緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oxford先生のあと30分弱のお休みのあとiTalkで1+2コマいつもどおりAdvanced Grammar in Useをテキストに受講。
とにかくこのAdvanced Grammar in Useは難行苦行をとにかく凌いでいるという感じです。
メイン③先生が私のためにレッスン準備のために自らテキストを購入していなかったら、とっくに投げ出していたと思います…と今日は思わずレッスンで思わず泣きが入りました{/大汗/}
以前に比べて先生も慣れてきた感じ?and/orものすごく準備してその内容に熟達してレッスンに臨んでくださっている感じ?で、一時のように眉間にシワが刻まれることは少なくなり「このテキストを一緒にしていて、Grammarが重要だということがわかったわ〜」などとおっしゃいますが…様々な用法の使い分けについて細かい説明が載っていて、老化を感じつつある脳みそで全て覚えるのは到底無理{/!/}な感じなのです。先生は覚える必要はないが、それに慣れておくのは非常に重要と力説されますが…

一生懸命笑顔を絶やさず根気強くおしえてくださる先生に申し訳ないとおもいつつも、最近の私の受講態度が芳しくないことは明らかで、非常に無愛想&不機嫌な受講生だと思います。今日など、ほとんどVideoをoffしていました(←モニターに映る自分の顔すら見たくない!)けれど、先生はしっかり笑顔でカメラ目線{/目/}このメイン③先生ってAdvancedになるまえから、テキストを全文読ませるのが好きな先生です。まぁ余りにも網羅的に用法が記載されているとそちらのほうがsummarizeするよりも効率的とも思いますが…なんとなく例文まで読まされるのは苦手。まぁ先生も分かっている部分もあり、最近は「じゃ、その用法で文を作ってみて!」と言われることもあります。たまたまCanだったので、とても簡単なセンテンスを作ったら、今度は笑顔で「もうすこし、込み入った文章をつくってみましょう!」と…しかたがないので、CanとCouldを交えた複文をつくってようやくOKがでました。
自分で選んで(というか、複数のスクールの複数の先生からすすめられて)はじめたAdvancedなのですが、細かすぎて&私には難しすぎて、つくづく後悔しています。
というわけで、いつもながら先生に申し訳なくおもいつつ、しぶしぶという感じでUnit15の最後まで終えました。

{/ダイヤ/}本日のポイント:Unit15(Ability/Possibility)
Can --->talk about ability in the present or future action, or event.
Could --->theoretical ability.
*with senses verb(feel, hear, smell, taste, etc.), after the only thing/place/time.
*to suggest sth almost didn't happen, particularly with almost, hardly, just, nearly.
be able to --->single past achievement.
be allow to --->asking or talking about permission.
↑って!細かくないですか〜?{/まいった/}

{/ダイヤ/}本日の記録
Oxford Tutorial 1hr
iTalk 1hr15min

※昨日の走り書きを翌日編集しました。なんとかお約束を果たせてホッとしています(^^ゞ
by Hannah

【2011/11/24 23:58】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
昨日は背中から腰にかけての痛みが強く、レッスンをおやすみしました。
そして今日はOxford先生からのレッスン第一回。
今日のレッスンのために、先週からT.M.について日本人が書いた評伝を1冊、さらに著書の邦訳を半分ほど、そして洋書を数冊取り寄せ、その中でテーマになりそうなものの一部に目を通したもの2冊…まぁ伝統的なTutrialというのはこの程度の準備が必要(というかこれでは全然足りていない!)ことは100も承知しています。
このくらいしないとこの先生のレベルにはついて行けない感じです。それ自体とても楽しい作業ではありますが、大変でないと言えばそうでもないのですケド…

Oxford先生、かなり時間にはおおらか(About?)で、時間前に今からいつでもOKとのSMSがあり、そこで事前に準備した(といっても今日の午後あわてて1時間ほどで仕上げた)200wordsほどのEsseyを送信してレッスンに入りました。

Oxford先生の知識は広くて深く、本日のテーマであったT.M.のことから発展して、アッシジのフランシスコの話、そしてギリシャ正教におけるイコンの意味や日本の宗教とシンボルとの関係→東方のキリスト教と日本におけるシンボルの意味まで{/目/}熱く語ってくださり、ほとんど私は聴いていた感じです。

先生の発言の中で、非常に興味深く覚えているのは、ギリシャ正教におけるイコンというのは、単に彫刻などでないことは無論、シンボルであることですらないという点。
ギリシャ正教では“pray within, and through icon”なのだそうです。たま〜にクリスマスに教会にゆくかゆかないか?というくらいの「な〜んちゃって、クリスチャン」{/NG/}の私ですが、ギリシャ正教については知識がほとんどなく、先生の話はとにかく興味深く、心の奥に眠っていた知的なにかが呼び覚まされる感じです。

今日も先生は時間を大幅延長してくださいまして、ほぼ1時間のTutorialを受けました。
ディスカッションのなかで私が指摘したことは、日本における宗教は仏教をはじめとして、根底では多くがAminizmに基づいていて、仏教よりもそちらのほうが西洋的精神を理解する上で障壁(バリア)になるだろうと思われることくらいだったような?

あまりアウトプットの練習にはならなそうですが、とにかく知的刺激いっぱいの時間。もっと知りたいという気持ちが呼び覚まされる感じにて来週の時間を予約して終わりました。

Esseyについては、マイナーな誤りがみられるが大体はOKとのことでした。それにしてもかくって力がいる作業ですし、そろそろ必要なころなので頑張らないとですね…

Oxford先生との時間はもう英語のレッスンという範疇に収まりきらないのでTutorialとさせていただきます。

by Hannah

【2011/11/24 23:53】 | Tutorial from Oxford
|
今日はなんだかとても疲れているので、寝る前に記録だけアップしてあす書き足します。

本日も1+2コマをメイン③先生で受講。Unit13のexerciseを終えUnit14まで終えました。

というところで…スミマセン&☆GOODNIGHT☆(;д;)



【2011/11/22 23:48】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
午前中のレッスンに引き続き、夜の時間帯でiTalkにてメイン③先生と1コマ+2コマの75minレッスンを受講しました。

今日はたまたまレッスンの予約が先に入っていて、この形になったのですが2+1コマよりも、今日の1+2コマのほうが受講しやすい感じです(予習が間に合わなくてもなんとか休憩時間に遣り繰りして間に合わせられるからということに他なりませんが(^_^メ)

今日のAdvanced Grammar in UseのUnit12ではwillやbe going toやbe+-ingを使わないでFutureを表現する形がとにかく沢山出てきます。これって必要?本当に使われてる?という感じ{/まいった/}予習している時から、「多分、将来的にもこれは使わないかも?」とか「見たことがない!」などと自分の知識不足を棚に上げて、内心怒りながら予習していたこともあり、先生に率直に疑問をぶつけてみました。

例えばこんな表現…
I'm aiming to get to Bangkok by end of June.
そこで先生とディスカッションしながらつくってみたセンテンスが以下…
I am intending to study overseas.
I'm hoping to visit your house by the end of this year.

hope, intend, aim等は通常-ing形はとらないし、通常は“I intend to〜”“I hope〜”ではないか?など。
ところが、先生によるとこれって意外に使うのだそうです。見たことがないって言いたいのは私だけ?{/汗/}{/汗/}{/汗/}

そのほか、DMEでおなじみのdue to V(←Not Noun!)はもちろん、on the point of -ing, on the brink of -ing, bound to infinitive, set to infinitive, sure to infinitive, on the verge to infinitiveとか…{/まいった/}

とにかくAdvancedではこうした細かい用法がたくさん出てきます。
そのほかにも今日、初めて見た{/!/}shan't…(カジュアルな表現なので使うかな〜?)
まぁ慣れてゆくしかないですね…

AdvancedはSectionごとに詳しく用法が列記されているのでSummarizeも一苦労です。今日のところは、とくに面倒な感じがしたので先生の勧めにしたがって、テキストを読んでSectionごとに、その用法を使ったSentenceを作って先生にチェックしていただきましたが、意外にもUnit13のExercise13.1まで終えることができました。Intermadeiateと比べると「蝸牛のあゆみ」ですが、致し方ないかも?

自分で選んでお願いしておきながら、思わずテキストの難しさに頭にきてちゅっと八つ当たり的?質問でしたが、メイン③先生はふわっと受け止めてくださり、途中から申し訳なく思いました。メイン③先生ってエレガントで落ち着いた話し方をされる先生、かつレッスンの準備を相当にして下さるので(なんと、レッスンの準備のためにご自分でテキストを購入してくださったとか{/揺れるハート/})、最近はもっぱらこの先生で受講しています。というよりもAdvancedに限っていえば、この先生とManeger先生以外に教えられる先生がいないかも??とさえ感じています。テキストの内容は詳細かつ多岐にわたり、お一人の先生にばかり、ご負担をおかけして申し訳ないのですけれども…

{/ダイヤ/}本日の記録
Native Lesson@Buddy School 1hr
iTalk Advanced Grammar in Use 1hr15min
Total 2hr 15min

by Hannah



【2011/11/21 23:43】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
今日はお天気が悪いせいか、今ひとつ気分がどんよりしてしまっていかんなぁ〜と思いつつ、Buddyで見つけたNative先生とオンラインレッスンを午前中に60min、午後にiTalkで75minを受講しました。

実はこのレッスンの前に少し先生とはやりとりがあって…
先週分のレッスン代がPaypalのシステム上、決済できず{/まいった/}慌てて日曜日に近くのセブンATMにゆき確かめたのですが、残高はあり…ということで、何度も確かめてそして昨日、無事に決済ができました。先生から「まだ振り込まれていないのですが」というSMSがあったので、お詫びのメッセージとともに次回分まで振り込んだことをSMSで伝えて、おじぎをしているアイコンをつかったのですが、これが先生をuncomfotableにしてしまったらしく…“It's Cultural Challenge”との返信があり{/汗/}ちょっと気まずいスタート{/汗/}{/汗/}{/汗/}
先生によってスタイルはいろいろなのでしょうが、こうした受講生も先生を選ぶ権利があるけれども、先生も受講生を選ぶ権利があるというBuddyのシステムは、一般のオンラインスクールと少し違うところだと思います。普通のオンラインスクールだと受講生の側だけに選ぶ権利があるって、たまに先生はかわいそうかも?と思ったりしますから。まぁそれでも個性的な先生がそろっている?iTalkだと先生によっては「私は苦手」「教えたことがない」とGrammarのレッスンを断られた経験がありますが、それはそれで正直かな?と思ったり。

そんなこともあったので、レッスンの始まりは上記の話でしたが、先生によるとPaypalではシステムの問題でそうしたことが結構あるのだそうです{/NG/}私はこのところ参考書やテキストさがしでもオンライン決済していますので、いつの間に限度額をこえるほどお金をつかってしまったのか{/衝撃/}なんて焦りましたが{/汗/}{/汗/}{/汗/}あと、日本人は思ってもいないのに“Sorry”というのは…というのが先生のご意見。Sorryは本当に相手に対して具体的になにか(害となるような)悪いことをしてしまったときにSorry for...で使いなさいとのこと。まぁもっともといえば、もっともなのですが、ついつい言ってしまうんですよね、間違えた時など。特にSorryを言っても訴訟になったりしない国にばかり行っているということもありますが(^^ゞ
この先生、おじぎのアイコンも好きではないとのことにて、やはりこのへんのCaltural gapというのはあるなぁ〜と、今日は強く感じました。

まぁ言語化してしまったあとは、いつも通りの雰囲気に戻ってレッスン。
今日は、先日の宿題になっていた100-200wordのEsseyを送信して、その間違いや不適切な表現を指摘していただきながらのレッスンでした。書くということは会話よりもより正確な文章構成がもとめられるので勉強になるなぁと思います。このところTenceを意識してできるだけバラエティに富んだ表現をしようとして書いているので、そのへんは褒められました。が{/!!/}そちらのほうに集中した結果、Articalが落ちていると指摘されること多数。あと三人称単数の-sもあちこち落ちていました{/NG/}こちらを立てればあちらが立たず…ってどうしたものでしょう???

この先生は楽しくテンポ良くレッスンを進めてくださる先生で、Jokeも連発=「楽しくなくっちゃレッスンじゃない{/!/}」という感じなのですが、最近、この楽しくてExitingなレッスンとOxford先生の落ち着いたレッスン、その中間くらいのiTalkメイン③先生という組み合わせのなかで、段々と「楽しくてExitingなレッスン」に付き合うのが負担になってきている感じです。もともと自己評価が低いほうですから、褒められることとか羨まれるという状況や感情に不慣れということもあり、まぁそれでもDMEの単調さや、レッスンの負担感を軽減するには褒め言葉も大事かな〜と思ったりする一方で最近はあまり本人がそうも思っていないにもかかわらず、先生の方がExcitingだったり、大げさに褒められたり…って負担だなぁ〜と感じ始めています。このへん若干、アメリカンカルチャーとブリティッシュカルチャーの違いもあるかと思うのですが。
私が知っているイギリス人=感情をあまり表に出さず、いつも冷静沈着で紳士的、かつ慇懃&ときに沈うつという一方で、アメリカ人=フレンドリーでオープンで何事も大げさ、かついつもExciteしている…って偏見があるため???この2つが適度にミックスされているNZ人が個人的には程よい感じなのですけれど。

オンラインレッスンは楽しくなくっちゃ〜というのは分かるのですが、「子どもではないのだから…」と思うのは私だけ?かといってあまり厳しくされすぎるとついて行けないので{/汗/}{/汗/}このへんのほどよさっていうのが、難しいなぁと自分ながら。
どうもOxford先生のレッスン以来、このレッスン中のバランスというかトーンというかをうまく協調させるのが難しくなってきています。多分いまのところの私は、非常に愛想のわるい、ノリの悪い受講生かも??なんて思うのですが。

今日は初歩的なミスもさることながら、先生からもアカデミックライティングだとその表現は使わない、こっちのほうが良い、といった指摘もあり、この1年ちょっとで英語をならうというレベルをどうやら超えてしまったらしいという自覚がやっと芽生えました。でも実はこのレベルからの脱出が一番難しいとも思いはじめています。つまりブログのサブタイトル通り、英語を話せる→正確かつ綺麗な英語で***ができるというレベル{/目/}

先は長そうですが、最近はOxford先生のレッスンが楽しみになってきています。英語を習うのではなく、それで何かを習いながら、間違いを直していただく形。無理に先生のテンションに合わせなくても良いですし…
実際のところは、Articalのような初歩的な間違いが多発しているのですケド(^^ゞ結局のところ、自分が好きな分野でアカデミックな議論がしたいのかも?オンラインレッスンと苦闘すること1年2ヶ月弱とはいえ、今では英語+αがないと物足りない感じにはなってきています。

by Hannah

【2011/11/21 23:01】 | English@Buddy School
|
今年も残すところあと1ヶ月ちょっとなのですね〜

今日、休英日ということで、昼から再び買い物へでかけました。
街は既にクリスマスモードなので、ちょっと気が早いかな〜と思いつつブログのテンプレートをクリスマスに変えてみました。

ちょっとしおれたポインセチアの中鉢が近所のスーパーの105円コーナーに置かれていたので、かわいそうになってしまって思わず購入。なんとか元気にしてクリスマスを迎えたいです。ポインセチアも私も(^_^メ)

そうそう今日、たまたま横浜国際女子マラソン?とハチ合わせしたので、ちょっとだけ通りすがりに観戦させてもらいました。多分先頭グループだったと思いますが、速い速い{/ダッシュ/}馬の蹄のような音を残して走ってゆきました。
それにしても、交通規制があって市バスも途中でUターン{/バス/}当然、横断歩道も規制があってマラソンの合間をぬって渡らないとダメ…TV露出が多かった革新市長からこうした催しが増えた気がするのですが、地元民にとっては正直、けっこう迷惑{/!?/}大桟橋も世界一高い係留代で外国航路の船が長くとまらなくなってしまったから仕方ないのかもしれませんが…それにしてもあの開港150周年の巨大なクモの化け物?のレンタル料がウン億円って聞かされると市民としては{/まいった/}今日のドライバーさんによると最後は券が売れなくて、タダで配ったけど外から見えるからくる人は予想した以上に少なかったとか{/NG/}
それだったら、立派な桟橋をつくるよりも係留料をディスカウントして、沢山外航船にきてもらったほうが良いと思うのは私だけ?船が泊まっていない桟橋で賑わっているのは観光客&カップル。昔は泊まれなくて沖に停泊して、艀でお客さんを運んでいたと聞いているのに…おかげで地場産業である港湾関係の仕事も今や壊滅状態で残っているのはほんの僅かというさみし〜い現状。

それにしても日が沈むのがはやいですね…結局、今日もお掃除できず{/汗/}Ayaさんが仕事から帰ってくるのをボケーっとまっています。

by Hannah


【2011/11/20 18:04】 | 横浜ローカルライフ
|
昨日の雨風は丘の上の我が家では台風並みに感じられました。二人して「すごいね」なんていって過ごしましたけれど、こういう時は一人でないって心強いかぎり。
ちょこっと暗雲たれこめた時期もあったのですが、いまや二人とも二人いて当然の生活に慣れてしまって、お互い一年前までシングルリビングだったことが太古の昔のように感じており、その当時ふりかえってお互いに「信じられな〜い」なんて言っています{/嬉しい/}
昨日はちょっと意地悪してみたくなり「貴女、冬のボーナスもらったら出てゆくっていっていなかった?」なんていじってみたのですが、「だって面倒くさいし〜♫」と宣われました。まぁ嫁ぐか?(これは近々の合コンに期待するしかない?{/嬉しい/})、志をはたして〜♫故郷へUターンするか?…いつかはシェアリビングが終わって見送る日がくるのだろうとは覚悟していますが(このブログもAyaさんとシェアするようになってはじめたのは、実はこうしたちょっと変わった暮らしの記録もかねてなのですけど)、今のところはほどよく心地よく続いております{/嬉しい/}

最近iTalkでのレッスンは先生のお休みにあわせてお休みするようにしているので(というか、Advancedを教えられる先生が少ないので休むしかないのが現状…)今日はJacky先生とDMEレッスンを3コマ予定していて、朝から大急ぎで買い物にでかけ、レッスン時間に間に合わせるべくタクシー帰宅。数分遅れてログインしたところ、オフィスからコールがあり、先生の体調不良で今日・明日ともにお休みとのこと{/衝撃/}他の先生での受講を提案されましたけれど、もとより他の先生でする気にはならず{/がっかり/}

レッスンの有効期限が今月末で終わることを逆算して予約してきたのですが、これで期限内消化の目論見は潰えて、0になりました。
まぁこのところ、システマティックなDMEに飽きてきているので、仕方ないかなぁ〜とは思いますが…

今月末で一応休止って、なんだかちょっと寂しかったりもします。Jacky先生とのレッスンは楽しかったですし、特にGrammarのレッスンはものすごくよかったです。ただDMEと同じ費用でするのはちょっと高すぎな感じ。
まぁDMEもStage9までは終わりましたし、vocabularyやphrasal verbを増やすだけならば、もう少し効率的な方法があるとも思えてきていますし…
もとより、あちこちジプシーできるほど器用な性格ではないですし、一度決心して手を付けたことを完成できないというのは挫折感を強く感じるほうなのですが、リテンション=出来ているつもり?ということへの疑問もさることながら、レッスンへの不満よりも、前にも書いていますがスクールのポリシーや運営方針について正直(あくまでも個人的に!と強調しておきますが)納得できる範囲を超えてしまったということに尽きるのですケド。あとラインコンディションにもイライラすることが多かったかなぁ…ちなみに今日のDeniceとのコネクションは未だかつてなく良くて、こんなクリアー?って思ったくらいでした。

ということで本日は急遽、休英日となりました。せっかく着替えて支度したので、もう一度、ご近所散策でもしてきましょうか???

※追記
本日現在でベルでのレッスン履歴を確認したところ503回受講とのこと、あと6回のこっているのでトータル=509回の受講(もっとも予約したものの受講できなかったドタキャンも多々ありますが(^^ゞ)になります。509×447円=227,523円、その前のEメソッドで約100,000円位=トータル320,000円前後{/!?/}で、Stage10の中程{/まいった/}依存症だったとはいえ、安い大学院の1年分の授業料に近いくらいの恐ろし〜い金額{/!!/}まぁそれで何を得て何を失ったかなんて、時期がこないとわからないかも?ただひとつだけ言えることは、自分が不得意&わからないところが今はしっかり自分の中で把握出来ていることだと思います。わからないところがわかる…これって学習の上では重要な分水嶺かも?なんて思ったりしています。

by Hannah

【2011/11/20 11:13】 | DME Stage10
|
横浜はめずらしくどんよりとした空から、雨が降り続いています。お元気ですか?
iTalkのほうのレッスン、今週は予約を直前でキャンセルすることが多かったです。ほんと申し訳ないです。先生にも、みなさまにも…

このところ体調が今ひとつ優れないと思っていたら、木曜日の通院でどうも前から持っている持病が悪い影響を与えている可能性があるということで、来月はCT検査とのことにて、造影剤をつかうためインフォームドコンセントがあり、同意書を書いたり…なんだか今日のお天気のようにどんよりです{/バッド/}

昨日は疲れてしまって1日ダウン、今日はなんとか復活して3レッスンをメイン③先生で受講しました。先生も心配していたとのこと。Unit11で残っていたExerciseを終えて、予習ができているUnit12の左ページに少しはいったところで終わりました。

Summarizeしたあとに、例文を読む?と聞かれたので、それもちょっと気がのらず、大事なところをピンポイントで要約して、そのあと例文を自分でつくって先生にチェックしていただくという形を提案して練習してみました。このテキストって例文で説明する形が多いのですが全部読むのはなんとなく…ですが説明されている文法項目に沿った例文を自分で考えるという形は、なんだか解りにくいGrammaricalな説明を自分で使える英語にしてゆくためにとても役立つ感じです。(Advanced) Grammar in Useにこうした形で取り組めるのは、オンラインレッスンならではです。この形が良いと希望したところ、先生からもOKということでしたので、しばらくこの形ですすめてみたいとおもいます。時間切れになりそうだったのでExerciseには入らず、残りの時間でFuture Tenceを中心に、来年の予定などを時制に気を付けながら表現する練習。

Grammarについてきちんと理解できることも大事ですが、実際にActiveにそれを使いこなせることのほうがもっと重要だと思っていますので、少なくともTenceについては進度よりも、理解よりも、使いこなせる力を重視しながら進んでゆきたいと思います。でもとても年内にAdvancedは終わらなそうですね…

今日のようなお天気だと、なんとなく気持ちも沈みがちで、お掃除しなくては…と思いつつ先延ばし{/NG/}

by Hannah

【2011/11/19 14:33】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
今日は恒例の?定期通院日ですのでオンラインレッスンはお休みです。
とはいえ、このところの体調を考えて新幹線通院{/目/}なのでちょこっと時間があるということで1つだけアップ…

他にも新しいPCのレビューとか(コメント寄せて下さったかた、記事をアップしてから…と思っているのでお返事が遅れていてゴメンナサイm(_ _)m)、最近買い込んだ洋書のこととか、書こうとと思っていることがなかなか書けない{/汗/}でおります。原因は…iTalkで定額75min(毎日3コマ)コースを受講していることに他ならず{/!/}なかなか時間確保×体調維持が大変になってきていることだと思います。まぁiTalkで75minしている受講生って相当にレアのようですから、致し方ないとはいえ(多くが25minとか)。

さてさて今、苦労しているAdvanced Grammar in Useですが、このテキストが難しいことは言うまでもなく。
説明がIntermediateに比べて難しいのはもちろんですが、内容的にも様々な例外的用法が取り上げられているので、中級者以上の方がしっかり基礎を身につけていないと、かえってこんがらかってしまうという感じ←って私のことですが。私自身は複数のスクールの複数の先生からこのテキストを薦められてはじめましたが、これに取り組むにはIntermediateを終えたというだけではなく、完全に使いこなせるくらいのレベルまで習熟してからの方がよいかも?というのが個人的オススメ(≒個人的反省)です。
あと、テキスト全体の体裁として、2色刷のみでフルカラーではないですし、図解も少なく、さらに解答欄が小さく(多分、テキストに書き込むことを想定していない感じにて)使いにくい{/!!/}ことおびただしいです。ノートを使えば大丈夫なのでしょうが、どこでもさくっと取り組めるというのが重要なので、相変わらず以前の書き込みスタイルを堅持しようとしているからかもしれません。

ただ、Grammar in Use→Advanced Grammar in Useと取り組んできた結果、副次的収穫なのですが、洋書に対する敷居の高さといったものがかなり無くなりました。ブログのお仲間には多読に挑戦していらっしゃる方も多いのですが、何となく児童書からはじめるのは面倒だなぁ~と手をつけなかったにもかかわらず、いまではちょっとした参考書やBiographyくらいならばさっと手に取れる感じ(小説は相変わらず苦手ですし、あまり興味がもてないのですけれども)になりました。英語のWebページもさくっと目を通したり(もちろん、興味があるところや、読めるところだけの斜め読みとはいえ(^_^;)とにかく英語を読むことに対する躊躇や、バリアをいつの間にか感じなくなってきているこの頃です。AdvancedになってからはReferenceなどにも目を通すことが多くなってきたからか?
これは「一粒で二度美味しい」感じ、あるいは効率的にショートカットで何事もすすめなくては!と思ってきた私にとっては、常に理想である「一石二鳥」という感じです。

Advanced Grammar in Useで力がついている感じは、実際の所まだ今ひとつなのですが、これは本当に驚くべき変化でした。
特段に無理をしないで(≒努力しないで)自然と力がついた感じがありますから、少なくともIntermediateまでは自信をもってオススメできます。

今のところ、私にとってIntermediate対象のテキストやReferenceが一番取り組みやすい感じで、そこまでだとちょっと気軽にゲーム感覚で取り組めたり、読めたりしますが、その先になると難しい感じです。現在のレベル(と推定される=自分ではまだ確信がもてないレベル)よりも1段落としたところが、よいスタート地点かもしれません。Intermediateが結構面倒というのであれば、同じシリーズでEssential Grammar in Useというのもありますし、多分これだけで基本的な文法事項は押さえられるかと思います。

どちらとも独習用につくられていてCDもついているので自分で取り組めるのですが、私のように根性が無い方はオンラインレッスンでするとレッスンがペースを作ってくれるのでよいと思います。あと自分で左ページをSummarizeするのも理解を深めながらOutputの力をつけるという意味で有効かと思います。
なお、iTalkで現在取り上げられているのはブルーの表紙のBritish Englishの方ですので、iTalkのレッスンでつかうことを念頭にこれから購入を検討される方はこちらのほうがオススメ。

ただ難点がひとつ…最近Win7(64bit)に乗り換えた時代遅れ人間の私ですが、説明をよむかぎり対応していないと感じ。CDのほうの評価も高いのですが、そこまで取り組む時間が無くてまだ動作確認できていないのですケド…
このたぐいの問題ってかなりあるようでして、色々使ってみて、レビューできそうだったらあとで追記します{/汗/}
今のところ、XPマシンでつかうか?あるいは評判が今ひとつな感があるXPモードにバージョンアップして(その為にはメモリを最大の8Gに増設しないと効率悪そう→もろもろ経費がかかるため、今のところちょっと様子見中にて)使うか?という選択肢しかないのが難点かもしれません。

そうそう昨日体験させていただいたNative先生のレッスン代が気になって、他のところもさくっと見てみました。高いと言っても日本のオフラインスクールが運営するNative先生とのプライベートレッスンと比べるとおしなべてリーズナブルな感じです。ずっとAsiaベースの価格でレッスンを受け続けてきていて、完全に金銭感覚もそれになれてしまっているから高く感じるのかも?イギリス英語(それも私が知っている限りどこに出ても臆することがない、高級な英語)を習いたい方にはよいスクールだと思います。
前にも触れていますが、一口にNative Englishといっても地方や背景や出身(これはイギリス英語で特に強い傾向があるかも?)によって微妙に言い方が違いますし、昨日の先生も「British Englishといっても出身によって色んな発音があるから、Nativeでもそれを学校時代に綺麗な英語に直すし、実際、自分もそうしてきた」と仰っていました。
ただ、高級なイギリス英語とはいえ単価が他のオンラインレッスンと比べると(かなり~やや)高いです。Biginnerの方は同じスクールのバイリンガル邦人先生あるいは、もっとリーズナブルなAsiaベースで慣れてからのほうがよいかなぁ~というのが個人的印象です。日常の色々な場面でそこそこそこ言いたいことがつたえられ、目的を果たすことができる方向きのスクールかもしれません。あとあくまでもイギリス英語に特化したスクールですのでTOEICやTOEFL対策には不向きとは言わないまでも、リスニングなどでこのスクールの発音になれるとかなり戸惑うかも?などと思います。

そろそろ支度して出掛けないと…ですのでこの辺で。今日は1日がかりですので多分アップできないかと思いますm(_ _)m

by Hannah

【2011/11/17 08:48】 | English Study
|
今日お買い物から帰ってきてメールをチェックしたら、ずっと連絡がなくてGive upだったOxfordの先生からメールが入っていました。

この123英会話って普通は在英邦人バイリンガル先生からトライアルレッスンを受けるように勧められている?(といいつつ、希望の先生を指定できるという不思議なシステム)からか?何だかわかりにくい予約システムで、まぁそのバイリンガル在英邦人以外を指定したからか?よく解りません{/まいった/}そしてグループレッスンもあるようですが、それもかなり前の日程しか出ておらず…

当方のテンションはとっくに下がっていたのですが、まぁせっかくの機会、それもFreeということで、iTalkをお休みさせて頂いてスケジュールをなんとか確保しました。なにせiTalkでメインに担当して下さる先生が夜の時間帯しか開講していらっしゃらず、それもばっちりお夕食時間にかかるので、メイン③先生中心に受講し始めてから時間のやりくりは大変{/!!/}今日は事前にお夕食の下造りをすませて、さ~て予習にとりかかろうと思っていた矢先{/ダッシュ/}せめて他にもう1-2人くらい教えることができる先生がいらしてくださると助かるのですが、唯一頼りになるManeger先生も不定期にしかレッスンが行われないですし{/悲しい/}とついついこぼしたくなるのですが{/大汗/}まぁ私もAdvanced Grammar in Useにはずっと苦戦している現状ですし、仕方ないかな~と思いつつ{/NG/}

つい脱線しました、もとい{/!/}Oxford先生にもどします。
こちらから返信をしたら、即お返事があって今日OKとのことにて送られてきたSkype IDを検索して登録。SMSを送ってご挨拶。その後、予定時間が少しずれこみました(-_-)゜゜゜まぁこちらも予約をキャンセルしていたのでOKでしたが、電車の遅れやキャンセルなどあたりまえのお国柄?それともこの先生の問題?

で、内容ですが非常に面白かったです。アメリカ英語にだいぶ慣らされたとはいえ、「家訓?」のせいか?いまひとつ好きになれず…ではイギリス英語かといえば、どちらかというとNZ英語。イギリスには2-3回行っているのですが、道を警察官に訊ねるときなど、通じるかドキドキ{/衝撃/}スタンダードなアメリカンアクセントでもブリティッシュアクセントでもない、日本語訛りのあるNZ英語あるいはNZ訛りのある日本人英語?という感じになってしまっている自覚充分。ですが今日の先生の英語、ブリティッシュイングリッシュでも私に取ってはかなり聞きとりやすい発音でした。スコティッシュの先生からその前にならっていたからか?
最初から最後までフリートークでしたが、専門が近かったということもあり、話しが興味深かったです。ただ、英語の先生と思うと違うかな~という感じ。大抵私が話す方が多いのに、今日は珍しく先生の方が圧倒的に多かった感じ。まぁ色々日本人の受講生も受け持っていらっしゃるようで、受講生のレベルに合わせているとのことでしたけれども。この先生、話しが弾んで大幅に時間を延長して下さいました。事前のメッセージでも、レッスンが長引くときがあってそのときは少し待っていて下さいとのことだったので、時間に対してはアバウトかも?とも。

で、結果ですが…専門的な内容の文献を読んで話しあうというなかで間違いがあったら直していただけるという提案があったので、思わず次もお願いしてしまいました{/目/}高いから受けないはずだったのに~まぁ1週間に1回、有名な?大学の先生からTutorialを受けられるなら、それもおもしろいかなぁ~と。

※このスクール(といって良いのかどうか?解りませんが)、Native先生によるオンラインレッスンとしてはやや高いかと思います。話す機会を増やすだけだとちょっともったいないかな?という感じ。むしろ英語を使って何かを学ぶという方が効果的かもしれないという印象でした。それと今日の先生はOxford出版だから全部よいわけではなく、Some is goodとのこと。Grammar in UseとAdvanded Grammar in UseはそのSomeのなかに入るとのこと。それと、私のレベルはIntermediateではないか?といったら、各方面によって多少のばらつきが見られるが、Intermediateを超えているとの評価でした。スクールによって評価がちがうのは致し方ないとは思いますが、いつぞやの体験したスクールの評価は何だったのだろう?などとも、別に自分がAdvancedだということを強調するみたいな表現になってしまって恐れ多いのですが、今ひとつ自分のレベルに自信がもてないのが悩みなので、新しい先生を体験するたびにたしかめてしまいます(←以上、※印部分追記しました)

でもあまり複数のTutorだと時間調節も大変ですし、全体を見渡しながらすすんでゆこうと思います。

by Hannah



【2011/11/16 21:50】 | Tutorial from Oxford
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。