緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先ほどレッスンが終わりました。今日でDME@iTalkのトライアル期間が終わりです。心配していた予約のしにくさは少し混み合ったとはいえ、全く希望の先生がとれないというほどではなく…この5日間連続してDMEを担当できる先生からレッスンを受けることができました。

今日の先生はちゃんと昨日のうちに送ったメッセージを見てくださっていたようですが、開口一番「今日はとてもナーバスになってるの~」と笑顔ながら一生懸命緊張を和らげようと努力している様子。「何故?」と尋ねたら「貴方はとても厳しいし、それにGrammarは私、教えるの得意じゃないし…」と、またしても正直なお気持ちを吐露されました{/目/}。というわけで当方も即座に今日のGrammar Lessonは諦めモード{/がっかり/}
まぁ先生といえども万能ではないし、得意不得意があるのは当たり前ということも承知しているので、前半の半分以上をフリートークでつぶしつつ、この先生のリーディングレッスンってブログで拝見して凄く良いらしい…のでリーディングに変えようか?などと考えつつ、結局そうはいっても素材がすぐに見つかるわけではないので、結局、答え合わせに終始することにしてUnit101を最後まで終えて、5分休みをいれていただいて、その後、DMEのトライアルでLesson 154 page607の7割程度…
が、この先生にとってもStage10ははじめてということで、緊張もあってか?ちょっとおもしろい噛み(p607中程のcrime'sをpolice'sと読み間違い{/嬉しい/})があり、おもわず笑ってしまいました。先生は「そんなに笑わないで{/波線/}{/波線/}」と笑いながら言っていましたし、自分の間違いをそんなに笑われたら…と思うと悪かったと少し心がとがめるのですケド、そのときはテキストの単調な文章が抜群におもしろくなったので…

このことからもわかるのですが、iTalkの先生にとってDMEって結構、ストレスになっているのかな~と思ったりします。先生ともこのことについては前半のフリートークでも話したのですが、「確かに早く読まなくてはならないし大変だけど、今まで聞き逃していたミスをより集中することによってきちんととらえることができるようになった」っておっしゃる反面、このところDMEを担当する先生の休講が多いことなどをおたずねしたらやはり「DMEのレッスンだと終わると疲れる」とも。まぁやっぱり大変なのでしょうね、慣れないでしょうし…iTalkの先生方ってきまじめすぎるくらいの先生が多いので…
今日の先生によると(先生の経験では)今のところiTalkでDMEにトライしたは殆どが、DMEがはじめてという受講生ばかりのようです。
たしかに…まだ先生が慣れないですし、その分、融通や応用もききにくくて、DMEの方法論に縛られている印象さえあります。なにごともそうですが、教えはじめの頃ってついついそうなりがちなんですよね…慣れてくるとそれなりに、こうしたら良いとか、ここはこう教えても大丈夫!という勘所がつかめてくるのですケド、まだそれを掴むには時間がかかりそうな感じ。Stage9以上の方が始めようとすると、この辺に対して暖かく見守ってゆこうとする寛容な姿勢が必要かも?ただ原則に忠実ということなので、テキストに厳密にそった回答を追求されるのでしたら、それはそれでできるかとと思います。ただし英語は自己表現や自己実現の手段の一つだと思う私にはそれだと窮屈すぎる感じ。

というわけで5日間フルに試した私の結論になりますが…上のStage(自分自身ためしたわけではないのでアバウトにしか言えないのですが、印象的には自由回答が許されるようになるStage5以降、あるいは文章が長くなるStage7以降くらい以上)にいらっしゃる方がiTalkに編入してDMEをするには少し時期尚早かもしれない…というのが率直な個人的感想。

そもそも真面目で熱心な先生方とLivelyな会話が楽しいiTalkにDMEが導入されることには、私よりもまえから受講しているiTalk受講生のブログでも危惧が記されていて、その辺のぎこちなさというか、無理感についてまだ折り合いがついていない感じなのではないかと思ったりします。

ということで、私的決断は…他のスクールでのDMEをどうするか?を脇に置いて、しばらくiTalkでDMEというのは見送ろうと思いました。
やはりiTalkは自分の苦手なところや、必要としている素材をきちんと打ち合わせて、それを得意とする先生を絞り込んで、定期的に受講するというスタイルが一番あっているような気がします。

それにしても、今日の先生はReading素材でのレッスンはとても良いようです。先生によって得意不得意はあって当たり前なのですから、いつかその素晴らしいReading素材に基づくレッスンを受けてみたいと思います←我ながらいつまでも懲りない!{/嬉しい/}

とはいえ当初の進捗予定からこの間大幅に遅れていますし、そろそろGrammar in Use;Intermediate中心のレッスンが恋しくなってきました…私が不器用なのかもしれませんが、あまり脇見は良くないですね{/汗/}

今日の記録
iTalk Grammar in Use, Unit101 50min
DME Trial 25min
Total: 75min(400yen@iTalk)

by Hannah
スポンサーサイト

【2011/10/15 18:46】 | Grammar in Use @ iTalk
|
こんにちは。Ayaです(*^_^*)

今日はOFFなのでお家でのんびり過ごしています。
昨日の夜から横浜は雨、そして深夜から風も強くてなんだか台風みたいな天気。今日は起きたら蒸し暑く、おもわずクーラーつけてしまいました。
hannahさんの記事にあったように、先週半ば、仕事中に電動車いすにひかれました(笑)電動車いすってほんとーーーーーーに重たくて、一人では動かせなくて焦りました{/汗/}しかも乗っていた方が男性で、その体重もかかってきて全然動かなくて…{/汗/}運悪く右足だったため、運転も感覚があるようなないような足でアクセル踏んでたから怖かったです{/回転線/}
しばらく痛みも引いていたので大丈夫だろうと思っていた(しかもその間に10キロランニングを普通に出来ていた)ので、何となく放っておいたのですが。職場の先輩や主任、hannahさんに言ったら「すぐに病院に行きなさい」と言われ…事故から?1週間後くらいに病院へ。
近所の整形外科なんですけど。まーーーーーーものすごい混みよう!!!!おばあちゃん・おじいちゃんの集団が(-_-)そしてとても賑やか…っていうかうるさい!整形外科に限らず、地域に根ざしたクリニックや医院は、こんな風に賑やかで、みんな言いたいこと言ってるし。以前、近くの内科にかかった時は、看護師さんが爆弾発言をしていました…。あまりにも自己主張の激しい(恐らく、体は何ともないのに病院に通いまくっているような感じもあり)おじいちゃんに対して、一言。

「もうすぐ死ぬんだから、あーだこーだ言わずにさっさと帰りなさい!」 と…。

そのときは「えーーーーーーそれ言っちゃダメでしょ?」って思ったけど、整形外科のあの高齢者の自由度といい自己主張の激しさといい、なんといい、気持ち少しわかるわ(T_T)となってしまいました。
足の方は骨にも異常なく、痛み止めと湿布の処方のみ。どうせなら骨に異常あった方がかっこついたのにー(笑)大騒ぎした結果がコレって若干恥ずかし…{/汗/}


一昨日から仕事に復帰し、昨日は久しぶりに事業所へ行ったのですが、誰かからのおみやげがコレ↓

知ってますか???大阪名物らしいです!私は、北海道の本家?の方しか知らなかったのでビックリ!大阪っぽい感じがありますよね(^^)/
知らないご当地名物ってたくさんあるんですね。さっきネットで調べたら、北海道にはイカのカタチをした羊羹があることとか(函館駅で限定50個しか売ってないらしい。検索してみてください!結構リアルでした!)、愛知県の「カエルまんじゅう」とか(これは見た目がすごく可愛いです☆)知らない物がたくさん!

11月に友人と栃木に遊びに行きます!栃木の名物って何がありますかね?

By Aya{/犬/}

【2011/10/15 12:47】 | その他
|
いつも午前中のレッスンを取っているのですが、今日はDME Trial最終日ということもあって、いつもとは違う先生→午後から夕方にかけてのレッスンスケジュール+昨日、殆ど進まなかった+Ayaさんもお休み(一昨日宿直→昨日日勤だったのですが、仕事が大変で夜遅く帰宅=今現在、まだ就寝中)=珍しく時間があってゆったりしています。

昨晩は過ごしやすい夜で窓を開けて寝たら、夜半から風が強くなってきた模様…家が壊れて大規模な修繕が必要になって「あ~でもお金がない!」と狼狽えている悪夢で、早朝に目がさめ…起きてみたら、前回台風で倒れて起こした庭木がまた傾いてきていました。これは本気で切って貰わないとダメそうです。後片付け大変そうですが{/悲しい/}築うん十年の我が家…あるときふと思い立って現状のままリフォームしたらどれくらいになるか?を知り合いの建築士さんに見積もって頂いたのですが、1000万円台後半(というか2000万円台に近い)…って{/衝撃/}建て直した方がずっと安く済みそうなお値段{/!!/}とはいえ思い出のしみこんだ家(Home≠House)なのでちょぼちょぼと直しながら住み続けてゆくしかないか…と思っています。ずっと殆ど一戸建てに住んできたので、単身赴任中は憧れのマンションライフにチャレンジしたのですが…鍵だけ閉めればOK!宅配Boxもあるし管理人さんに色々頼めて便利~とは思ったものの、どうもやはり慣れなかった気がします。

人生そのものとはいわないものの、その人生の多くを託す(規定する?)ことになる住まいって、他の人からは計り知れない拘りがそれぞれあるようですね。例えば、近所にAyaさんの同級生2人がシェアしているマンション、オーナーさんがドクターということもあってオートロックで石造りのエントランスは綺麗で、天井も高くて広く、カウンターのあるダイニングキッチン{/ピカピカ/}=トレンディードラマにでてきそうなお部屋でシティーライフの実現なのですが、バルコニーをあけても隣のビルが間近なので日照は殆どなし{/衝撃/}古くて丘の上にある日当たりの良い一戸建てに住んでいる私達はあうごとに「日当たりって重要でしょ!」というと「だって~あそこにはカウンターキッチンがあるし♪」{/目/}たしかに彼女たちの物件探しに同行したとき、タイミングが悪くて不動産屋さんにろくな物件が残っておらず…最後には足でさがすことになって見つけたのがこのマンション=鍵をあけて入ったとたん、「わ~カウンターキッチン{/複数ハート/}」となでなで…していた記憶。私達から「一日、どれだけの時間、カウンターキッチンに居るわけ?」{/嬉しい/}などと詰られても、ご本人達はしごく満足なわけで…

じつはこうしたことって、対人サービス全般に言えることではないかと思います。
つまり何が言いたいかというと、人がどこを大切にしたいかというのは千差万別ということなのですケド。(いまは共同経営になっていて殆どパートナー任せの)個人オフィスを立ち上げたとき、電話の応対をどうするか?に苦慮して結局、何社か検討した結果、女性経営者が運営するテレフォンセクレタリーにお願いすることにしたのですが、ここは応対する方の年齢層が比較的高く、よく言えば落ち着いている&アットホーム、悪く言えば、ちょっと素人くささがあって主婦的?同業の先生から「普通の人が応対しているみたいだから、もっとプロフェッショナルなところにしたほうが良いですよ」と忠告さえ受けたくらいです。でも、業種と私達が目指しているオフィスの形を考えると、この普通のちょっと親切で丁寧なおばさんっぽさ=これが一番ほどよい対応なわけで、若い声でバシッと「ハイ!*****で御座います!」な~んてパキパキ対応されたら多分、クライアントは引いてしまうだろう…と思っています。まぁ地域密着&ローカルなご当地的事業形態を目指していることもあり…

あ~またしても長文になっております、RSSなどで購読して下さっている方、ゴメンナサイm(_ _)m…
ということで話しは私的にはすごく満足(もちろん昨日かいたような多少のハズレはあるとはいえ)&ブログでも概ね評判がよいらしいiTalkになるのですが、このスクールが万人にとって良いなどとは私も思ってはいません。もちろん周囲には勧めますけど…
たまたま暇だったのでiTalkオーナーさんのブログ(←これってスクールHPのわかりにくいところにひっそりありますのでリンクをはっておきます)を拝見していたら、2nd Anniversary の写真で“A Journey as a Family・Better & Bigger”という文字を見つけました。古き良き&懐かしき今は無き日本企業っぽさがこのスクールの特色を言い表しているような?色々なコールセンターが集まるフィリピンですが、アメリカ系企業だと競争が激しいですから、こうした日本的経営ってかなりユニークなのではないかと思います。

で「iTalkに向く人、向かない人」という当初のタイトルに戻るわけですが、そもそもオーナーさんのブログのタイトルからして?と思われた方、いらっしゃるはず…このスクールで大丈夫か?とか(iTalkさま、見ていらしたらゴメンナサイm(_ _)m)

実は先生の紹介文の翻訳が怪しかったり、スクールからの掲示でもミスタイプがあったりというのは、意外と多かったりします(^^;)(まぁこうしたこと、実はNativeでもよくあることなのですが)。個人的に思うのですが、こうしたことからもパーフェクトで、エクセレントで、プロフェッショナルなスクールが良い!という方はiTalkだと不満かもしれません。ただしこぢんまりしていて、先生達がギスギスしていなくて(たまに素人っぽかったり、慌てふためいたり=基本的に正直で真面目な先生方なのですが)、元気で仲も良さそう{/音符/}(いっしょに旅行にいったりしていますし)というのが、このスクールの特色です。あと1人1人に合わせて先生やスクールがオーダーメイドのカリキュラムを考えてくれるのも良いところだと思います。

長くなってしまったのでiTalkに向く人、向かない人を私なりに考察すると…

{/ハート/}向く方
・1人1人に合わせたレッスンをして欲しい方(事前相談要?)
・自分の長所や弱点をすでに把握していて、自分がなにをして欲しいのかを理解している方
・自分の必要性(緊急性?)やニーズに合わせたレッスンをして欲しい方(この場合、事前にスクールとコンタクトして打ち合わせしたり、資料を送ったりしておいたほうがベター?)
・あまりきちきちと考えないで、鷹揚に構えられる方(=たまにあるスクールや先生のミスを温かい目で見て笑って許せるという意味。ただし予約システムなどにはミスがないのでご安心のほど…HPのアップなども遅いですし、この辺手作り感に満ちているかも?)。
・自分がとりくみたい素材をお持ちの方(はっきり言って、iTalkのオリジナル教材についてはあまり充実しているとは言い難い(特に上級むけ!)ので…2011/10/15現在)
・初上級~中上級くらいの英語力の方(上級を受け持てる先生の数がいまのところまだ少ない+オリジナルなレッスンをするためには英語で現地とやりとり出来た方が色々と便利です)。
・美しい先生とレッスンしたい方(私が体験したスクールでは一番、きれいどころ揃い)
・綺麗な発音をするフィリピンの先生から習いたい方
・間違いをきちんとタイプで直して欲しい方(先生がたのタイプスキルはおおむね凄いです。なかにはこちらのいうことを速記のように即座にタイプして直すことのできる先生もいらっしゃいます)

{/黒ハート/}向かない方
・しっかりと系統立ったカリキュラムが欲しい方(ただしDMEを受講すれば大丈夫かとは思いますが)
・プロフェッショナリティーをどのように定義するかという問題があるかとはおもいますが、あまりプロ意識をもとめると違うような…もちろん先生方はプロとして一生懸命しなくてはいけないという意識は高いですし、時間以外でも予習したりしてくださいますけど、いわゆる隙がないプロフェッショナリティーを期待すると少し違うかと思います。もちろんレッスン中に欠伸をしたり退屈そうにしたりはしません。このへんは他のスクールよりも先生に前向きささえ感じます。でもiTalkの先生方って真面目で正直な先生が多いため苦手なことは苦手と言ったりしてしまうので…
・スクールにパーフェクトなサポートを求めようと思う方(オフィスはそれ専業にしているわけではなく、また対応力にも限界があり?むしろ自分で先生や現地と交渉するほうが早いこともあるかと思います)。
・何事もきちんとしていないと気が済まないかた
・突然の変更や連絡のおそさにイライラする方

と長くなりましたがざっと思いつくことをあげました。また思い出したら書き足します。

最近、先生の休講連絡が多い気がします。やはりDMEが始まって先生方の消耗が激しいのでしょうか?

なんかまとまりがないですが…長文をお詫びしつつ、この辺で{/パー/}

by Hannah







【2011/10/15 11:36】 | English Study
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。