緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日お買い物から帰ってきてメールをチェックしたら、ずっと連絡がなくてGive upだったOxfordの先生からメールが入っていました。

この123英会話って普通は在英邦人バイリンガル先生からトライアルレッスンを受けるように勧められている?(といいつつ、希望の先生を指定できるという不思議なシステム)からか?何だかわかりにくい予約システムで、まぁそのバイリンガル在英邦人以外を指定したからか?よく解りません{/まいった/}そしてグループレッスンもあるようですが、それもかなり前の日程しか出ておらず…

当方のテンションはとっくに下がっていたのですが、まぁせっかくの機会、それもFreeということで、iTalkをお休みさせて頂いてスケジュールをなんとか確保しました。なにせiTalkでメインに担当して下さる先生が夜の時間帯しか開講していらっしゃらず、それもばっちりお夕食時間にかかるので、メイン③先生中心に受講し始めてから時間のやりくりは大変{/!!/}今日は事前にお夕食の下造りをすませて、さ~て予習にとりかかろうと思っていた矢先{/ダッシュ/}せめて他にもう1-2人くらい教えることができる先生がいらしてくださると助かるのですが、唯一頼りになるManeger先生も不定期にしかレッスンが行われないですし{/悲しい/}とついついこぼしたくなるのですが{/大汗/}まぁ私もAdvanced Grammar in Useにはずっと苦戦している現状ですし、仕方ないかな~と思いつつ{/NG/}

つい脱線しました、もとい{/!/}Oxford先生にもどします。
こちらから返信をしたら、即お返事があって今日OKとのことにて送られてきたSkype IDを検索して登録。SMSを送ってご挨拶。その後、予定時間が少しずれこみました(-_-)゜゜゜まぁこちらも予約をキャンセルしていたのでOKでしたが、電車の遅れやキャンセルなどあたりまえのお国柄?それともこの先生の問題?

で、内容ですが非常に面白かったです。アメリカ英語にだいぶ慣らされたとはいえ、「家訓?」のせいか?いまひとつ好きになれず…ではイギリス英語かといえば、どちらかというとNZ英語。イギリスには2-3回行っているのですが、道を警察官に訊ねるときなど、通じるかドキドキ{/衝撃/}スタンダードなアメリカンアクセントでもブリティッシュアクセントでもない、日本語訛りのあるNZ英語あるいはNZ訛りのある日本人英語?という感じになってしまっている自覚充分。ですが今日の先生の英語、ブリティッシュイングリッシュでも私に取ってはかなり聞きとりやすい発音でした。スコティッシュの先生からその前にならっていたからか?
最初から最後までフリートークでしたが、専門が近かったということもあり、話しが興味深かったです。ただ、英語の先生と思うと違うかな~という感じ。大抵私が話す方が多いのに、今日は珍しく先生の方が圧倒的に多かった感じ。まぁ色々日本人の受講生も受け持っていらっしゃるようで、受講生のレベルに合わせているとのことでしたけれども。この先生、話しが弾んで大幅に時間を延長して下さいました。事前のメッセージでも、レッスンが長引くときがあってそのときは少し待っていて下さいとのことだったので、時間に対してはアバウトかも?とも。

で、結果ですが…専門的な内容の文献を読んで話しあうというなかで間違いがあったら直していただけるという提案があったので、思わず次もお願いしてしまいました{/目/}高いから受けないはずだったのに~まぁ1週間に1回、有名な?大学の先生からTutorialを受けられるなら、それもおもしろいかなぁ~と。

※このスクール(といって良いのかどうか?解りませんが)、Native先生によるオンラインレッスンとしてはやや高いかと思います。話す機会を増やすだけだとちょっともったいないかな?という感じ。むしろ英語を使って何かを学ぶという方が効果的かもしれないという印象でした。それと今日の先生はOxford出版だから全部よいわけではなく、Some is goodとのこと。Grammar in UseとAdvanded Grammar in UseはそのSomeのなかに入るとのこと。それと、私のレベルはIntermediateではないか?といったら、各方面によって多少のばらつきが見られるが、Intermediateを超えているとの評価でした。スクールによって評価がちがうのは致し方ないとは思いますが、いつぞやの体験したスクールの評価は何だったのだろう?などとも、別に自分がAdvancedだということを強調するみたいな表現になってしまって恐れ多いのですが、今ひとつ自分のレベルに自信がもてないのが悩みなので、新しい先生を体験するたびにたしかめてしまいます(←以上、※印部分追記しました)

でもあまり複数のTutorだと時間調節も大変ですし、全体を見渡しながらすすんでゆこうと思います。

by Hannah


スポンサーサイト

【2011/11/16 21:50】 | Tutorial from Oxford
|
昨日は体調が優れず、結局まる一日英語をおやすみしました{/がっかり/}

今日はBuddyで見つけた先生と2回目のレッスン。
まだ完全に波長があっているわけではないですが、このNative先生はあくまでもAcademic EnglishにFocusしている感じで、Beginnerの場合は他の(もっと安いAsia Basedの)先生に移るように勧めているとのこと{/目/}
最初のFree Lessonで先生が行われただろうアセスメントで不合格にならなくてよかった〜と改めて思いました{/嬉しい/}

事前にある程度書いたものを用意していたのですが、かなりGrammarical Mistakeがあるとのことで{/汗/}最初のセンテンスにしかはいれず{/汗/}{/汗/}

この先生ってIELTSのAcademic Moduleを教え慣れている感じにて、それにそった話題というか、実際のテストで使われるような質問をつかってのレッスンが得意かも?とも思いました。

とりあえず今日はいくつか、お題をいただき次回までに100-200wordのEsseyを書いて先生にEmailで送って、それをものにDiscussuionするとのこと。
先生の評価では、今のところ私はやはりAdvancedだとのこと。ほんとでしょうかねぇ〜実際に会話では沢山ミスを指摘されているのですが{/汗/}{/汗/}{/汗/}
先生曰く、IELTSでのSpeaking Partが一番私にとって楽なところで、ReadingやWritingが難しいだろうとのこと。
できるだけ英語の本や記事を読むようにということと、Vocabularyについてはわからない単語に出会ったら、前後から推測するのではなく面倒がらずに必ず辞書をひく!と言われました。
あとListeningも大事ということで、AustraliaのTV Newsのサイトを紹介していただきました。このサイト、MP3でダウンロードできるようになっているので、便利かも?NZのTV Oneも地震直後はWorldwideで視聴できたのですが、最近は国内からでないと視聴できないですし、NZ英語とAustralia英語はあまり差がないので試してみようと思います。
Grammar in Useについては、Advancedが良いだろうとのこと。すでに取り組んでいて、今年中には終えたいと思っているといったところ、「そんなに早く進んだら簡単に忘れちゃうでしょ?」と先生からブレーキがかかりました。いえいえそれでも十分になが〜く感じるのです{/バッド/}とにかく色々とすることがあって大変です。

加えて話すときは(日常ではそれなりに通じるレベルとはいえ間違いがあるので)スピードをダウンして、Grammarに集中してよく考えながら話すようにと、今日も言われました。
まぁJokeが好きで楽しいレッスンをしてくださる先生、かつ経験も知識も豊かで細かいミスも見逃さずきちんとこちらのミスをSMSにタイプして「どう直す?」と聞いて下さるので、とりあえず継続{/!!/}

それにしてもIELTSって選択肢から選ぶだけではなく話したり書いたりも求められるテストですから、なかなか大変そう{/まいった/}

by Hannah



【2011/11/16 15:56】 | English@Buddy School
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。