緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ!Hannahです。
と、元気そうに更新しておりますが、昨日に続いて今日も体調かなり悪いです{/バッド/}{/バッド/}吐き気+微熱+胃腸症状=ダウン…。緑豊かで閑静な丘の上の我が家=医療へのアクセス悪し。定期的にお世話になっている大学病院はおろか、こうなると近所のお医者さんすらゆく元気がありません。今までの経験上、なんとなく「お腹の風邪?」と思うのですが(←とりあえず、素人診断でも病名を付けて安心するタイプ{/NG/})、この調子で今週の大学病院通院できるの??という体調の悪さ(遠方のため体調が良くないと通院できず(;゚Д゚)!)
今日は宿直勤務お出かけ前のAyaさんに、美味しいおうどんつくって貰いました{/ラーメン/}。いつもですが、一人暮らしで病気って最悪ということは身にしみているので、あったかい美味しいおうどんに気持ちまで温まりながらいただきました{/揺れるハート/}。というわけで今現在も本日のレッスンをキャンセルするかどうかお悩み中{/波線/}です。

でもあまりベットで寝てばかりも精神衛生上よろしくないので、よれよれと起き上がり、PCにむかってネットで色々みていたら…
いつの間にか、オンラインスクールってものすごい増えてるんですね{/目/}{/目/}{/目/}
もちろんいつの間にか無くなったスクールもありますが…比較サイトなどを見ると、あっちでもこっちでも「格安」の文字が踊っており、当然のことながら大抵のスクールには「無料体験」がついてくるので、無料体験(レッスン?)だけ受け続けていても1年くらいタダでレッスンができるかも?という勢い(笑)。ブログのお仲間&お友達でも沢山うけていらして、根性なしの私など体験したスクールは多分片手に届くか届かないくらいで絶対に両手まで届かないですから、すごく無駄してる感じ(-_-;)。まぁ自分なりにあったスクールが見つかっていますし、それ以上に「自分がこのスクールに何を期待しているか?」ということをスクール側にきちんと伝えることが出来ていて、それをスクールがフォローして下さっているので、当面変わる必要性を感じておりませんけど、それでも「無料」体験記を拝見すると、ちょっと気持ちが傾いたりします。これじゃ、オンライン(スクールd)ジプシーが増えるのも無理はないかも?もちろん、スクールによってターゲットにしている層や受講生の層が違うだろうことは予測に難くなく、ひとつのスクールである程度伸びてきたら、ステップアップして他のところにシフトするのも良いだろうと思います。ただこれだけ情報が氾濫していると、どこが良いというところが見分けにくくなっているというか、あちこち試してみて「こっちがだめなら、こっちがあるさ」ということにもなりかねない状況については、若干憂慮しております。

私の場合、オンラインスクールに出会ったのはDMEからで、Eメソ→ベルで約1年修行してStage10のところまで進んでとりあえずDMEはお休み。理由としてはそのころからリテンションで答えられていることと自分の実力に乖離を感じ始めていたこと、そしてDMEでお世話になっていた先生の勧めで(Grammarの知識が足りないという指摘もあり)不定期でフリートークとしてGrammarのレッスンを受け始めて、さらに海外での議論(DMEは開発されてまもないので、主にCallanメソッドについてのESLの先生がたの討論板)を読んで、DME Advancedをすることが「自分にとって」効率的な方法かどうか?を考え始めたことです。
そこでGrammar in Useをテキストにして教えてもらえるオンラインスクールを探してiTalkにた着き、昨年9月ごろから初めて2ヶ月弱でGrammar in Useを終え、その後本来の目的であったAdvanced Grammar in Useに入りました。が…最初は使いにくい+難しいで難行苦行!さらに家庭の事情などが重なって月謝を払いつつ2ヶ月は殆どお休み、やっとUnit22が終わったところでようやく慣れてきた感じです。今月から予約が取りやすいチケット制に移行しました。20,000円(77回)を購入しましたが、目下の進み具合だと毎月1万円程度でしょうか??
そのほか、中国語にチャレンジしたり(これは現在お休み中です)Buddy Schoolで先生探しをして試したりしたものの、今現在継続しているのはiTalkとOxford先生のレッスン(先払いで2000円/30min)のみです。中国語は時間があれば再開したいのですが…

前にもかいた記憶がありますが、結局万能なオンラインスクールも先生もいるわけがないわけで(これは日本に普通に教えている学校の先生だってそうだと思います)、相性もありましょうし、なによりも、自分がその先生になにを求めて、それをどれだけフォローしていただけるか?というそのことに尽きるのではないでしょうか?

ネイティブの英語とて、アメリカだけでも西海岸と東海岸では違いますし、当然USA英語とUK英語とは違いますし(ただし東海岸の英語はかなりUKに近いものが多いとOxford先生)、ましてグローバルな言語としての英語になってくれば、お国訛りは当たり前のことですから、何が良い悪いではなく、自分にとって何が適切で何が適切ではないか?ということを見極める目が結局のところ求められてくるのだと思います。これだけスクールが増えると…

私の場合ですが、いまのところGrammarとかフリートークはフィリピンベースの先生で(できるだけ毎日→理想!)進め、Oxford先生には発音中心でたまにレッスンを受けさせていただいています。

とはいえDMEに意味がないというつもりは全くありません。というか、最近、ちょっとDMEを見直した出来事に出会いました。

前に2.5人シェアをしていた時ですが、たまたまAyaさんのお友達がオーストラリアに半月ほど短期留学していたことがあったので、レッスン中先生に紹介したのです。
結果…オーストラリアに半月ホームステイで滞在していたお友達よりも、全く留学経験がなくDMEも正味半年くらいの受講(現在Stage4)であるAyaさんのほうが抜群に聞き取れていました。改めてDMEってすごいかも?と思った次第…

Ayaさんは現在ちょっとお休み中ですけれど、たしかにDMEをはじめてまもなく一緒にシンガポール行ったときも80%以上は聞き取れていました(その前にいったときは殆ど何を言われているかわからなかった様子)。瞬間的に早いスピードの文章を聴き理解する訓練としてDMEを捉えれば、非常に効果的な方法ということに私自身異論はありません。色々とリサーチして現役の先生方の意見も伺ってみた総合的な見解(あくまでも一個人として!)としては、初心者にとってDMEは非常に効果的かつ効率的な学習方法といってもよいかと思います。ただし、日本人英語学習者の大多数であろう中級者にとって良いか?ということには、個人的に疑問がありますが(この点については上に挙げた議論のなかでも、同様な意見がありました)。

そこで私なりに考えた学習プランを提示すると
英会話初心者〜中級者については
まずはDMEでStage9まで(あるいはせめてStage8まで)、なんとか終える。
Stage5以降は、通常のレッスンだけではなくフリートークもまぜて、自分の意見を自分で表現する力がどれだけついているかを時々確認する。
Stage9以降について、どこまで進むか?は個々人の好みや判断があってよいと思います。基本的な事項はStage9までで全て出てきますし…その後は表現の幅を広げる感じの補遺的事項になりますし…
その後は、自分のスタイルに合わせたレッスンを選んでフリートークなどでDMEで学んだことを定着させてゆけばよいと思いますが、日本人が得意だと言われるGrammarをオンラインで進めることはお薦めです。
知っていて日常会話のなかで自分のものとして使えるvocabulary(active)と、知っていて読めたり分かったりするけれども自分のものとしては使いこなせていないvocabulary(passive)があるように、文法事項でも知っていても果たして自分が使いこなせるかどうか?という点が重要だと思えているからです。
そうそう、今日色々なサイトを拝見していて面白いものを見つけました。
lingQを主宰している方のブログですが、この下の方にYoutubeの動画があり、語学学習について非常に有益な意見が載っています。ブログでは1つの動画が取り上げられていますけれど、見終わると他の動画も関連で出てきますので、色々見てみられてもよいのではないでしょうか?

色々私見を述べさせていただきましたが、あちこちドクターショッピングのようにスクールを変わることはあまり良くないような気がします。始めたらまずは3ヶ月くらいは試してみてもよいのでは?などと思います。そのためにも、どこのスクールで何をどこまで求めるか?ということを明確にしてスクール選びをして、うまくスクールや先生とお付き合いしてゆくという姿勢が重要なのだと思います。

というところで、今日は力尽きましたのでこのへんで…

by Hannah
AUTHOR: GENGEN
EMAIL: hamana124@yahoo.co.jp
URL: http://blogs.yahoo.co.jp/genmak2
IP: 123.227.132.10
DATE: 04/17/2012 06:14:23
こんにちは、お久しぶりです。先般より体調を崩し、毎日75分の受講を遂行していた私も・・英語レッスンをお休みする事が多くなりました。7月まで仕事が忙しくそれこそ勉強する時間も医者に行く時間もない状況ですが、TOEIC700超えを目指し進める所存です。では。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/03/27 18:35】 | English Study
|
昨日、Ayaさんと「明日あたり3万アクセスいきそう{/揺れるハート/}」「1万アクセス超えのとき、ドキドキしてみていたのが、つい最近みたいなのに信じられないね」なんて話していたにもかかわらず、迂闊にもその瞬間を見逃してしまいました{/汗/}

最近、更新が滞り勝ちにも関わらず、多くの方が遊びにいらしてくださっていることをありがたく、また更新が滞っているので申し訳ない気持ちでおります。このカウンターは同じアドレスから何回同日にいらしていただいても1カウントという純アクセス人数に近い設定ですので、延べ人数にして30,100人以上の方が遊びにいらして下さったということにて…ほんと奇跡のように思われております。

iTalkのレッスンのほうについては、最近ようやく復活ぎみ=このへんをまとめて書こうとおもっていると、たまりにたまっているレッスン記録を整理しなくてはならず=ついつい億劫になってしまっております。ゴメンナサイ{/汗/}

その関係でご報告が遅れてしまいましたが、今月初めから月謝(定額制毎日75分)コースを休会して、チケットコースオンリーにかわりました。

主な原因は何度か書いておりますが最近、受講生が増えて??あるいは熱心に皆様勉強していらして??メイン③先生での予約がとにかく取りにくくなってしまったことです。月謝制だとリーズナブルなのですが、Advanced Grammar in Useについては私自身、メイン③先生以外、難しいかな〜(あくまでも個人的感想です!)と思っていて、このブログでかなりぼやき、そしてCebuとTokyoのオフィスにそれぞれ、状況を説明して相談して、結局このスタイルに変えてみることにしました。実際、予約合戦が熾烈だとそれだけでつかれてしまって、反射的に予約ボタンをおして予約したものの、実際は時間を忘れることも多々あり…ホント、オフィス担当者様はもちろん、メイン③先生にもご迷惑をおかけしてしまいました。月謝制→チケット制だと当然レッスン単価は上がります。月謝制で毎日75分コースだと13,000円(アドバンスドブッキングができるホームティーチャー制を選択)ですから、これを単純に90コマで割ると=1コマ(レッスン単価)144円、チケット制で77回コースを選択すると20,000円なので、20,000÷77=1コマ(レッスン単価)260円と大体1コマあたり120円のアップ{/まいった/}なんとなくE-MethodからBellに誘導されたときの悪夢を思い出したのですけれど、担当者さんとのやり取りで少しずつ、チケットでもよいかな〜と思えてきましたので…(このへんのやり取り、いつか書こうと思っているのですが、いかんせん担当者さまが1年でおそらく最も忙しい時期を迎えていると思われ、勝手にやりとりを掲載するのも申し訳ないので、また後日、了解がえられましたら…)

受講費の増大{/NG/}を心配していたのですが、実際に3週間受講してみて、思ったよりも受講料は増大しませんでした。毎日75分だとどうしてもやらなくては!!と無駄に予約してしまっていたのも無くなりましたし、まぁ無理ならば無理でも良いかな?と(実際、今日はどうも朝から吐き気がしていて、体が怠く、先ほどレッスン予約をキャンセルしたところ)このところはマイペースです。まだ1ヶ月たっていないのですが、現在のペースだと毎月1万円程度で済みそうな感じ?月謝制のときと違って、先々まで予約することができ、自分のスケジュールをのすり合わせも格段に楽になりました。このストレスから開放されたことが一番大きいかも?

よれよれながらこのところの復調にともない、あれだけ嫌だったAdvanced Grammar in UseのほうもUnit22が終了!全体の5分の1強というか、4分の1弱というかを終えることができました。Advanced Grammar in Useは難しい単語もでてきますし、判断に迷うTrickyなExerciseも少なくなく、加えて書き込み式の解答欄が非常に狭くて使いにくいのですが、それでもここまでやってくると、何となく親しみも出てきて前よりは難しく感じなくなってきています。前は本当に嫌で終えられるかどうか?というかこのまま進めるかどうか?迷ったり悩んだりしたりしていたのですが、最近は何はともあれ最後まで終えよう!という欲が出てきました。もちろんGrammar in Useの進度と比べると、本当に蝸牛の歩みですけれど、まぁ少しずつでも、間違いながらでも前に進んでいる感じです。

そのほかVocabularyのテキストにも取り組み始めました。これは今のところスキャナで取り込んで先生に送ったものをしていますが、Advanced Grammarに比べると易しいので(IntermediateとAdvancedの2冊を購入して、現在intermediateですし)、Advanced Grammarに行きづまった時&予習が間に合わなかった時の逃げ道というか…個人的にはどこまで自分が成長できているかわからないフリートークよりも、とりあえず成長が確認できるテキストベースのレッスンが私には合っていると思っています。

でも不思議なことに、Advanced Grammarに取り組んでくるなかで、何となく知識が身についてきたのか?(私の場合、私の性格&先生の勧めもあり、ポイントを暗記するということはせず、むしろExercisesに取り組むなかで、それに慣れて親しんでゆくという方針ですから一切、暗記などをしていないにもかかわらず)言い回しの幅も広がり、Sentence Structureが正確になってきているように思います。少なくとも今日何をしたか?といった短文で時制を間違えることは殆どなくなりました。複文になると…まだまだ怪しい感じではありますけど{/汗/}{/汗/}日本人英語学習者は文法に強いと言われますが、私の場合はその正反対ですし、また文法が分かっていることと、それを使いこなせるということ、の間にはものすごいギャップがあるように思われています。
現在のメイン③先生も習うより慣れよ!という方針で忍耐強く教えてくださっていますが、最近ではちょこっと「あれ?こんな言い方できてる?」ってフリートークで思うことも増えてきたような??気がします。

あと、最近メイン③先生から洋書を読むようにとすすめられることが多くなり、最近取り組み始めました。こちらも辞書なしで手探りですが…あとAudibleも始めました(^^♪

レッスン再開とはいえ…やはり二人とも海外でリフレッシュできなかったツケがまわっているらしく、どうも疲れが抜けきれない感じ。母の葬儀→受験→暫定的シェア人数増加→暫定増解消…なんだか、この流れがよろしくなかったようで{/バッド/}やはり1年に1度くらいは二人とも海外でリフレッシュしないと…ですね…。

いろいろまだ書きたいことがあるのですが、とにかく体調がよろしくないので今日はこのへんで…(また後日、体調が良い日に別記事でアップしますね)

そうそうmokuさんのブログをリンクに追加させていただきました。私同様、Grammar in Useに取り組んでいらっしゃる&Dog Loverのお仲間です{/複数ハート/}
我が家の愛犬2匹は本日、Ayaさんのお給料にて久々の美容院に行かせてもらって帰ってきて、ぐったりお昼寝中{/ZZZ/}なのですが(笑)

最後になりましたが、こんな長文の読みにくいブログにお遊びにいらしてくださっている皆様へ、感謝をこめて…生きること&学ぶこと=それだけで十分に大変ですけれど、皆様との出会いに感謝しております。今後ともよろしくお願い申し上げます&これからもご一緒に頑張ってゆきましょう!m(..)m

By Hannah





【2012/03/26 18:42】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
またまたご無沙汰してしまいました{/汗/}
このところアップの頻度が落ちていて、本当に申し訳ございません。
(↑って最近いつもじゃないか{/むかっ/}と自己嫌悪{/バッド/})

最近の我が家…嵐がすぎた後のような脱力感で二人ともてろてろとしております。
Ayaさんは年度末でパートさんが足りず、いつになく宿直が多く入っており、それでも遊びは諦めたくない私たちのこと、今月上旬にはご近所さんのお誘いで伊豆の別荘に二人して一泊お邪魔して、温泉&ほぼ満開の河津桜を楽しませていただきましたし…で、そのつけが回ってきていて(笑)今頃、ドタバタしているわけです{/まいった/}

河津桜本当に綺麗でした。例年ならば2月中〜下旬が見頃なのに、今年は今…我が家の梅も日当たりの良い敷地角がやっと満開になっていることから、今年がどれほど寒かったか?って思います。
沢山写真をとってきて、そのなかで良いのをデスクトップに貼り付けてあり、Skypeでお土産〜♥って送るととても喜ばれます。
とりあえず手元にあったものですが↓こんな感じでした{/揺れるハート/}(あとで差し替えるかも?)

あと化粧品メーカー(最近は語学部門も有名かも?)が運営する「赤沢温泉日帰り館」にも途中で立ち寄り、こちらも大満足{/ピカピカ/}なにせ、タオルなどはもちろん、自社製品が洗い場でもパウダールームでも自由に試せるというのも嬉しい限り{/複数ハート/}ご案内くださったご近所さんによると、男性の方の品揃えは少し少ないようです(まぁ当たり前といえば当たり前?)。

本来、2月末に出かけるハズだったのクアラルンプール…昨今の我が家の経済状況&Ayaさんの入学手続き期間とバッチリかさなった=キャンセル!ということで、昨年12月我が家の不祝儀→お受験一色=何となく疲れがリフレッシュしきれていない…ということも問題だとは思うのですが、前記事に書いたとおり、その後の暫定的3人シェア…正直、疲れまくりました。改めて思ったのですが、時には喧嘩したり、一緒に泣いたり、楽しんだり、笑ったり…というなかで作られてきた我が家的過ごし方というのがかなりこの1年で堅固にできていて、さらにAyaさんのシフト中心でお休みなども適当にとっていた我が家に安易に新たな要素を招き入れてしまった自分の読みの甘さを嫌というほど味わい、悔いました。何があってもご飯はできるだけ一緒に食べる!という基本方針に従った結果…Ayaさんが宿直明けで二人して朝寝していたい時でも、新しいシェアメイトは定時勤務だから決まった時間に起きなくてはならない、色々な決まり事というか、すでに我が家で当然になっていることを最初から&折々いちいち説明しなくてはいけない、二人だったらお互いに空気が読めて、「あ〜今、機嫌悪そう〜そっとしておこう」な〜んて思うときも、新しく来た人に気を遣わなくてはならない…私がブチ切れまくったことはいうまでもないことですが、間にはいったAyaさんに一番苦労をかけてしまったと思います。ブチ切れるって自分でもすごく後味がわるくて、いつも思っていたのですが、改めてAyaさん…ゴメンナサイ{/悲しい/}{/汗/}

3人って数が難しいということは前々から話し合っていて、それだからこそ近所に…という形になったのですけれども、結論的に言ってしまえば、今回のシェアお試し期間=「我々の実験は失敗に終わったといわざるを得ない」という結果です、残念ながら{/失恋/}2.5人シェアもなかなか今の状況だと無理かな?という感じ…色々な問題が発生して、急遽話し合いの必要性が出たり、この間のレッスンはドタキャンすることが多く、ついに(いつも穏やかでふんわりとしたエレガントさをもつ)メイン③先生からも「貴方がスケジュールを自分でマネージメントできないのなら、私はどうやってマネージメントするの?!」といささかお叱りモードで言われてしまいました。実際、今のレッスンはほぼ100%メイン③先生で、1日取れるときは3レッスン予約していて、それでドタキャン、ひどいときは連絡なし欠席続き…基本、マイペースな私ですが、とはいえ自分で自分のスケジュールをマネージメントできないというのは相当なストレスでしたし、ずいぶんとレッスン料も無駄にしました。これもブチ切れのひとつの原因になっていたと思われます。結局話し合って、新築物件入居までの1週間ほどは、もとの住まいに戻っていただくことにしました。まぁあちらはあちらで、それまでのシェアメイトもいるわけで、我が家でのんびり過ごしていて、引越し=さようならというのもどうかと思いましたし…その方はもちろんAyaさんにも大変申し訳なかったのですけど。まぁ皆で相談して出した結論でしたし…

今回、改めて思ったのですが、バス・トイレ・キッチンだけ共有、あとは自分の部屋で勝手に暮らすというゲストハウスのようなシェアスタイルならばともかく、外国のホームスティのように「家族の一員として暮らす」ためには、何よりも「空気を繊細に読んで動けるセンス」のようなものが必要だと思います。その点、私はすごく恵まれていたんですね…これまで。Ayaさんも私も、どちらかというと外見に見合わず?繊細で感受性が強すぎるくらいのタイプですし…

シェアリビングって誰しもが簡単に出来ることじゃないなぁ〜とAyaさんに感謝しつつ改めて思いました。話しても話しても感じ取れない人には感じ取れないで、むしろ「煩い!」って感じになるでしょうし…
よく外国でホームスティする日本人学生(アジア人も?)がおかしがちなミスとして、「お金を払っているのだから、やってもらって、自分は好きに暮らして当たり前」という態度があげられます。もちろん世界的に不況な現在、お金のためにホームスティをしているホストが一定程度いることは否定しませんが、大多数か少なくとも過半数は、「部屋が空いているし、違った体験ができるかもしれないし、楽しい生活にしよう!一緒に色々な体験をしよう!」って思っている善意のホストだと思います。そこを「安い宿泊施設」と思うとそれは違うというか…そういう実例をNZで沢山みてきました。善意の人だからこそ、学生が連絡なしに遅くなったら心配するし、多くの場合は車などを出していそうなところを探すし…でも本人はどれほどそれが迷惑をかけているか自覚がない感じ。あと、英語ができないでスティしていて、昼間は語学学校などにいっているから宿題もあるし、また英語はもう喋りたくないという気持ちになるのも無理はないのですが、帰ってきて自分の部屋に引きこもっちゃって、家族と交流しようとしないとか…実際に英語圏で暮らしてみれば「金輪際、これ以上英語を聴きたくも話したくもないし、考えたくもない!」(←と、思いつつそれすら英語で考えてる)という状態に私でもなります。大体、最初のピークが2ー3週間目位で、でもそこを耐えると本当にスコーンと耳のセンが抜けたみたいに聞き取れて楽になるんです、これまた不思議なことに!まぁ頭が完全に英語頭に切り替わるまでの臨界期のようなものだと思うのですが、何度か体験していると「あ〜また来た!」という感じで、「今、私英語でずっと過ごすので頭が疲れてるの」な〜んて(英語で)言って、なんとかやり過ごせるスキルが身についてきます。そして臨界期を過ぎた時の爽快感!も期待できるようになりますから、何事も経験です{/嬉しい/}

そういえば、元祖バイリンギャルといわれた山口美江さんが急逝されました。じつはご近所さんで同じくらいの年代(あえてぼかしております)で、同じようにシングル介護も経験してきて…タレント活動が忙しかったときはともかく、最近は立ち話しでお互いにシングル老後をどうする?な〜んて話していましたし、我が家同様2匹ワンコも飼っていたり…私が顔面神経麻痺にかかったときは心配して、良い鍼の先生がいるから…とその場で地図と紹介のメモをいただいて、周囲はもちろん大学病院の先生すらびっくりするくらいの速さで全く入院治療もしない&内服もしないで治していただいたり…暑い夏にいつもなんらUV対策をせず、日傘もささない私を見つける度に「病気になるわよ〜!」と心配してくれたり…
容貌は年齢とともにたしかに衰えるかもしれませんが、人間としての美しさは年齢と共に暖かくまぁるくなって輝いていたように思えています。優しい方でした。
2匹のワンコたち、とくに我が家と同じポメラニアンのボーイ君(まだやんちゃなお年頃でした。我が家の真修とはAyaさんが抱いて連れて外に出たとき、ご対面したとか)…いまどうしているのかな?などと思いつつ、美江さん&ワンコたちの平安をお祈りしています。ひと事とはどうしても思えないのです…

とまぁまとまりがないですが、そろそろ予習にとりかからないといけません(嵐のような日々の中でもポツポツと、最近はやっと復活してレッスン)ので…

by Hannah




【2012/03/18 10:02】 | 横浜ローカルライフ
|
このところ、不定期更新{/NG/}になっておりまして申し訳ありません{/汗/}
また少しiTalkでレッスンを再開できつつあるのですが、それは後ほど(記録を見ないと既にわからない状態ですので(^^ゞ)

最近の一連の出来事の結果…タイトル通り現在、我が家は3人シェア中です。
といいますのも、シェア解消を言い出す=当然のことながら、非常に気まずい状態になるわけで…精神的に同じ屋根の下に暮らせる状態ではなく…かといってまだ転居先のアパートは未完成{/まいった/}
そこで3月下旬に完成予定の物件に入居予定のAya's Friendが物件完成→引渡しまで暫定入居{/!/}とあいなった次第。
まぁ3月中ならAyaさんの大学院も始まる前ですし、私たちもなんとかなるだろうということでこの形に踏み切ったわけですが、とにかく「お母ちゃんがわり?」はもちろん、Ayaさんも、この新たな生活形態になれるのに意外とあたふたしております。改めて、二人の生活がこれまでどれほど空気のごとく当たり前にすぎていたかを再確認する機会にもなって、おたがい改めて感謝したり、それはそれでまた貴重で大切な一瞬。

そもそも我が家がある土地って祖父母が住んでいたところで、最初は山下町のマンション住まいだったのですが、その介護のための同居がおわって、お世話をしていた母方親族も大学などを卒業して自立していった→父母が老後のために立てた家ですから、70坪弱の土地とはいえ、家屋は3Bed Room+応接間+LDKという間取りです。だから我が家の最大居住人数=3人、父が早く亡くなってしまいましたから、それ以来の大人数ということになるわけで{/嬉しい/}亡くなった父母も「賑やかねぇ〜」と言っているかも?

Ayaさんはシフト勤務、お友達は病院勤務で基本定時(といっても殆ど毎日残業ありなのですけれど)勤務、二人の出勤時間はAyaさんが通常勤務でも通勤距離の関係から約1.5時間位の時差があります。私もこの1年ですっかり二人の分量に慣れてしまった私はついつい料理をつくりすぎてしまって食べきれず捨てることになったり…まだまだですけれど、3人3様に新しい環境に慣れつつ、Happyなシェアを実現するために努力中{/!!/}の昨今。
とにかく大切にしているのは、一緒にご飯を食べることでしょうか?朝はAyaさんにあわせて皆で朝食、夕食は私のレッスンがあったりしますから、大体夜は9時半すぎになってしまうのですけれどもこれも皆で。私は私で改めて、子どもを育てているお母さん(加えて仕事があったり?)ってえらいなぁと実感したり…またまた新たな人生経験。

昨日、お友達はこれまでのシェアメイトと引越しの打ち合わせというか、最終的な話し合い?をした模様。まぁ最後は「お互いに頑張ろうね!」という感じになったらしいので、一安心ですけれど、シェアの解消(特に賃貸物件での二人シェア)はなかなか難しい…賃貸物件の退去通告=1ヶ月前だからそれまでには相手に退去したいことを話さないといけないけれども、二人で相談してお互い解消しよう!という場合以外、非常に気まずい関係になるでしょうし…なかなか難しいということを今回のことから学んだような…たしかに賃貸物件でなかった我が家でさえ、前にシェアが失敗して退去するまでは私もかなりブルーで(幸い、週の殆どが単身赴任だったこともあり)、できるだけ顔を合わせないようにして、引越しの時も立ち会わなかった暗〜い記憶…がふと頭をよぎりました。本当は二人の話を両方から聞いて相談に乗らなくてはいけなかったかな〜とか、シェア解消宣言後のことも事前にシュミレーションしておかなくてはいけなかったか…とか、私(たち?)自身いろいろ反省点はあります。だからといって、あまり前々から解消を話し合うというのも難しいでしょうし…本当はそこに至る前にきちんとシェアメイトとお互いに話す機会を設けるべきなのでしょうけれども、二人シェアの場合、最低限退去して新たな場所に移るまでに、それまでの物件のお家賃分担分と新たな物件のお家賃と少なくとも1ヶ月程度はダブル家賃が発生することは覚悟しておく必要があるかと思います。シェアメイトがすぐに別の物件を見つけて同時に引越しできるならばともかく…今回のケースでは、退去を言い出した方が、シェア物件入居時に半分ずつ負担した敷金の返金分をシェアメイトに迷惑をかけた分として権利放棄するというかたちで落ち着いたようです。う〜ん…大変…{/悲しい/}

昨晩はAyaさんが当直だったこともあり、話し合いを終えて帰ってきたお友達といろんなことを話し合いました。とりあえず緊急避難ですし、負担分は「身体で返してもらう=片付けなどを手伝っていただく{/嬉しい/}」ということでAyaさんも了解済み。

まぁ1ヶ月弱ですし、二人が三人に増えたからといって食費が1.5倍になるとも思えませんし…我が家のお風呂って前にも書いたとおり、浴室だけで3疊、脱衣場入れると4畳半くらいの庭に面した南向き「おもしろい間取り←母のこだわり」なので、複数で入っても問題なし!キッチンもまぁまぁ(片付ければもっと!)広いですし…

お友達=これまではゲストだったわけですが、短い期間とはいえ家族として暮らすわけですから、我が家流の暮らし方にも慣れていただかなくてはならないわけですが、かといってこれまで暮らしてゆく中でつくってきたものなので、これをこうという訳ではないので、なかななか言語化しにくかったのですけれども、いろいろ話してゆく中でふと口をついて出たのは「遠慮っていうのは、『こうしたらどう思われるだろう』って自分で考えて、相手を傷つけたり、気まずくなったりした結果に自分が傷つくこと、配慮っていうのは…なんというか…難しいけど『相手がこうしたら嬉しいだろうな』とか『こうしたら気持ちよく過ごせるだろうな』とか考えて行動すること」という言葉。

「遠慮はしない!配慮はせよ!」は私の座右の銘みたいな言葉で日頃からいってきたことですが、この違いってなかなか言い表せず…自分の言葉ながら自分ではっとしました。前記事でシェアリビングのコツに書き忘れていたのですけれど、実を言うをこれが一番大事なシェアリビング(夫婦でもカップルでも)のコツかもしれません。
考えてみれば、Ayaさんと私が日頃から大事にしてきたのは、このことかも?

もうとっくに49日が過ぎたにもかかわらず、返礼も終わっていませんし、相続手続も途中ですが、しばらく多忙になりそうです…あっでもお友達、私たちが苦手なお掃除が大得意!隣家にいれた単身赴任の荷物&母のホームからの引き上げ荷物もあり、これは助かりそうな予感…{/チョキ/}しっかり身体で返していただくつもりでおります{/嬉しい/}

というわけでちょっと不定期更新になるかもしれませんが、お許しください。

追記:この4月から新生活という方も読者の中にはいらっしゃるかもしれません。我が家のお友達も新生活にむけて「IKEAに行こうかな」なんて言っていますが、私たちは「私たちの持ち物で使えるものは持っていったらいいし、最初から全部そろえないで、だんだんと揃えていったらいいよ!」と力説しています。単身時代の家具=結婚後も使えるものは殆どありません。結婚するまでの数年=そうした意味で、USEDで割り切るのも良いでしょうし、結婚後も使いたいようなものを時間をかけて探すのもよいかと思います。
我が家流になれたAyaさんもオークションやバザーで見つけるのがとっても上手になりましたし、「これからは、ずっと長くつかえるものしか買わない!」ってよく言っています。我が家のダイニングにあるアジアンテイストのアンティーク家具はオークションで手に入れたものですが色合いといい、雰囲気といい我が家の経年とマッチしていてまるで代々そこにあったように鎮座していて、とっても素敵と我が家にいらした方が口を揃えて褒めてくださいます。日々の生活を大切に、愛おしく思えるものと長く付き合ってゆくって今流じゃないかもしれませんが、意外とこのへんの横濱スタイルかも?…ご参考まで。

by Hannah


【2012/03/02 09:07】 | 横浜ローカルライフ
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。