緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はレッスン予約が取れなかったので英語に関係ない話題で連続アップです(^^ゞ
長文ですし、英語にあまり関係ない記事ですから、お忙しい方はご遠慮なくスキップしてください。

シェアメイトの平均滞在(=在住?)期間ってサイトにもよりますが6ヶ月〜1年未満が多いようです。そういう意味では、1年以上続いている我が家はすごいかもしれません。

外国だとシェアリビングって収入が少ない若い年代層ではごく普通ですが、日本だと部屋の振り分けがきちんとできていない(=それぞれの部屋の独立性が保たれていない)というハード面の問題もさることながら、個々人のindependencyが確立していないことも少なくなく、特定の人に負担がかかってしまってその人が出てゆくことになったり、あるいは特に最近の若年層にみられるように「権利主張と義務遂行は裏表」ということが分かられていなかったり…なにかと難しいようですね、少なくとも日本では。

ちなみにフランスなどだと、高齢者住居に若い人が無料で住むかわりに、あらかじめ決まった契約にしたがって、高齢者ができない買い物を決められた時間(あるいは日数)お手伝いしたり、1日1時間話し相手をしたり、家事を手伝ったりという形があるようです。これって、少子高齢化で一人暮らしのお年寄り(固定資産はあるけれども流動資産に乏しい)が多くなっていて、心身面でのちょっとしたサポートand/or孤独死や無縁死への不安を抱えている単身世帯が増え、さらにネットカフェ難民といった若年層の貧困化が進んでいる日本でもこうした制度が普及するならば一石二鳥の効果があると思うのは私だけでしょうか?多分、ホームヘルプサービスなど介護保険サービスを使う率も減って、財政を圧迫している高齢者福祉予算も軽減できるでしょうし…

なんて偉そうなことを書いておりますが、そんなに簡単なことではないことは120%承知しております。

まず第一に、他人が自分の家に入ってくることへの抵抗感…まぁこれは現在高齢者になっている世代にはいたしかたないことだとは思いますけれども、次に高齢者世代になる私たちだったら、今から訓練しておくことである程度乗り越えられるとおもいます。例えば、きっとこのブログを読んでくださっている方々は英語を学んでいらっしゃる方が多いと思いますので、自治体の国際交流課や実際に活動を行なっているNPOなどに問い合わせて、積極的にホームステイを受け入れてみるとか?日本人って「家」意識は昔から強くて、核家族化が進んだ今でも「うち」の内と外を分けて考えがちかと思います。例えば「今日はヘルパーさんがくるから掃除しとかなくっちゃ!」とか。でもそれだとどうしても無理がきますから、結局のところありのままの自分スタイルで良いのだと思います。例えば日本で普及しているウオシュレット→これ外国人には相当に興味深いシステムだったりするみたいですし、土台、布団で床に寝る=不思議体験です。外国人がステイするからベットを買うのではなく(土台、いつものスタイルで過ごしたい人はホテルあるいはユースホステルなどに泊まるでしょうし)、いつものお布団をよく干してふかふかにして「どうぞ日本スタイルでお休みください」という感じもありだと思います。お料理も無理をしないでいつも通りにして、ただ食べられなかった時のために、1品だけ誰でも食べられそうなもの(ポークorチキンソテーとか、ハンバーグとか)を用意しておくとか。

最近こそホストファミリーが固定していますが、以前はNZを訪れた時、なんどか違った御宅でホームステイを経験して思ったことは、あちらの方はあまり無理をしない(=背伸びしない)で人を迎えている感じです。お部屋は以前子どもがつかっていた部屋や書斎件別途ルームであることも少なくないですし(たまにゲストルーム)、食事もいつも食べているものが少しだけ私がいるのでリッチになってるかも?という感じ。でも今のホストだと「今日は疲れたから、ピザでも買って焼いて食べよう」とか→お皿洗いのお手伝いが楽になるので、当然私も大歓迎{/嬉しい/})。私の方もいつも長期にお世話になるので「今日はTake away買って帰るからつくらなくていいよ〜」とか。つまりお互い配慮はするけど背伸びをしないから、10数年以上長続きしているのだと思います。ちなみに逆に向こうから来たときは、富士山にゆきたいということだったので、レンタカーをかりてゲストにもっぱら運転してもらいました{/嬉しい/}。一緒に案内するのが疲れたら「ここで待っているから、適当に見てきてね〜」と歩くのが苦手な私は休憩。滞在中秋葉原に行きたい希望があったときは、どうしても外せない会議の日に予定して、事前に詳細な行き方の説明をして、あとは「Tax Freeのと店員さんは大抵話せるから、適当に1日私が帰るまで楽しんできてね〜」と送り出しました(丸一日中秋葉原にいて「すごく楽しかったよ〜」と言っていました。私がいたらそんなに長くは見ていられなかったでしょうし、好きに歩き回れなかったからかえってヨカッタヨカッタ{/チョキ/})。結局のところ楽しませることよりも、自然体で自分もゲストとの時間を一緒に楽しめることが大事!なのではないかと思います。

なんだかホームステイを熱く語ってしまいました{/汗/}本題にもどります。

で、本題は上手に楽しくシェアリビングを暮らすコツというか、私たちが大事にしてきたことになるのですが…思いつくまま、箇条書きに書いてみます。

1.トライアル期間
シェアリビングをするにあたっては、シェアメイトと必ずお試し同居期間を設けましょう。夫婦だって最初の1年はおたがいの常識の違いで喧嘩が絶えなかったりするそうです。ましてやそれぞれ生活背景が違う人間が住むのですから、最低限2週間のお試し同居は必要だと思います。1週間だととりつくろいもできるかと思いますが、半月ともなればある程度(あくまでもある程度!です)、お互いの暮らし方、生活パターンといったものも見えてくるはずです。その中で常識というものがいかに異なったものかも思い知るかもしれません。そうした細々とした課題についてはそのままにせず、その都度どうしてゆくのが良いかを話し合いましょう。この話し合いがきちんとできない人同士が同じ屋根の下に住むのは無理だと思いますから、さっぱりと諦めましょう。

2.互いに気にならない部屋割り
部屋を決めるときはできる限り動線がぶつからないようにしましょう。つまり片方がお部屋に引きこもっていても気にならないというハード面での配慮はある程度(あくまでもある程度!)必要かと思います。我が家の場合、2階にAyaさんの部屋があり、私がその下の1階に住んでいます。これが同じ階だったら、Ayaさんが宿直明けでお昼寝というときにかなり気を使ったかな?と思います。

3.価値観の確認とすり合わせ
シェアを始めるときにおたがいの価値観や休日の過ごし方、日常のこだわり、家事分担など、お互いに「何が譲れて、何は譲れないか?」ということや「何が得意で、何はできないか?」、さらに大事なことは二人でどういう風に暮らすかというシェアリビングのあり方について、納得がゆくまで話し合いましょう。できれば、私たちのようによく知り合っている人同士のほうがよいかと思いますけれども、それでも前の記事で述べたようにうまく行かないケースや「えっ?」と思うことはあるはずです。私たちだってこれまで順風満帆できたわけではないことは、過去記事で見ていただければわかるはずです。ようはその都度、その都度、話し合いを大切にしてきたこと、そしてお互いに「我が家なのだから遠慮しない、でも配慮はする」ということを心がけて、二人ともそれぞれ新しい環境&関係に居心地良くいられるように努力して今日があるような気がしています(でも、我が家は私が先住者だったので、どちらかというとAyaさんが努力したほうが大きかったと思いますし、そうした努力?苦労?を頑張ってくれた彼女に感謝しています)。

4.「同じ釜の飯を食う」機会
食事をどうするかというのは大きな問題かと思います。好き好きもありますし、生活パターンやスケジュールもありますから。でも、できれば週1回、最低限月2回はシェアメイトと一緒にゆっくりと話しながら食事する機会をもちましょう。ゲストハウスやルームシェアで成功しているケースをみると、大抵、日にちを決めて、あるいはその時々の機会(お誕生日、クリスマス、納涼会などなど)にシェアしている全員があつまってワイワイと食事をしているケースのように思われます。昔から「同じ釜の飯を食う」と言いますが、こうしたことの大切さについて私は寮生活で学んだように思います(月1回寮総会があり、また季節ごとのイベントもありましたし)。その中で、おたがいの課題や共同生活上の悩みや、互いに対する文句や…いろんなことをどうするか?という話し合いができます。さきの記事でうまく行かなかったケースをアップしましたが、結局のところそうした機会を意図的にもたなかったことが、ちょっとしたボタンのかけ違いをどんどんと大きくしてしまったように思われています。ちなみに我が家の場合は夕食はほとんど一緒に食事しています。Ayaさんが職場の飲み会などで遅くなるときは事前に伝えてくれますから(振り返ってみると、我が家に暗雲が垂れこめた時期はこれがなかったことがそもそもの発端だったような?)私は適当に食べます。だいたいのところ私がクッキングして、Ayaさんが片付ける形。

5.適度な距離感=互いのプライバシーの尊重?
実は以前私はシェアに失敗した経験があります。なにが問題だったか?というと動線が重なりやすい部屋割りにしてしまったことと、まさに上に書いたようにいろいろなことの積み重なりがあって、さらに私が平日は単身赴任で週末のみ帰宅していたこともあり?頻繁にご両親(特にお母様)が来訪して宿泊、(最初から冷蔵庫も段をきめて彼女のところは綺麗に掃除してあったのですが)、冷蔵庫が汚いことが気になったのか?私のところまで勝手に掃除してかえられたことでした。きっと悪気はなかったのだと思います。たしかに賞味期限切れのものもありましたし…でも、私的には(例えばジャム類など当然週末しか横浜にいませんでしたから、多少は「まだ食べられると私が判断して」入れてあったものも)勝手に捨てられてがら〜んと片付けられてしまった冷蔵庫を見たときは相当にショックでした。家事は大分上達したものの、私自身やはりシングル&仕事できましたから、片付けはいまだに苦手です。でもAyaさんもそこは同じ価値観というか、まぁそれを許してくださっているのであまり神経質にしないように(というかできない?)しています(^^ゞただし、この経験がよっぽどトラウマになったようで、Ayaさんのご両親が横浜にいらしても、我が家にお呼びすることはしていません(というか怖くてできない…)。本当に申し訳ない気持ちなのですけれども…
それと、基本的におたがいのプライベート空間には極力立ち入らないようにしているかもしれません。まぁ私がものをとってきてと頼んだりしますし私自身は自分の部屋に立ち入られてもなんとも想いませんけれど、Ayaさんの部屋については台風がきたり、地震があったり、業者さんがきたりしてどうしても立ち入らなくてはならない時以外、基本的に覗くことすらしません。お野菜含め荷物が届くことがあるのですが、一度、お野菜が入っていたら蒸れてダメになってしまう…と彼女あての荷物を勝手に開封してしまって、申し訳ない!と思って以来、連名で届かないものは階段に置いておきます。荷物が届いたりして「メール送っておいたよ〜」と言われても、「ありがと〜」で流してしまうことも少なからず(笑)、でも大学院合格してからは「なんて言っていた?」なんて聞くことが多くなってきていますから、これは反省しなくては!ですね。

6.シェアメイトの数は偶数で
大きな物件を大人数で住む方が当然ながらコストは抑えられます。ただし、奇数だとどうしても2対1や3対2といった多数意見というかサブグループが出来がちですから、これは避けたほうがよろしいかと…とくに本人がいないところで、ほかのシェアメイトのことを言うようになったら、それはかなりまずい兆候かと思います。また、大人数でシェアしているところで退去・入居があるときは、かならず全員で話し合ってきめることが原則だとおもいます。

7.とにかく何があっても話し合い
シェアをするのは簡単ですが、続けるためには、もちろん常にある程度の忍耐とか努力とか我慢ということが求められることもあるでしょう(というか、しなければなりたたないでしょう、生活背景が違う人間が同じ屋根の下にすんでいるわけで)。でも些細なことが、修復不可能な問題に発展しないためには、ちょっとした気になることでも先延ばししないでその都度、即時的に話し合うことが大事だと思います。結論がでることもあれば結論がでないで、とりあえずこの方法でやってみてまた考えようという結論もあります(そのほうが多いかも?)。それでもかまいません。庭の雑草は小さいうちに積んでおかないと、取り返しがつかなくなるのと同じことです。

とまぁ色々と書きましたが、基本シェアリビングは寮生活ではありません。あまり決まりをつくりすぎるのも考え物ですし、無理をしすぎるのも禁物です。基本はそれぞれがお互いを尊重しながら、「我が家」としてくつろぎながら「ともに」生活できることが一番大事で、そのためにも話し合いの機会を多く持ち、そしてそうした機会を多く持つためにも一緒に食事をすることが大事だと思います。そしていつかそれが終わる日(≒嫁ぐ日?旅立ちの日?)もあることを心のどこかで覚悟しつつ、だからこそその1瞬1瞬、季節ごとのシーンを大切に大切にしてゆきたいと思っています。

この間、近じか徒歩1分圏内に引越し予定のお友達のことを通して、改めてAyaさんとのシェアリビングに感謝すると共に、いろんなことを思い返しました。そんな中で、ふと出会った言葉(どこで読んだか忘れました)を最後に、この長文・駄文を締めくくらせていただきます。

「チョコレートを一人で食べればすぐに無くなってしまうけれど、二人が半分ずつ分け合って食べるならば永遠に無くならない」

by Hannah



スポンサーサイト

【2012/02/26 13:45】 | 横浜ローカルライフ
|
おはようございます。通院後またしても毎日更新を怠ってしまい申し訳ありません。
今日の横浜は雪国のような空もようで寒いですが、みなさまはお風邪などひいていませんか?
私は、ちょっと風邪気味です。寒いですから体調管理は大事ですね。

今日は全国的に公休日…ですが、Ayaさんはお休みではなく、我が家は朝から二人してお疲れモードです。
昨日も遅かったので(といっても12時すぎに閉店=就寝:しゃべっているとエンドレスになってしまう+Ayaさんの仕事&通勤の関係から、朝はほぼ5時すぎに起床なので、翌日に疲れを持ち越してしまうため通常は10時半閉店が理想的、まぁ遅くなっても11時半位閉店なのです)、この事ちょっと身近で問題が発生して{/!?/}、二人して毎日ゲスト対応{/!!/}&ケースカンファレンス{/!!/}

といいますのも、実はAyaさんのお友達が同じ町内でシェアリビングしてきたのですが、どうもそれに暗雲が立ちこめ…どうすべきか?連日ご本人以上に私たちは深刻に悩んでおりました。あちらの状況は夫婦でいえば、すでに同居別居状態で賃貸マンション更新時期ですし、この際、解消したほうがよいのは分かっていても、その先をどうするか?という問題に苦慮しておりました。「そんなんだったら、さっさと別れたら?」と二人していってはみるものの、単身用の物件を新たに借りる場合は初期費用も月額賃貸料も高額になることは否めず!(そういう意味でシェアリビングってリーズナブルなんですねぇ)、我が家の2階がまだ1部屋あるので、そちら…という選択肢があるにはあるのですが、このブログに率直に二人とも書いたように一時は解消の危機に瀕しつつ、お互いに絶えざる努力してきて最近はようやくお互い空気のように安定してきている生活基盤がまた新たな要素が加わることで、不安定化したら身も蓋もないことで…さらに部屋があるとはいえ、三人という数は難しく感じられ…加えてAyaさんも4月からは大学院も始まる=いろいろ余裕がなくなりそう+私も来春からはそろっと仕事を再開しなくてはならない時期=せっかく安定している自分たちの生活を維持することのほうがやはり重要と思われ…それでもAyaさんの親友が直面している問題の解決にはなんとか知恵を出し合いたく…
という感じで、いろいろシュミレーションしたり、ディスカッションしたり…議論は尽きることなく…でも二人のどちらとも来年度自分の生活がどう変わるか?ということについて、朧気にイメージ(覚悟?)はできているものの、実際にやってみないとわからない不確定要素も多く…なかなかよい解決策に至りませんでした。問題に直面しているご本人も、2年間一緒に生活してきたお友達に申し訳ない気持ちもあるし、はっきり「私、出てゆく!」というようにことを荒立てる性格でもなく、さらにはシェアリビングがストレスになっている理由っていうのも「これが嫌」とか「これが許せない」といった確たる理由を述べられるわけではない=つまり、これまでの日々のちょっとした不満や??と思ったことをお互いに話し合って来れなかったことで、積み重なってきたものが最近、どよ〜んとさせている原因にて、まぁこのへんは熟年離婚に近いものがあります。だから相手にはっきりとした文句の言いようもない…でもストレスはかなり強い状態(今回のことも含めて最近我が家にご来訪くださる方の話をうかがっていておもったのですが、強いストレスに一時的にさらされるよりも、微弱なストレスに長期間さらされる方が心身の健康にはよろしくないようで)。

結局、私たちも我が家をどうするか話し合い(やはり三人シェアを来春スタートというのは無理と結論、近場別居=シェアメイト0.5人増?がベストという判断)、さらに決断しかねているご当人とも話し合い「やはり引っ越す!」と決断するやいなや、私は家のPCで、Ayaさんも暇がある限り、うち&職場{/目/}のPCで当人以上に熱心に物件探し(笑)。今住んでいるところも徒歩数分なのですが、それだとスープが冷めそうなので、徒歩1分圏内あるいは最大3分圏内でリーズナブルかつ良い物件がないかと…超近場限定での物件検索{/嬉しい/}

我が家の近くって昔から住んでいる人が多く、町内会の同じ班内にアパートは2件、隣の班内に2-3件?あるとはいえ、車があまり入らない丘の上の一般住宅地(第一種低層:準防火地域)ですからそれほど数は多くありません。同じ町内に住むオーナーさんに直にきいてもあいにく全て満室{/まいった/}、管理会社に聞いても満室…出る見込みもなしとのことで、問い合わせた不動産屋さんが言っていたように「結構人気の地域なので…」というのを改めて身にしみて実感しました(住んでいると田舎で不便かも?とも思ったりするのですが)。

そこで、最初から気になっていてなかなか良い感じの建築中アパートを昨日内見予約し(もともとかなり日当り良好なのですが、まだ完成前にもかかわらず2階は全て満室!)1階のお部屋は空いているとのことだったので見せていただきました。ちょっと(orかなり)お家賃は高くなるものの、最近近くで建設中の女性専用(当然、オートロック&窓なども防犯対策万全!)の物件で、1DKながらひろ〜くて、バストイレ別、浴室乾燥機付きのお風呂もアパートというよりも1Rマンションと比べても広々(小さめのファミリータイプマンションに付いているようなクォリティー)、シャンプードレッサー付き{/ピカピカ/}さらに戸数が4戸なので、全て角部屋=ベランダはもちろん小窓もふくめると開口部が4つ{/目/}&小さいながらカウンターキッチン付き、当然ながらシステムキッチンというところを見せて頂いて即決{/ダッシュ/}アパート=まぁこんなものか〜という既成概念が崩された内見だったように思います。新築&クォリティー(内装部材などもかなりよいものが使われていました)でお値段以外は全く妥協する所のない物件です。敷地面積40坪位?で4戸って狭くない?って思っていたのですが、意外に広いものができるのですねぇ〜アパートでオートロックというのも初めてでしたし、窓もペアガラスで割られても人がはいれないよう間に障子のサンを大きくしたような格子がはいっていて、これならシャッター雨戸を閉めずに寝ても全く問題なさそうです(というか、我が家のあたりって代々の住民が多いこともあり、大通りに面していないこともあり、所管警察署の訪問でも犯罪率は区内でも非常に低いと言われる地域。我が家なんて、雨戸はつねに開けっ放し&玄関の鍵締めも忘れて寝たこと数知れず、ちょっとした買い物なら開けっ放しでも出かけられそうな雰囲気=まぁ警備もはいってますし…って感じではいけないか〜でもホント{/嬉しい/})。

そんなこんなで、内見=即決でした。まぁお1万数千円お家賃が高くなる分は、日々の節約で頑張るってことでしたし、家賃安全圏内といわれる給与の30%を数%こえてはいますが、すごく無理しなくてはならない金額ではありませんでしたし…

申込書を書くのに我が家に来ていただいて、ついでに隣地の活用についても相談したのですが、十分手持ち資金がなくても土地さえあれば建てられるとのことで不動産屋さんはやる気満々(笑)…まぁそれについてはAyaさん&私の将来計画もあったりしますから、これから情報をいろいろ集めて勉強しつつ考えようと思っております。

と、まぁ今回はあまり英語に関係の無い話題になりましたが、このブログのお友達でもアパート経営を考えていらっしゃるかたがいらっしゃいますし、最近の斬新かつ高人気(完成が3月下旬にもかかわらず、4戸中3戸が予約済)なアパートトレンドということでレポートしてみました。

う〜ん、それにしても疲れた…レッスン予約も連日ゲストだったのでキャンセルしたりしましたし、Ayaさんも今日は半ば死んだ状態で「ただ職場で存在するだけのために」といいつつ、お仕事に出かけました。物件探しって大変{/!!/}

まぁ終わりよければ全て良し!{/嬉しい/}

追記:Ayaさんが検索していたら、面白いサイトを発見{/ひらめき/}
単純なミス?と思われるものもありますが、休日のおたのしみにどうぞ〜コメント必読です{/嬉しい/}
ありえない間取り図

by Hannah


AUTHOR: haruharu
EMAIL:
URL: http://haru919.exblog.jp/
IP: 112.138.149.223
DATE: 02/26/2012 15:32:02
リンク先のサイト。笑わせていただきました。
間違いのものもあるでしょうが、単なる間違いとは思えないものも結構ありますね。特に部屋のど真ん中のトイレとか・・・
コメント、確かに絶妙でした。


追記を閉じる▲

【2012/02/26 09:52】 | 横浜ローカルライフ
|
通院から帰った翌24日は1コマのみの受講でした。本当は他に新人先生で2コマ予約していたのですが、ゲストがくることになり、またあまりフリートーク続きで時間の無駄か?(お料理の準備もあり)と思いキャンセルしました。メイン③先生の予約がとれないので、メイン①先生でフリートーク…

メイン①先生って雰囲気も良いですし、楽しいレッスンなのですけれど、反面高度な文法説明を求めるのは無理そう+私も疲れていたのでフリートークでしたけれど、フリートークって自分の進捗度がわかりにくいので、達成感には今ひとつ{/バッド/}

haruharuさんのコメントにもありますが、最近の予約の取りにくさには本当に困っています←これは中上級以上のテキストベースに限った話ですから誤解なさらないでください。

メイン③先生のレッスンってスケジュールがオープンになったとたん、あっというまに殆どフル{/!!/}Ayaさんと話し合って、お夕食時間を遅くする理解を得たのですが、その時間も無理(私同様かなり集中的にとっていらっしゃるファンがおいでになる模様…)月謝でアドバンスドブッキングができる私でもアドバンスドブッキングのコマ数は決まっていますから、以前のように毎日は不可能です{/NG/}やはり月謝制→レッスン単価が高価なチケット制に移行しないと無理なんでしょうか…でもそうすると1日3コマだと約7000円のアップ…その分で他のスクールをもう一つ受けられるかも?という金額です。まだまだ相続手続も終わらずというか、法人がとにかく大変!で時間もお金も掛かりそうですし、私の体力も前に復調しておらず…それならブッキング枠に上限がない&スケジュールにフレキシビリティーを持たせられるチケットが良いのかな〜とか、だけどそうすると私の怠惰な性格だと下手をすると1-2ヶ月休んじゃう可能性大(=すでに他校で経験済)、たとえ完全に毎日3コマ受けられなくてもチケットよりはリーズナブルだし…などとかな〜り深刻に考え中…

現時点でメイン③先生で予約をとれたのは29日3コマ、3月1日2コマ,2日2コマ,(3日は結婚式があるので私都合にてお休み),4日4コマ,8日2コマ,10日2コマ(この間の取れなかった分の振替レッスンを入れて頑張った結果の最大予約上限数)です。ですので、29日まではレッスン受講なしかもしれません。
「毎日の積み重ねが大事ですよ」と言われましても、実際に中上級〜上級と判定されることが多くテキストベースでのレッスンをしっかり受けたい私にとっては、現実的に不可能…

オンラインレッスンは受けたい時にタイムリーに受けられる(&その日の都合に合わせて予約変更も自由度が高い)のが良いところだと思いますが、現実は超厳しいです{/大汗/}

iTalkには本当にお世話になっていて、暖かくスピーディーなサポートもいただいているので、あまり嫌なことは書きたくないですし、この間たくさんのご迷惑をおかけした私が言うのもどうかな…と自分でもちょっと自己嫌悪になったりしたりするのですけれども、いざ復帰!という気分になっているときに取れない…とかなりストレスがたっているかも?

最近では予約合戦にもかなり疲れ気味にて、前みたいにレッスン時間をにらみながらテキストの予習に追われていた日々が今となっては懐かしいです…
ふっとイーメソからベルに移行をすすめられた悪夢がよみがえったりもします。まぁレッスン単価が高いほうがスクールとて企業なのですから喜ばしいことには違いなく…

あっ、でも別にiTalkを擁護するわけではないですが、フリートークでスピーキングの機会を増やすあるいはテキストベースでなければ、そんなに予約が取れないということはないかも?(とはいえ、それぞれ日々のスケジュールがあるから空きがあれば取れるというものでもないでしょうけれど)、またテキストや先生にこだわりがなければ、そんなに予約ができないことはないですし、本当に良心的で良いスクールだということは断言できます。最近、iTalkを真似て?今更のように現地への貢献(ボランティア活動や先生方へのサポートなど)を色々なスクールが取り組み始めているのは良いことだと思いますが、やはり地道に(それもあまりPRのために使わず)取り組んできたiTalkに比べると、今更感は否めず(=個人的にはかえって白けてしまって、まぁ打ち上げ一発花火的でもしないよりはするほうが良いか〜でも、ドネーションに依存的な現地の体質を考えると果たしてそれが役に立っているのかな〜などと思うわけです)、そういう意味でも定期的にオーナー&担当者様が現地に飛んでいるiTalkって良心的なスクールだと思うのです。

あとやはり先生はもちろんのことサポート(東京&Cebu)ともこれまでになかった親近感がありますし…(それも手伝って?)かえって自分の中で堂々巡りしてしまって悩みは深まるばかり…

本日の記録
iTalk 1コマ 25min

by Hannah







【2012/02/26 09:52】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。