんのようなもの」です。
それがみえてきたならば!コックを止めずに生きてゆく方法として、キッチン以外の場での調理に切り替えるか?、お弁当屋さんでも始めるか?という解決方法がクリアーになってきた次第。
実は上のphraseはAyaさんと話している中で、ふっと口をついて出てきたものなのですが、「すっごくわかりやい!」とほめられ、自分でも納得⇒すると不思議なほど、眠れるようになったのでした。

とまぁ余談はこのくらいにして…
(Advanced)Grammar in Useのキーワードでこのブログにいらして下さる方も少なくないので、今日は現在のテキストの使い方をちょっと写真にて公開

前に細かく書いていますので、写真での紹介になりますが基本的にGrammar in Useの時と殆ど変わっていません。

左ページを予習しながら大事そうな所に黄色マーカー、その中でも特に大事と思ったところを抽出してピンクマーカーで線引きして、その後、消せる青のボールペン(PilotのFrixion⇒お仲間のブログで拝見したら、これって後ろのゴムで消すだけでなく、熱でも消せるそうです。個人的に消してまでするか?と聞かれたらNO!と断言できますが{/嬉しい/})で解答を記入し、レッスンでは左ページをすべて音読して、分からないところを質問したり、先生から解説して頂いたポイントを消せる赤のボールペンで遠慮無くテキストに書き込み…


その後、右ページのExercisesに移って、間違えたところや他の解答もあり得るところについて、同じく消せる赤のボールペンで書き込みをしていっています(いささかお見苦しい写真で恐縮ですが{/汗/}{/汗/})。


たとえば…
写真の79.1ですが、
1.She fell over when / as she kicked the ball.
(別の解答もありえてそれに気づかなかったケース)
2.When / (As ) I speak Spanish, I talk slowly to help people under stand me.
(後半の答え=文法的には間違いとは言えないが、殆ど使われない不自然な用法)
9.The humeditiy started to incerase while as the day wore on.
(完全な間違い⇒asはdevelopmentを示唆するので!)
という感じ。この↑先生からの指摘も行間に書き込んでいます。
テキストは汚くなりますが(特にAdvanced Grammar in Useは解答の余白すら少ないですから…)どこで間違えたか?ということを明らかにしておく方が、後々わかりやすいかな?と。

というわけで、今日の目標はUnit80を終えることでしたが、目標には至らず左ページの解説の音読と先生による理解の確認で終わりました。

明日はちょっと出かける予定があるので疲れないか&予習が間に合うか心配ですが、一応の目標はUnit81終わりまで。
まだまだ先と思いますが、そろそろ次のテキストを考えておくべく、東京オフィスのほうにお問い合わせしました(担当者さまご不在で、後ほど改めてとのこと)。文句を言いつつとりくんてきたこのテキストもあと20Unit…やっと先が見えてきた観があります。

by Hannah

【2012/07/25 23:58】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
ご無沙汰しております、Ayaです♫

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?
久しぶりに近況報告をさせてもらいます(´▽`)

大学院生活が始まって早3ヶ月・・・。長かったような、あっという間なような。
もうすぐ夏休みです。もう、大学院生活の1/4が終わってしまう(´;ω;`)どうしよう・・・。
大学院生活は思っていた以上に楽しく有意義です!仕事との両立はまだまだ完璧ではないですし、課題を前日にやることも多々・・・。こんな時間の使い方ではいけない!とは思うものの・・・。
お休みの日は、ただただダラダラと過ごしてしまいます(~_~;)どうやったら時間を有効に使えるのか・・・寝ることが一番好きな私にとって結構過酷な日々です(笑)
宿直の業務をして、そのあとに院へ行くことも多々・・・。
「若いから大丈夫!」とはよくいったもの。でも、若くても無理な時は無理なんですよね(笑)

1ヶ月あたり、完全OFFの日は1~2日しかなくて、Hannahさんとのお出掛けも、友人とのお出掛けも以前と比べるとかな~り少なくなりました(´;ω;`){/汗/}友人に存在を忘れ去られてないか、不安だったりします(笑)

そんな日々ですが、この間久しぶりにOFFだったのでHannahさんと箱根に行ってきました{/複数ハート/}
いつもは車で行っていますが、今回は電車でゆるゆる~っと箱根へ。
途中で小田原駅でお買い物もしました(*´∀`*)素敵なお洋服がセールで大安売り!!思わず3着も買ってしまいました{/揺れるハート/}{/揺れるハート/}そしてなにより、人ごみが大の苦手な私たちにとって、小田原のゆったりと急がない、静かな空気が最高でした✩お店に結構長居したような記憶あり!
今までのお洋服のテイストは、結構スポーティでラフな感じが多かったのですが、大学院生になって、そして東京に行くことを考えるようになってからそれではいけない・・・!と思って、徐々にテイストを変えています。
一人でお買いものに行くと、今までと同じようにスポーティテイストになってしまいがちなので、保護者(Hannahさん)同伴でないと、正しい判断ができない・・・(笑)
Hannahさんにいろいろみてもらって、素敵なワンピースもGetしました。お洋服が変わると気分も変わりますね♫

お洋服のテイストが変わったことを一番に気づいたのが、職場の男性の上司達!男性も鋭いところがあるんですね。
知らない間に「彼氏が出来た」という噂が事業所内に流れていた~(~_~;)笑  


忙しいとは言え、毎日充実していて、ほんとにほんとに幸せです(*´∀`*)
たまに勉強がいやになって、「大学院なんて行かなきゃよかった・・・」と思うこともありますが(笑)
トータルしていろんなことを考えると、仕事も楽しく勉強の毎日ですし、大学院でもいろんな刺激をもらって楽しい毎日ですし、
「人生に後悔なし!!!」と胸を張って言える毎日に、本当に感謝です。

今の若者は夢がない、冒険をしない、とよく言われますが、みんなその勇気がなかったり、最初からダメだと思って諦めているだけなんですよね・・・。ほんとは誰だって野望は持っていると思うんです。それをうまく表現できなくて、「こんな世の中じゃダメ・・・」と「何かのせい」にしているだけなのでは?と思う毎日です。
究極の学歴ロンダリングをした(偏差値30くらいUPした・・・笑)私には、怖いものはありません!
(・・・あ、お化けは怖いです。笑)

後悔しない人生を歩んでいる途中!苦しいことも全て感謝できるようになったかな?と思います。

なんかもっと、野望を持った若者が増えてくれたらいいのにな~。。。


これからも、
Girls be Ambitious!!!!

{/ピカピカ/}日々前進、日々邁進{/ピカピカ/}
文章にまとまりがなくてすみません・・・m(__)m

By Aya

【2012/07/24 21:08】 | その他
|
RDさんがリンクしてくださったお陰か?アップの頻度が落ちているにもかかわらず、アクセスしてくださって有難うございますm(_ _)m
アクセス解析(ってぷららにデフォルトでついている簡単なものですけど)をみるとオンラインで Grammarをする理由が好評だったようで…昨日からAyaさんが宿直勤務+予約の都合上週末レッスンなし=ちょっと暇をもてあまし気味ということもあり、前から書かなくては…と思っていたAdvanced Grammar in Useをオンラインで進める方法について書きます。まぁそれほどEnglish Grammar in Useのときと変わってはいないのですが(^^;)

ちなみに前記事でも少し触れていますが、Grammar in Use⇒Advanced Grammar in UseをテキストにiTalkでオンラインレッスンを初めて現在1年弱(来年の9月初めで1年)。

私の場合は最初からAdvanced Grammar in Useをするのが目的でした。他校でDMEしていたときに、Grammarが弱点ということでそのときメインでお願いしていた先生から特別にGrammarのレッスンもして頂いていたのですが、オンラインでテキストを見つけるのが面倒だったこと、そして先生からAdvanced Grammar in Useが良いと進められて購入したものの、一人ではとても続けられそうにないと思ったことなどがあり…メインだった先生のレッスンも不定期になってきたので、テキストにGrammar in UseがあげられていたiTalkに無理をお願いして入会させて頂いたのが昨年9月です(その後、DMEも併行して続けていたのですが2011年11月Stage10の半ばくらいで休会)。

Grammar in Useの145Unitを大体2ヶ月で終え、その後で当初目的のAdvanced Grammar in Useに入ったのですけれど、最初の頃はかなり難しく感じられ1Unit終えるのに4コマ程度かかっていました。Grammar in Useは前に書いたように要点をサマリーして解答をチェックして頂いていて、毎日75分(=3コマ)定額コースで通常1日3-4Unit、最大記録で5-6Unit進んだこともありましたので、ホント軌道にのるまで常に投げ出したい気持ちでした。
なんで投げ出せなかったか?というと、なんと!メイン先生がご自分の予習用にと自費でテキストを購入してくださたということにて…他の物に目移りしたり、浮気心や逃避的になっても、彼の地でのテキストのお値段を考えると「やっぱりこのテキスト難しいし面倒なので止めます」って言えなくなってしまった訳です(意外に小心者でしょ?笑)。

で、本題
☆Advanced Grammar in Useの進め方☆

1.予習
力のある方ならば必要ないのかもしれませんが、私の場合このテキストになってから、知らない単語も増え、Englosh Grammar in Useの時以上に予習の必要性を感じるようになりました。大体1Unitに対して1時間程度かけて、左ページの大切なところにマーカーをひきながら読み込んで(分からない単語は調べながら)、その後、左ページのマーカー部分を参照しつつ、右ページのExercisesに取り組んで解答を書き込んでいます。解答はEnglosh Grammar in Useの時と同じブルーの消せるボールペンで書いてきました(色がわかりやすい&消せるという点が気楽なのです)。が、最近、他の色で書けば、消える下敷きでみえなく出来たのに~と気づきました。これから始められる方はご一考ください。Advanced Grammar in Useは左ページの解説が細かくて、マーカーをひく範囲が多くなりがちで、個人的にまずいなぁ~と思いつつ(絞り込みができていない=きちんとこなれた知識になっていない証拠!と思うので)。
i
Talkでは月々定額コースの毎日75分で初めて3月~7月までチケット制に移行し、チケットでの予約回数制限を機に、月々定額75分コースに舞い戻って(まだチケットの残もありますが、それは週末集中用に使っています)大体毎日3コマですので、最低1Unitは予習しておかないといけません。それが出来なかったときは、フリートークでしのいだりもしますが、それは基本的に避けたいところ!というわけで、たいていレッスンの前に1時間は予習して、解答欄が少ないAdvanced Grammar in Useの余白めいっぱいをつかい、自分の解答を書き込んでレッスンに備えます。なお分からないところや疑問におもったところには大きく消せるブルーのボールペン{/!?/}などと書いておきます(消せるボールペン=疑問が解消したら消せるのでとっても便利!)

2.オンラインレッスン

①最初にウオーミングアップ的なフリートークがあるのですが、ここで前のUnitで学んだ表現、今日のUnitで予習した内容などを意識して取り入れながらさくっと5-15分程度メイン先生と話します。「今日、何した?」的な話にはうんざりだったので、それを伝えたら先生から質問されることが少なくなりました(基本、おうち生活中心なので、それほど変化がない生活ですし)。その代わりに自分でテーマを見つけて話したり…同じ先生からレッスンを受け続けているお陰で、お互いの体調とか微妙な変化とか分かるので、最近はごく自然に会話しています。ただし!上に書いたようなUnitの内容を取り入れることは意識的にしています⇒これって、文法知識を知識で終わらせないためにとても役立つ方法かと。

②大体一段落したところで、先生から「今日は何する?」とか「今日は予習できている?」聞いて下さるので(聞かれないときは自分で、そろっと「始めましょうか?」と持ちかけるときもありますが、かなりレアケースです)、どこまで予習してあるかを最初に伝えます。

③基本的にメインの先生は左の解説ページを全部音読することを求められるので(最初これ嫌でしたけど、今はしてよかったと思います)、内容をSectionにそってに読みます。ところどころ難しくわかりにくいところについて、先生は文章を作らせたり、質問をしたり、要約を求めたり…つまりどれくらい理解ができているか?深まっているか?を確認して、更に身につくように工夫してくださいます。またこちらが理解し切れていないところや、とりわけ難しかったり、レアな表現については先生から解説してくださることもあります。
メイン先生はすべての解答をチャットボックスに素早く書き込んで下さるので、それを参照しながら、間違えたところはすべてこれまた消せる赤のボールペンでテキストに書き込んでいます。
こうしてSectionごとに音読をすすめて最短5分程度、長くて30分分程度で左ページを終えます。Advancedに限らず、English Grammar in Useは例文の表現で内容を理解させるという構成になっていますし、それを読むことで言語的な表現につながるので、きちんと音読することを飛ばしてはいけなかったなぁ~と最近ようやく思うようになりました。
この部分のオンラインレッスンは文法だけではない、会話だけでもない、文法に基づいた会話表現?という意味あいのある時間だと思います。

④③が終わったら、右ページのExercisesにうって、先生が問題(例題があるときには例題も含め)を読んでくださるので、私が予習しておいた回答を口頭で読み、先生にチェックして頂きます。スムースにゆくときもあれば、行かないときもあり、でも行かないときは行かないなりに、先生が更に私に合わせてわかりやすく解説してくださったり(このところで先生に指摘して頂いたところや、質問して解説して頂いたところ=ポイント)なども遠慮無く消せる赤いボールペンで書き込みをしています。
…これってオンラインならではのメリットでは?このテキストってESLで広く使われていますが、教室だと答え合わせで終わってしまうでしょうし、書き換えた表現を口でいう機会も少ないでしょうし…
と、だいだいこんな感じで1日1Unitを終える感じです。たまに楽~なところだと2Unit進むときもありますが、たいていはスムースに進んで1日1Unitです。それ以上進んでも消化不良になるでしょうから、このくらいが良いペースかな?と思います。

さらに理想を言えば…
3.その日進んだところを復習して、辞書を引いた単語を覚えたり、理解不足をおぎなえるとベストだと思います。が!いくらおうち生活中心とは言え、他にすることもあるので私にとっては予習1時間+75分レッスンでいっぱいいっぱいの現状です。まぁ通勤時間などがあれば、かえってテキストを読み返したりできるのかな?などと思ってみたりもするのですが(^^;)

まるさんがDRさんのブログで私を最初のAdvanced Grammar in Use制覇者にノミネートしてくださいました。
実はこのところ、ちょっと悩みが多くて先生に相談するだけで終わってしまってまだUnit76が終わっただけなのですが、こうした皆様方との出会いと応援をいただいているからこそ、続いてきたのだと思って本当に嬉しく感謝しておりますm(_ _)m

☆RDさんのブログリンクさせて頂くことになりました☆
Advanced Grammar in Useのご縁で、お仕事と英語と両方がんばっていらっしゃる理系研究職⇒尊敬{/揺れるハート/}のお仲間です。私は理系音痴ですが、背景がちょこっとにていたり、イギリスにいらっしゃる予定もあり…これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

by Hannah
AUTHOR: RD
EMAIL:
URL: http://blog.livedoor.jp/rd_invincibility/
IP: 114.158.20.89
DATE: 07/23/2012 22:32:27
Hannahさん、
Advanced Grammar in Useにはホント惚れ込みました。論文を書く人間にはMUSTですね。知らなかったことが続出していますが、Hannahさん方式でやるとしっかりマスターできそうです。

あ、私はただのオバサンです(汗)。理系にとっては文系の方が眩しく、特に語学に関しては生涯追いつくことがないでしょう。

Hannahさんという強力な同志を得たからには私も文法頑張りたいと思います。
こちらこそ、どうそ宜しくお願いします。


追記を閉じる▲

【2012/07/22 11:36】 | English Study
|
前にも所々で書いてきたように思いますが、私がなぜ今更オンラインでGrammar in Useに取り組もうとしたか?についてまとめてみようと思います。

何事でも「目標」や「目的」があって⇒それを達成するための「方略(Strategy)」があるということは言うまでも無く…(これを忘れると、オンラインレッスン自体が自己目的化してしまいますし…)いわゆるPCDサイクルってオンラインレッスン受講でも忘れてはいけない視点かな?などとも...

今、ちょっとしたブームといっても良いかもしれない?オンライン英会話スクールですが、この目標⇒方略という図式は、受講にあたって重要なことであり、それによって個々人のスクール選びや先生選びにも影響するポイントになるのではないかと思ったりします。

当然ながら私がオンラインスクールでGrammar in Useに取り組んできたことも、こうした目標に基づいた、1つのStrategyに過ぎません(だから他の目的には他の方略があってもよいかとも)。

で、なぜ今更、オンラインで文法を習うのか?ということなのですが…

これまで(というか普通)日本人は文法は得意で、会話が苦手と言われていますが、ここでいう文法というのは、「受験のための文法」に過ぎないのではないかと思ったりします。
まぁ私の場合は(通常の日本人と正反対に)会話はできても、文法は苦手というタイプだったこともあるのでしょうが(^^;)

とにかく中学~高校までの6年間、英語は常に最低ラインで先生のお情けで進級させて頂いたような次第ですから、ほぼ6年間、英語については何も学んでいなかった状態で卒業しました。
おかげで専門学校の受験すら滑って、1年間浪人する羽目になり、やっと苦手な英語に取り組んだ予備校時代=たまたまユニークで熱心な先生に出会えたこともあって、何とか合格できるだけの英語力はつけましたけれど、それでもやはり英語については苦手意識がありました。
その後、進んだ大学が英語をかなり使う大学だったことや、たまたま海外研修生に選ばれてしまったこともあって、大学時代に大慌てで英会話スクールに通ったりもし、なんとか人並み以上に?コミュニケーションできるかな?という感じになれたかと。

しか~し{/!/}歳月というものは悲しいもので、その後使わなかった英語は著しく後退{/右斜め下/}
住んでいる地域に外国人が少なくなく、さらにNon-Japaneseの友人もいて、海外渡航歴もそれなりにあり、オンラインレッスンでわざわざ会話をしなくても、日常で英語を使える機会はあるわけで、この辺は少し普通の日本人とは違ったタイプかもしれません。とはいえいかんせん、基礎を適当にしたまま、カンと度胸で会話してきたので、どこかで「それなりに通じてはいるけれども、なんとも心許ない感じ」はいつもぬぐい去れず{/汗/}{/汗/}{/汗/}

そんなこともあり、文法部分を強化したといわれているDMEに取り組んできたのですが、そこでも熱心に教えてくださった先生から「文法が弱点」との指摘{/バッド/}
自覚的にもリテンションでは答えられても、普通の場面で適切に答えられる自信がもてないままStage10位まできて「このまま進んでゆくことが、果たして合理的か?」という疑問など(まぁその他の疑問もあったわけですが、それは過去記事で…)が次第に強くなってきて、Grammarに集中的に取り組めるスクールを探して、たまたまそのとき先生から進められていたGrammar in UseをテキストにあげていたiTalkに出会い、今日まで11ヶ月ずっとオンラインでGrammar in UseとAdvanced Grammar in Useに取り組んできました。

それもこの8月で1周年…
振り返ってみて思うのは、この学習が一番私にとっては役に立ったという感じ。

先日も「日本の生徒は会話は不得意でも、書くと凄くよくかけるのはなぜ?」とメインの先生から真顔で尋ねられたのですが、結局のところ受験英語というのは発信するための英語ではないので、どれだけ知識があったとしてもとっさに使いこなせる知識に落とし込めないのではないか?などと考えたりします。

いうならば、読むと分かるけれども日常的に使いこなせない=passive vocabularyと、分かって日常的に使いこなせる=active vocabularyがあるように、Grammatical knowledgeもpassiveとactiveがあるのではないか?とも。

私の場合は、そもそもknowledge自体がなかったので、いずれにせよどこかで学び直しをしなくてはならなかったと思いますが、このactive grammatical knowledgeを身につける上でオンラインレッスンによってGrammar in UseとAdvanced Grammar in Useをすることが、とても役に立つのではないかと思っています。日本語の文法書でも色々良い物があるとは思いますが、どうしても頭のどこかで日本語で考えることが、個人的には煩わしいですし、また会話の最中にそうした暇はないと思いますし、正しく話そうと思うと会話がとぎれてしまうでしょうし…

本当はテキストで終わったところについても復習をして身につければ、もっと良いのだろうと思いますが、予習でいっぱいいっぱいな私にはその余裕がないですし、また覚えるという作業も苦痛かつ苦手ですから、レッスンの最初のフリートークのところで、意識的にその日の前後=前回のレッスンで終えたUnitで出てきた表現や構文と、予習したUnitの表現や構文を使って会話するように心がけています。これは本来フリートークで満足してしまわないための自衛策だったのですが、凄く効率的・実践的な復習&予習方式では?と最近気がつきました。

会社などでTOEICスコアが求められてきている現在、私のやり方は少しレアかもしれませんが、Grammar in Useはスコアアップにもつながるというレビューが多いですし、Grammarができてくると前にも書いたかと思いますが、選択問題でも「これは文法的に絶対にありえない!」という除外は少なくとも出来るようになってくるかとおもいます(でも、正解の絞り込みまでには至っていない現状ではありますが)。

Advancedはそこまでいるかぁ?という項目もあり(実際、先生も日常的に使わないという表現も結構でてきます)、今なお面倒でかなり苦労していますが、表現の幅を広げるのには役立っているように思います。

Advancedまでやるかどうかについては、英語が話せるようになりたい!という時の「話せる」が、どのレベルでの「話せる」を目標にしているか?ということにもよるかと思いますが、私の場合は「その場に相応しい的確な表現で会話できるようになる」ことが目的ですので(オンラインを始める以前の段階でとりあえず、用件をこなすくらいは何とか出来ていたレベル=文法的には間違いが多々あり、時制すらぐちゃぐちゃで話していた感じにて、相手の忍耐&ご厚意で分かって頂いていたレベル)、まぁやってよかったと思っています。どこまで身についているか?心許ないとはいえ、Advancedに取り組むことで、Grammar in Useの復習もできますし…

そんなこんなで、幅広い的確な表現を使いこなせるようになるためGrammatical knowledgeを身につけ、それを流ちょうな会話として展開してゆくためにオンラインで文法をレッスンして頂いているわけなのです。

by Hannah
AUTHOR: masyaまま
EMAIL:
URL: http://unabrisasuave.blog69.fc2.com/
IP: 126.36.20.25
DATE: 08/29/2012 18:35:05
初めまして。
DMEを検索してこちらにたどりつきました。
ただの主婦です。


私も横浜市民です(^^)
とはいえ、嫁いでからですのでまだまだ新参者です。

こちらのブログ、とても密度が濃いので驚きました。まだまだ、拝見させて頂き始めですが、英語も含め横浜情報も参考にさせていただきたいと思います。



追記を閉じる▲

【2012/07/14 21:03】 | English Study
|
このところお疲れ気味の我が家…
Ayaさんともども、一昨日は箱根の日帰り温泉{/温泉/}に出かけリチャージしてきました。
途中、バーゲンに引っかかったりしながらですが、二人ともちょっと元気を取り戻せた感じです{/ピカピカ/}
温泉の力って凄いですね{/揺れるハート/}

今日は週末ということもあり、通常の3レッスンに加えて、急遽1コマキャンセルが出たのを予約して3レッスン+1レッスン=4レッスンを受講しました。

個人的にとても難しくて間違いだらけだったUnit71に比べ、このところは結構楽に感じました。
Unit72はAdjectives and adverbs: comparative and superlative forms
Unit23はComparative phrases and clauses
と比較級や最上級についての用法…

たとえばComparativesについて
Advanced Grammar in UseのUnit72では、どんな時にmore+adjectiveなるかということにてついてテキストでは次のように説明しています。

Some adjectives with two syllables are most commonly used with more/less, particularly participle adjectives (e.g. worried, boring); adjectives ending in -ful and -less (e.g. careful, careless)…
Most two-syllable adjectives ending -y, -ow, -er, and -ure can take ether an -er or the most + adjective forms, although the -er form is more frequently used

ある意味、細かいと言えば細かい説明ですが、こうした法則というか説明は日本語の文法書ではあまり触れられていない感じがするので(私が文法が嫌いなので、きちんと学ばなかったから?)、わかりやすいなぁ~と思いました。
いつも細かすぎてあまりお勧めではないなどと恨みがましく書いているAdvanced Grammar in Useですが、こういうところは英語のテキストならではのAdvantageかもしれません。

本当は全部の項目をきちんと覚えるとか身につける努力をすれば、パーフェクトかと思うのですけれど、そもそも勤勉な性格ではない+既に老化傾向が顕著な脳みそ=そんなことは出来るはずがない!と思っているので、もっぱら右ページのExercisesで問題を解きながら慣れてゆく方法をとっています。土台、英語で覚えられたとしても、忙しく会話しているときに、「これはこうだから、more+adjectiveだろう」などと考えている暇などないでしょうし…

あんなに嫌だと思っていたAdvanced Grammar in Useですが、4分の3位が終わったことになり、やっと先が見えてきました。何とか8月末までに終えたいところ...

全部が身についたとはとても言えないとはいえ、以前に比べて構文が良くなっていると先生から最近は言われますし、自分でも複雑な構文で話せるようになってきているかも?と思ったりもします。Advanced Grammar in UseのExercisesでは間違い探しや空所穴埋めだけではなく、自由に作文したり書き換える問題が多いからかもしれません。

テキストの終わりに近づいて、ようやくAdvanced Grammar in Useの目的は、文法知識の確認もさることながら、表現にvariationを持たせるというか、その場に相応しい的確な表現を身につけさせるということに目的があるのではないかと最近気がついた次第…

そうそう、昨日レッスン中に「ぎゃ{/波線/}{/!!/}」とか「あぁ{/波線/}{/!!/}」とか意味不明のさけび声が聞こえたのです。多少は気にしつつも、あまりたいしたことはないだろう…と思ってレッスン後、Ayaさんに「なんか声が聞こえたけれど?」と言ったら、なんと数ページにまとめた大学院のレジュメにその後のレジュメを上書きしてしまった{/衝撃/}らしい…二人して検索をかけたり、復活を試みたのですが上書きされたものしか見つからず、とうとう0時すぎまでかかってがんばって書き直したものを完成させて送信していました。そして今日は当直に…最近ブログを書いている暇などなさそうですが、かな~りがんばっています{/チョキ/}

記録はまた明日にでもまとめて…

by Hannah

【2012/07/14 20:58】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。