緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は午前中3コマ連続のつもりだったのですが、月末で銀行などにゆく用事を思い出したので、午前中に1コマ、帰宅後午後に2コマという変則的レッスンになりました。ただし、いずれも同じ先生ですが、今日はUnit61で昨日やり残した所&Unit62最後までしか進みませんでした。

特にUnit61で出てきた、
be/get used to (doing) somthing
という表現のイメージがなかなか掴めず、先生に何度も聞いてしまいました。
I am used to driving to the left =>(Present:Because I've lived in UK a long time)
I used to drive to the left =>(Past-habitual:I'm living USA now)

この先生とはiTalkでGrammar in Useを始めて比較的早くからのお付き合いで、ソフトで癒し系の声だけではなく、チャットボックスを使って即時的に苦手なところの補習問題を出題して下さるのが、とても好きなところ。あと、私が体調によってあまりレッスンに取り組めないときも、さり気なく元気になりそうな話題をつなげてくださって、やる気を引き出してくださるのも凄いなぁ~と思っています。

今日も先生は中休みの間に、問題を用意して下さっていたようで、さくっとコピーして、苦手なget used toについての問題を出して下さいました。掴めたような掴めなかったような感じでレッスンが終わって、先生からのコメントを見たら、やっとそれなりに分かってきたような{/汗/}

今日、たまたまログインしたままPCに向かっていたので分かったのですが、この先生のログインってレッスン開始時間1時間前{/目/}
なんで、そんなに早くスクールに来ているの?といったら、レッスンの準備をするためとのこと。熱心だなぁ~と思いました。

3コマGrammarって会話に比べると先生の負担が大きいのでは?とか、連続して3コマ取る方がよいのか、分けた方が良いのか?ということを伺ってみたのですけれど、前者についてはたしかに先生もそうだと言っていらっしゃいました。あとレッスンの取り方は、貴方が一番confortableな形でいいわよ!と言われたのですけれど、たまたま昨日、分けてとってみて、その方が集中力も持続しやすいですし、またまとめて予習を進める必要がないので良いのではないかと思い始めています。先生とも話したのですが間に休憩があると復習ができる感じがあって、あっ、これまだ掴めていない…とか、あとで訊くこともできますし…まだまだ試行錯誤が続きそうですけれど、とりあえずこれからは2+1コマという形でレッスンを予約してみようかな~と思っています。

当初予定より少し遅れ気味ではありますけれど、今日でEnglish Grammar in Use, Intermediateの約半分が終わりました。毎日3コマとるってなかなか大変ですが、自分だとここまで進まずに挫折した自信が100%ありますので、先生方に感謝m(_ _)mこのテキストにはもちろん解答も付録CDも付いているのですが、問題の答えが一つではないところもあるので、私にはやはり先生が必要なようです。あと、問題はそれがどれだけ身についてゆくか?でしょうね…ただ、この本のレビューで読んでいるだけで役に立つ…というものを拝見して「とてもそんな心境にはなれない!」と思っていたのですが、最近はそう思うようになってきています。 でもそれは、Exercisesをしたからこそ思えることかもしれません…

基本、覚えるよりも慣れるほうが好きなタイプですので、あまり神経質になってもしかたないですし、またそうならないようにしようと思っています。まぁ同じような内容はAdvancedでも出てくるはずですから…

追記:
このブログを書き終えてふと見たら、明日からDMEを担当する先生のお一人のスケジュール空いていたので、疲れているのにもかかわらずFree Lesson 15minをGet!貧乏性なのかもしれませんケド{/汗/}
今日はGrammarをすすめる元気が残っていなかったので、DMEの進め方について色々質問してみました。今Stage10ということ&加えて私が自由回答を好むので、Stage5以上は自由回答が許されるのかどうか?とか、1回の質問読み上げでもOKなのかどうか?とか…結論的にはDME自体のやり方があるので、あまり変わりはないみたいな感じです。先生のご意見ではGrammarが苦手だと、やはりGrammarは別に強化したほうがよいとのこと。今はGrammarだけでかなりの時間を使っているので、しばらくそれに集中してそのあとで考えてもよいのかな?とか…色々考えます。あと今日の先生ってMumってすごく礼儀正しい呼びかけで、お風呂上がりでホームウエアーの私は恐縮してしまいました{/まいった/}いずれにしてもすでにDMEを受講した経験がある受講生は、11日~15日しか受けられないので、トライアルが受けられるかどうか?ということが目下の課題ですね…

本日の学習記録を書き忘れました{/汗/}
75min+Free15min=Total90minで400円也

by Hannah

スポンサーサイト

【2011/09/30 17:49】 | Grammar in Use @ iTalk
|
先ほどiTalkで本日最後の25minが終わりました。

今日は本当に忙しかった…なにしろiTalkとDMEが入れ子状態{/ダッシュ/}
午前中比較的早い時間にFree15minのレッスンをiTalkで取り、Unit55終了
その後引き続き午前中で50minのレギュラーレッスンをiTalkで取り、Unit56-58終了
(本当はその後、少しの休憩で最近取り始めた先生で続けるつもりで予約していたのですが、先生の風邪がひどくてつらそうだったので、急遽、前にレッスンを受けたことがある先生の夕方時間帯に予約を変更し…)
で、比較的余裕を持ってイングリッシュベルでDMEを午後の時間帯に2コマ受講してLesson157が終了
夕方に変更したiTalkでの1コマ分を前に受講したことがある先生でレッスンしていただいて、Unit60,Exercise:61.3の9まで終了
最後のレッスンでは私が予習しわすれていたところがあって中途半端な終わり方になってしまいました。本当はこういう時のためにFree15minを残しておいた方がよいなぁと思いますが、夜の時間は結構混み合っているので、先生を選んでいると取れないことも少なくてどうしても取れるのは昼間の時間帯ということが多いです。

今日、朝の先生に伺ったのですが、通常iTalkでGrammar in Useをするときは(その先生は?それともいつも?)受講生がそのUnitで習うポイントが書いてあるところを読んで、解らないことなどを質問してExerciseに入るらしいです。
本当は私がSammarizeしたほうが力がつくと思うのですが、このところのUnitはPhreseal Verbが多く、ひたすらVerb+ing/toが続いていて、特にまとめなくても良いかな~という感じで進んでいます。
ベルでJacky先生とひたすらgerundとinfinitiveの使い分けを習ったのですが、このGrammar in Useでは、Verbと一緒によく出てくる組み合わせで覚えてしえておうという形…覚える必要があるのかどうか?(覚えられる自信も気力ももとより0ですが)を先生に伺ったら、覚えないでも慣れてゆけばよいとのこと…ちょっと安心しました。Nativeでもそのときの感じで判断し使い分けているらしいです。

ですので本日、難しいなぁとか引っかかるなぁとか思ったところのまとめ↓
{/ダイヤ/}Unit56
◇remember
*You remember doing something AFTER you have done it.
=I know I looked the door. I clearly remember looking it.
*You remember to do something BEFORE you do it.
=I remembered to look the door, but I forgot to shut the window.
◇regret
*I regret doing something=I DID it and NOW I'm sorry about it.
*I regret to say/to tell/to inform you=I'm sorry that I have to say .
{/ダイヤ/}Unit57
◇need to &need -ing
*I need to do something.
=It's necesary for me to do it.
*Someting needs doing.←sometime passive meaning
=It needs to be done.
{/ダイヤ/}Unit58
◇Like/love/hate
*Talk about repeated actions→-ing/to
BUT Talk about a stuation that already exist(or existed)→-ing
*I like to do & I like doing
I like doing sth=I do it and I enjoy it.→I like cleaning the kitchen(I enjoy it).
It's not my favourite job, but I like to clean the kitchin as often as possible.
{/ダイヤ/}Unit59
*Would rather (do)=would prefer (to do)
We use would rather+infinitive(without to)
Negative Form: I'd rather NOT~
{/ダイヤ/}Unit61
◇Be/get used to sth.
*I'm used to sth=it is not new or strange for me.
*I am used to sth, to is preposition, NOT a part of infinitive.
Frank is used to living alone
*Do not confuse I am used to doing and I used to do!
I'm used (to doing) sth.=it's NOT strange or new for me.
I used to do sth.=I did it regularly in the past but no longer do it.

もっと他にも細かいところであった気がするのですが、とりあえずこのくらいにします。
覚える必要はないとのことですが、突然穴埋めなんかがでたらとても無理そうです。朝のFree Lesson 15minの先生からはAdvencedの方を勧められましたけど…いったい、いつになったら自然にできるようになるのでしょう{/がっかり/}

追記:学習記録を書き忘れました{/汗/}
朝~昼
①iTalk Free Lesson     15min
②iTalk Regular Lesson  50min
③Bell DME Lesson     50min
夕方
④iTalk Regular Lesson  25min
Today's total:140min=400+490×2(DME20回で購入している為)=¥1380

さすがにちょっと疲れ気味です(笑)
Have a nice sleep♪
by Hannah

【2011/09/29 19:17】 | Grammar in Use @ iTalk
|
昨日書き忘れましたが、我が家の愛犬「はんな{/犬/}」無事に退院してきました。治療費=4万円台後半でした{/衝撃/}夢見ていた秋の海外旅行はかるくふっとんだ金額ですけれど、とにかく元気になって戻ってきた「はんな{/犬/}」をみて、一安心{/晴れ/}このところ、私の眠りがわるくてやたら夢を見ることをAyaさんに言ったら、Ayaさんも同じとのこと…が「はんな{/犬/}」が戻ってきて、2人と2匹でささやかな退院祝いをしたら、もうそのときから眠く、昨晩は2人とも熟睡{/ZZZ2/}どうも、「はんな{/犬/}」の入院騒ぎが原因だったようです。やれやれ…

今日は朝~iTalkでFree15minをうけ、その後一昨日の先生から飛び飛びに2コマのレッスンを受けて、その後、先生の風邪がひどそうなので、遠慮して予約を夜の先生に変更したので、その中休みの間に、イングリッシュベルのAnnabelle先生で久々にDMEのレッスンを2コマ連続で受けました。

ずいぶん長く休んでいたような感じがしていたのですが、前回の記事は9月の16日…半月にも満たない期間です。とはいえ、本当に久しぶりだったのでどうなることやら…と思いました。予習はお昼を食べながら1回MP3を聴き、お昼を終えてから1回テキストを見ながらMP3と同時に音読しただけです。ところが記憶があいまいだったことと、久しぶりのDMEなのでそれほど進まないだろうとタカをくくっていたのが災いして、結果的にすすんだのは殆どなにもしていないところでした(^^;)

Annabelle先生は、基本的にSupervisorなのでそれほどレッスン開講時間がないですし、ファンも多いのでなかなか取れない先生なので、予約は相当大変だと思います。まぁ今回はたまたま私が見たときにキャンセルが入っていたから…そんなこともあり、まぁ体調も悪くなかったので、そのまま受講。
最近、ベルの回線状態が改善されたという記事をどこかで拝見したので、ちょっと期待もありました。先生も回線状態をレッスンのはじめにきいてくださったり、「もし状態がわるかったらVideoをOffしてね~」と回線状態については気にしてくださっているご様子。実際に音声も悪くなかったですけど、画像についてはしばしば遅延があり、また先方のカメラの問題か?画像も鮮明でないと思いました。まぁStageがあがってくると、Videoがいらないですし、後ろを横切る人などがかえって気になったりするので、なければないで良いような気もしますケド…
しばらくレッスンをとっていなかったので、なんて言われるか気にしていたのですが、特になにも言われずに、普通にレッスンが始まって、レビューもさくさくと終わり、あっという間にLesson157に突入してしまいました{/汗/}先に書いたとおり、記憶が曖昧だったこともあって、全く予習なしでの突入{/汗/}{/汗/}{/汗/}
でもこのLesson157ってそれほど難しいものは出てこなかったような気がします。文章も長くないですし…
最初にUseful Abbreviationsということで
asap - as soon as possible
IMHO - in my humble opinion
attn - for the attention of
BTW - by the way
といったものが出てくるのですが、このなかで私が実際に使った(あるいは使われた)ことがあるのはasapくらい…それもa.s.a.p.っていう感じで外国人の先生が仕事を手伝ってほしいというリクエストメモのなかで使っていた記憶。BTWなんて略すよりも、by the wayと書いた方が早い気がしますし、本当にそんなに使うのかな~と思って先生に伺ったところ、使わないとのこと。確かに{/!/}使わないですよね~
それよりもチャットなどで使われる
U=youとか、4=forとか、2=to
とかのほうが、昨今ずっと大事な気がするのは私だけでしょうか?最初に携帯メッセージで、2Uってみたときは???と思った経験から(^^;)

あと、このLesson157って日本人には向かない質問が多いです。たとえば…
How much do you have to pay to drive on the motorway between Rome and Vienna?とか…これ、答えられる受講生は多分ヨーロッパ在住かと?
なので、I have no idieaと答えてから、Tokyo-Osakaなら答えられるケドと言ったら、素早くAnnabelle先生、変えてくださいました。それならばアバウトでもなんとなく解るので答えました。
あと困ったのは他にもあって…
What's the speed limit on a motorway in your country?
→首都圏に住んでいたら、首都高なんて50㎞制限のところだってありますし…
In which season of the year do cafes usually open on pavements?
→大抵は、いつも開いていません?避暑地や海辺以外?
Will your country ever be able to overtake Japan in car production?
→これも先生は質問文を素早く変えてくださいましたケド(^_^;)ちなみに、フィリピンではやはり日本車が人気だとのこと。Hundaiなんかもあるのでは?と言ったのですが、Annabelle先生はHundaiをご存じではなかったみたい…Volkswagenもアメリカ車と思われていたみたいなので、あまり車に詳しくないのかも?まぁフィリピンだったらお金持ちは運転手つきで乗っているでしょうし…Annabelle先生によれば、車が一般道で抜きあいしているのはよくあることらしく、道も狭くて危険だとのこと。

ちょっと横道にそれましたが、つっこみどころ満載のLesson157だったので、時々雑談も交えつつ和気藹々ですすんだのですが…
レッスン中に「あれ?」っと思ったのは、久しぶりで予習もしていないのにDMEが楽に感じられるようになっていたこと{/!!/}あとこれは今日iTalkでレッスンをとった先生がとりわけそうだからかもしれませんが、先生の質問が意外にゆっくりに聞こえたこと{/!!/}

さくさく進んで最後のReading Lessonまで終わって少し時間が残っていたので、ちょこっとフリートーク。Annabelle先生はきちんと覚えてくださっていて?あるいは、私のProfileに書いてあって?私の場合は質問文を1回読むだけにしてくださっていたのですが、なぜ?ときかれたので、「基本的に先生が質問されるのと同時に答えを英語で考えているので、その途中で質問を繰り返されると、単語やセンテンスが頭からぬけおちたり、こんがらかったりしないのでその方がよいから」と言ったら先生も2回読むのは先生たちが大変だから嬉しいと言ってくださいました。そこで調子に乗って(^^;)Advancedになったら、2回読まなくてもいいのでは?と言ったのですが、先生曰く、2回読まないと理解できない受講生もいるので…とのこと。皆様はどうなのでしょうか?私はかえって2回読まれると言いたいことが頭から抜けてしまうのですケド…基本的に7-8割程度の質問文が最初の1回で理解できる方ならば、1回でお願いしますとリクエストして、どうしても掴めなかった質問だけ繰り返していただくようにした方が、より効率的かつ実践的な気がしたりします。

まぁ久しぶりにDMEをしてみると、それはそれでおもしろかったりしますね!
iTalkでGrammarをしていて、ちょっと飽きてきている時だったこともあって、そしてGrammarがある程度、頭に入ってくると質問をリテンションしているだけではなく、構文もすっと頭になじむみたいで良かったです。改めてGrammarも大事だなぁと思いました。
まだレッスン回数が残っているので早速、翌週もAnnabelle先生で予約しました。ところでこのところJacky先生の予定がないみたいです。Annabelle先生もあまり見ていないとのこと…お忙しいのでしょうか???まさか私が他のスクールで浮気?をしている間にお辞めにならないですよね…ちょっと心配です。

そうそう、久しぶりにベルのHPを見たら、Facebookができていて、その中に先生方の福利厚生としてネイルアートを取り入れたことがかかれていました。いつも先生方お疲れみたいですから、こういうサービスって何となくホッとして、良かったなぁ~と思いました。

さて、これから約1時間後には再びiTalkで最後のレッスンです。そちらについては終わったらまたアップする予定ですが、今日はFree15min+50min(+DME50min@ベル)+25minという過激なスケジュールです。Jacky先生との集中をのぞけば、これまでの最高新記録だと思います。そろそろ予習をしなくてはならないのでまた後ほど…

by Hannah


AUTHOR: GENGEN
EMAIL:
URL: http://blogs.yahoo.co.jp/genmak2/MYBLOG/yblog.html
IP: 58.90.232.152
DATE: 10/02/2011 08:32:52
こんにちは。アメリカ人はそもそも接続語を使う人が少ないような気がします。日本人やNativeじゃない人がよく使うような。。というのはともかく、ASAPはお願いするときに使っちゃったりします。BTWは時々ビジネス英語(メール)で出てきますね。EOBと書かれ固まった記憶がありますが、実はよく出てきたりします。では。


追記を閉じる▲

【2011/09/29 16:39】 | DME Stage10
|
今日は久しぶりにメインの先生が戻っていらして、3コマ続けて75minのレッスンを受け、Grammar in Use, Unit49-54まで一気に進みました。何かの事情がないかぎり、また体力の許す限り、毎日3コマそれもできるだけ連続で75minで受講(とはいえ、途中で1度だけ5-10minの休憩をはさんで)していますが、それでも1日で6Unit進んだのは初めての経験です。簡単なところだから、進むだろうなぁ~と思って少し先まで予習を済ませておいたのですけれども、それでも最後のUnit54は終えられていないExcersesが2Sectionあって、そこで終えようと思ったのですが、先生にできるから!と励まされて、予習なし&口頭での回答で最後まで終わらせていただきました{/汗/}この調子ならば、多分、今週中には確実にテキストの半分が終わるのではないかと思います。
その分、予習はけっこう大変で、毎日2時間前後は机に向かっているかと思います。目標は今のIntermediateを終わらせることではなく、その先のAdvancedを終わらせることですので、まだまだ先は長そうですけれども…

ところでこのごろ、困っていることが2つ…
1つ目は最近Grammar in Useの内容に少し飽きがきはじめていること。
このEnglish Grammar in Useについては定評が高く、色々なESLで広く使われている教科書なのですが、日本で習う文法の順序はもちろん、DMEで出てくるGrammarの順序ともまったく構成が違います。
たとえば…Can/Could/Wouldを習ってすぐのUnit38でConditionalが少し出現し、Unit39でDMEではかなり後の方のStageでてきたと記憶しているI wish I had~が早くも登場{/目/}、そしてUnit42-44までがPassiveで、Unit47-48がReported speech、まぁそこまでは順当なのかもしれませんが、その後Unit49-50がQuestionの作り方、でさらにUnit52でQuestion tagsが出てくるという具合…そしてその後Unit53以降は色々な形のVerb+ing型が出てきて…という感じ。もちろんgerundとinfiniteについては私も知識がクリアーではなく何となく使い分けているため、しばしば間違いがあり必要な勉強かな?と思いつつ、左ページの説明を読んでExcersesをすると、ケアレスミスがあるとはいえ、それなりに解ける内容に構成されていますし、なんとなく退屈だなぁ~と思ったりもするわけです。私の文法知識をかんげみるに、まぁそんなこと言っていられる場合ではないのですけれども…さきのUnitをざっと見たところあと4Unit位このVerb+ing型が続くようです。もちろんVerbと結びつけて覚えれば楽だということもわかりますし、いろんな表現を学べるからよいかも?とか、今までの進度でゆけば明日には終わるのだから…と自分を慰めてみても、予習に気分が乗りません。どうしたものでしょう…{/まいった/}
あと、日頃つかいなれないというか、あまり私が使っていないフレーズが出てきます。今日もUnit52, Exercise52.3に出てくる
Ann has a car and you need a lift to the station. Perhaps she'll take you. Ask her.という問題…正解は↓
Ann, you couldn't take me to the station, could you?
あるいは、Ann, you won't take a lift to station, will you?(←これが私の回答でこちらもOKとのこと)
なのですが、日頃使い慣れていないフレーズなので、先生にこうしたフレーズを覚えておいた方がよいのかどうか伺ったのですが、必要ないとのこと{/目/}たしかに、日常会話に使うかな~という感じ。大抵は、Could you take~かWould you take~ですよね…まぁ文法的には必要なのかもしれませんけれど{/汗/}
まぁ一度やると決めたのですから、とにかくやり遂げようと思ってはおりますケド、しばらくは単調なところが続きそう…

2つ目は先生選びが慣れてくるにしたがって、最近ますます難しく思っていること。これまで、どちらかというと癒し系?の先生をメインにしてきて、その先生がお休みの間、色々な先生からレッスンをうけたわけですが、昨日の先生のレッスンがあまりに良かったので、正直なところ、メインの先生を変えることを考え中…なのですけれども、私のように比較的同じ先生からずっと受けてくる受講スタイルだと、スクールが大規模でないから?あるいは先生同士がかなり仲がよさそうだから?なんとなくiTalkでは遠慮がちになってしまう感じです。休暇からかえっていらした先生からも、どの先生が良かった?って聞かれましたし{/汗/}DMEの時はもう少しドライに考えていたような記憶があるのですが、珍しく私らしくなく遠慮がちになってしまっている自覚…

とはいえ、iTalkってレッスンの1時間前までキャンセル可能ですし、また先生のレッスンが空いてさえいればレッスン開始5分まえまで予約可能というシステムですので、レッスンの空き状況ってかなり流動的かも?と思います。また予約がない場合、先生の都合によってレッスンが予定されていてあとでスケジュールがなくなったのかな?と思ったことも。まぁ先生が働きやすいスクールを目指している?ことも影響しているのかな?と思うのですが、先生方のお休みなども比較的流動的な感じです。とはいえ、人気の先生はいつも予約がなかなか難しいというのは、いずこも同じ状況で…

私の場合ですが、初めての先生を取るときはその先生について受講生がつけたポイントのチャート6項目をかなり参考にしています。たとえばGrammarなのでどうしてもタイプは素早くきちんとしてくださる先生が良いなど…それと、受講生のコメントも参考になることがあります。長文できちんと書いているコメントが多い先生だと、上級の受講生が多いのかな?など、あくまで推測にすぎませんが…
レッスンごとの評価は任意とのことですし、コメントも任意…毎日3コマとっていると、3コマ分の評価をしなくてはならないので、これが意外に面倒になって、溜まってしまったりします。大抵の先生が程度の差こそあれ、コメントをしてくださるのに申し訳ない気分です{/NG/}


あと、同じ先生で3コマ続きというのも、先生が飽きたりしないかな?とか、なんだかんだとDMEでは考えなかったことを考えてしまうのは、それだけ先生との距離を近く感じているってことなのかなと思います。ホントどういう風にレッスン予約をするのがベストなのか?というのは、いまだ試行錯誤中です。

明日は、当初入れていた予約を昨日の先生のレッスンに変更した為、飛び飛びで3コマのレッスン…

あと、DMEで珍しくベテラン先生のスケジュールに空きがでたので予約を入れたのですが、できるかどうか…正直、自信がありません{/悲しい/}
明日の体力や予習進捗度で判断することにします。

by Hannah


【2011/09/28 17:39】 | Grammar in Use @ iTalk
|
前の記事を書きながら、わかりにくいなぁ~と自分ながら…
それで、こちらのほうに予約システム変更とiTalkでの最近変更されたDMEについての情報をまとめます。なお、あくまでも今日現在の変更であることをお含み置きください(iTalk自体がDME導入にともない多分、今かなりドタバタしているかも?で情報が変わる可能性があるので、本当に知りたい方は、とりあえず無料体験登録だけでもして、受講生ページで確かめるのが確実かと思います)。

まずは、DMEコースのトライアル期間の変更について…
以前、このブログで10月いっぱいは…と書いたと思うのですが(実際にそう告示されていたので)、今日の告示では、10月1日~15日までDMEのトライアル期間(=それまでの受講生も通常予約枠内で予約可能という期間)と期間の短縮がなされていました。
あらたにDMEをStage1~トライする方はこの10月1日~受講可能!ただし!!これまでDMEを受講してきて、途中のStageからのスタートを希望する受講生は、9月7日の告示のままで考えると10月11日~受講可能ということになっており、私のようにこれまで定額(月謝)コースで受講しており、かつDMEも経験があるという受講生がトライアルできる期間は10月11日~15日までのわずか5日間に限定されたということになります。きっと大変かも…と思います。受講生も、スクールも…
まぁダブルでしている方がそれほどいないことを祈るのみ…

トライアルできる期間が終わって実際にDMEコースが開始されての受講料ですが、これまでの定額コースとは別にチケットを買わないと受けられないシステムになるようです。
※これを書き終えてHPをみたらDMEコースのレッスン料金が明示されていましたので追記します
(ちなみに既存の受講生は10月1日~15日のトライアル期間に限ってこれまでと同じレッスン予約枠内でDMEをお試しできるようですが、先生方の準備のため、2時間前までの予約が必要となるとのこと)それ以外の新規受講生あるいはトライアル期間終了後にDMEを受講するならば別にチケットを購入しなくてはならないようです。
DMEチケットは12回コース 5000円、 26回コース 10000円、54回コース 20000円とのこと。
他のスクールでポイント制の場合だと、購入金額によって1ポイント単価が異なってくることなど、加えてポイント制だと先生によってレッスン単価が異なるため一概には比較できないこと、などからアバウトな書き方にならざるを得ませんが、個人的印象として、おおむね10,000円以上のポイントを購入すると若干~それなりに?リーズナブルになると思われるレッスン料なのではないかと思います。これらの情報はあくまでも参考にとどめて、詳しくは無料登録してためしてみて各自ご判断いただくのがもっとも正確かと思います。またiTalkでのDMEがほかでのDMEと同じかどうかということについても、試してみないとわからないと思います。テキストはもちろん同じでしょうけれど、Toutubeでオフラインベース(基本的に海外の語学学校での)Callan Methodなどの紹介などを見てみるかぎり、オンラインとかなり雰囲気や進め方がちがうように思います(たとえば、生徒が答えを言うときに先生も同時に言うところが多い、など)。さらにiTalk自体がまだシステム導入初期のため不透明な部分もあるからか?今後告示が変わることもないとは言い切れないのでは?とも…

それとiTalkでのレッスン予約状況について(体験からですが…)
最近、予約が混み合ってきていて、今後どうなるのだろう?きちんと定額(月謝)コースでもきちんとレッスンがとれるのだろうか?心配していたのですが…
そうした心配に対応するかのようにiTalkの定額(月謝)コース予約システムはめまぐるしく変わっています。
一日のレッスン予約に上限がないチケット制は別として、定額(月謝)コースについては、私も慣れるまでは相当にわかりにくいと思いました。今でこそすっかり慣れて使いこなせるようになりましたが、最初は実際に東京オフィスに相談して説明していただいてもなかなかイメージが掴みにくい感じでしたので、どこまでイメージしていただけるか、心許ないのですけれども…
入会当初:定額制75分コース(=毎日75分のレッスンが1ヶ月受けられる月謝コース)
→その日予約したレッスンを受講した後に翌日のレッスン予約が可能になるシステムでした。
まもなく定額制75分コースホームティーチャー制(=毎日75分のレッスンが1ヶ月受けられる+先行予約が2コマ分できる特典付き月謝コース)に移行
※これは私の方がコース変更したので、スクールのシステムが変わったわけではありませんが、ご参考まで。
→レッスンを終える前でも先行して+2コマ分のレッスンが可能。つまり、75分(=1日3コマ)コースの私の場合、翌日分の3コマとその後の2コマ先まで予約が可能でした。
9/16~iTalkの開講時間がこれまでの午前8:00~ではなく、24時間Openとなりました。これによって、早朝や深夜のレッスンができるようになり、勤めている方には便利なシステムに変わったと思います。とはいえ、当初は午前0:00-6:00までくらいの先生は少なく、また予約も少なく…そのうちに先生も夜のシフトに変わる方が増えてきた模様で、それにあわせて昼間の先生が夜のシフトに移動したりと、なんだか慌ただしかった気がします。とりたいなぁ~と思っていた先生でも希望の時間帯にレッスンがなくなってしまったり…かたや深夜の時間帯は先生方の予約ががらがらだったりして、あまり意味がないかも?と思ったり…これも最近ではうまくシフトが組まれるようになってきているように思います。その分、上記時間帯は選択できる先生が限られてきているという面はありますけれども、これは受講生の実情に鑑みてしかたないかと思います。今のところ基本的に深夜といってもiTalkの場合、これまで最後の時間だった24:00位までがピークで、朝は6:00位から予約が埋まり始める感じです。
9/21夕方~定額制コースだと、2日分まとめて予約ができるようになりました。つまり今日のレッスンが終わらなくても翌日の予約ができるようになりました。加えてホームティーチャー制の受講生は先行予約で翌々日の予約が2コマできるシステムですので、かなり安心してレッスンを受けられる感じになりました。ただし、翌々日でも人気の先生は予約がすでにかなり入っており(チケット制だと前から予約できることもあり?)75min=1日3コマコースの私としては、2コマは確保できてもあと1コマがどうなることか??と心配でした。
9/27日~レギュラー予約の方法が変わって、2日分先にとれるようになったことに伴い、ホームティーチャー制の受講生は、さらに2日先まで予約できるようになりました。つまりコマ数ではなく、毎日の予定コマ数(私の場合3コマ)×4日分予約できるようになりました。これまでホームティーチャー制でも通常予約+2コマ(毎日50分と75分の場合)だったのが、実際の予定時間数×日数制に変わったということで、非常に受講生の便宜を考えたシステムに変えてくださったのだと思います。

こう列記してみると、いかにこの期間の変化が凄かったか?ということを改めて実感させられますが、基本的な方向性として受講生の便宜をはかる方向へシステム改訂が行われていること、また過剰な予約にならないように配慮しつつ便宜を図ってくださっている感じです。まぁスクールも大変なのでしょうね…DMEが始まるということで、私のように新しくはいった受講生でさえ、定額コースだとどうかわってゆくのか色々と考えてしまいますから…受講生の急増などによって定額コースの受講生にデメリットが出ないように、試行錯誤しつつスクールが色々配慮(苦慮?)してくださっているのでは?というのが率直な印象です。

ちなみに当初DMEを担当できる先生は早朝が3先生、朝の時間帯が5先生、夜が4先生の合計12名の先生方です。順次トレーニングしているみたいですので、この先生方の人数は次第に増えてゆくのだろうと思います。まぁ私のメイン先生は第一陣にはいっていらっしゃらないので、とりあえずセーフ!という感じ。でも、まだ心配だったりします{/汗/}{/汗/}

とはいえ、既存の受講生への配慮もしてくださっていますし…しばらくはiTalkの今後を暖かい目で見守ってゆきたいと思います…というか目が離せない感じ。

それと短い10月11日~15日の5日間の間に、何とかiTalkでDMEのトライアルを受けたいと思いますケド、はたして受けられるでしょうか???{/まいった/}

by Hannah

【2011/09/27 19:11】 | English Study
|
またまた2日分まとめてのアップになっております{/汗/}
というのは、昨日まとめてブログアップしていたら、熱もアップしてしまい(^^;)そのままダウン…結局、レッスンはキャンセルしてお休みした次第{/悲しい/}
記録をかねて書いているこのブログなので、一度溜まるとその分が大変になってしまって、あとが大変なことになります{/バッド/}

まだ2人とも疲れを引きずっていることもあって、Ayaさんが昨日は仕事帰りにお弁当を買ってきてくれたのでとても助かりました。連休の翌日から仕事なのに…ほんと感謝ですm(_ _)m
かくいう私は今朝も寝過ごし、さらに未だ家事にも十分復帰できず、色々と溜まっているのですケド…お互い、無理は禁物ということで、お昼にまとめて宅配すしのランチメニューをとって、今晩はこれですませようという魂胆{/回転線/}
我が家の「はんな{/犬/}」もだいぶ良くなったけれどもまだ入院中…絶対にiTalkの1ヶ月分なんてものではなく、軽く2-3ヶ月分のお月謝くらいは動物病院の支払いに消えそうですが、まぁ愛犬の命と健康はPricelessですから…しかたない!

ということで、昨日から今日までの受講記録
9/26 全レッスンともキャンセル
9/27 3コマ75min+Free15min=Total 90min
Total Costs:400×2日=800円也

メインの先生がお休みなので、今日は初めての先生で予約しました。この先生っていつも予約が混んでいてなかなか取れない先生なのですが、たまたま空き(キャンセル?)があって、初めての先生で3コマってデンジャラスかも?と思いつつ、受講生のフィードバックがものすごくよかった先生だったので、トライ!…で先ほどレッスンが終わりました。

いや~久々の爽快感というかやり遂げた感、Maxです。
通常、私がUnitのサマリーをして、先生にそれを確認していただいて、それからExercisesをして…という形で、Grammar in Useを進めているので、そのサマリーをしてExercisesということを事前に先生へのメッセージで書いておいたのですが、説明が足りなかったので、先生がUnitのポイントを一気に説明してくださって、そのあとExercisesにという形になってしまいました。途中で説明足らずだったことに気がついたのですが、先生の説明があまりにも素晴らしくて、ここはそれほど難しいところではないし…とそのまま録音させていただくことに{/目/}

とにかく説明にもレッスンにも無駄がないというか、テンポがよいというか…とちゅう、私の話すの早くない?ときいてくださったのですが、私の場合は基本早口なKiwi(=NZ)Englishに慣れていることもあって、むしろ聞いていて気持ちよいし、ものすごく集中できました。なんだか途中から聞き惚れてしまった感じ{/複数ハート/}One by Oneなのですが、教室でものすごく質の良い授業を受けているような錯覚にすら陥りました。海外で何度か授業の見学などをさせていただいたことがあるのですが、それと似たような感覚。とにかく無駄がなくかつ効率性がよいという一言につきます。それでいて、発音についても注意していてくださって、私が読み上げる回答でも発音がよくないところは、こうしたらよいという風に、チャットで直してくださったり…
すっかりファンになりました。思わず、メインの先生を変えようかという誘惑に駆られましたケド、明日はやっと先生が休暇からもどっていらっしゃいますし、何よりも柔らかい“Peace of Cake”と癒し系のレッスンを受けたい+当面は簡単なところが続きそう…ということもあり、予約をそのままにしました。
今日の先生で毎日できれば、ものすごく力がつきそうな予感がありますが、でも同時にものすごいPowerful&Passionateなレッスンなので、3コマ連続で受けるとどっと疲れます。毎日はちょっときついかも?でも私にしてはもっとやりたいというやる気をかなり起こされました。

でもメインの先生は、間違ったところについては即時的に補習問題を出題してくださるので、それはそれで力がつくと思っているので、う~む、iTalkって良い先生が多くて悩みますね~

まぁいまメインでレッスンしていただいている先生は比較的さくさく系?なので(といっても決してチェックが甘いわけではありません)、難しいところになったらまた考えることにします(^^ゞ

レギュラーの3コマで予定していたUnitまで終わってしまって(予習が追いつかなくて、最後のセクションなんて、予習なしでその場で答えました(^^;)Free15minを同じ先生で運良くGetしたものの、さて何をしたものか…と悩み、スクールにGrammar in Useの古いバージョンがあったことを思い出して、そちらで前に終えたものの今ひとつ自信がもてないでいるUnit38-39の復習をお願いして、一部ですがその場でして答え合わせをしていただきました。

iTalkでは受講生のフィードバックによる人気ランキング(これってキャバクラのランキングみたいという書き込みを見ましたけど、そうなのでしょうか?行ったことがないのでわからないですケド)やフィードバックの集計が即時的に開示されているので、人気の先生はかなり混み合っているのですが、それでも運がよければ今日のようにFree15minがとれることもあり、嬉しく思います。

このFree15minってレッスン開始10分前にまだ予約が入っていない場合、月謝コースの受講生は10分前~5分前まで1日1回に限ってFree Lessonが15分だけ受けられるというシステムなので、「この先生で取りたい!」って思うと、結構ドキドキです。
それと、できるだけ話す機会を多くという趣旨のようですが、英語を他で話す機会があると何をしたらいいのかな~と悩んだりもします。フリートークでもよいのでしょうけれど、無駄になってしまう気がするので、最近は時間切れでやり残したところをその時間で終えたり、あと一番多いのは、新しい先生を捜すときに、トライアルレッスン時間に充てるという形。これはとても便利なシステムだと思います。

前回の記事では、チケット制が良いかも?などという迷いを書いておりましたが、今日iTalkのマイページをみたら、また新たな告示{/目/}

定額(=月謝)コースのホームティーチャーコースでは予約システムがまたまた変更!これまで、ホームティーチャーという毎月の月謝に+1000円で先行予約が2回までできるというシステム(つまり、これまでは2日先まで=つまり本日のレッスンが終わった時点で、1日後(明日)と2日後=明後日の分が予約できる。もし本日の分がおわってなければ、明日までの予約ができ、本日のレッスンが終わった時点で明後日の分が予約できるようになる+さらに3日後=あさってについても2回先行予約可)というシステムから、1日あたりのレッスンコマ数×2日+2日分まで予約できるようになったとのこと=つまり定額コースかつホームティーチャー制の受講生は、4日先まで予約できるようになったということになります。iTalk自体、多分に転換期なのか?このところめまぐるしく予約システムが変更されてきた感がありますけれども、これはとても嬉しいサプライズでした{/ピカピカ/}たしかに、+1000円で先行予約できるのは嬉しいですが、毎日75分コースだと、これまでは通常予約にくらべて2コマしか予約できず、その日のレッスンが終わるまで、希望する先生が取れるかどうか気が気でなかったものです。
DMEの開始に向けて?このところ予約が混み合っていて、どうしよう~と考えていたのですが、これでやっと安心して続けられる…ととにかくほっとしました。DMEの開始についてはこれまでの受講生も心配しているみたいですので、皆様ほっとしているのではないでしょうか?

さらに、DMEコースのトライアル期間についても当初からかなりの変更があった模様。

これについて書くとさらに長くなりますので、この辺で別記事にします。
(多分、読者のみなさまが一番関心のあるところだと思いますので…)

DMEだとVideo Offにして寝ながらしていてもできなくはないですが、Grammar in Useだとどうしても机に座って勉強しないとダメなので、体調管理は大事だなぁ~と思っています。それと予習は欠かせないですしね…
ともあれ、今週中には確実にテキストの半分は終わりそう!とっても嬉しいです{/チョキ/}

その分、Chineseをさぼっておりますが{/汗/}

by Hannah






【2011/09/27 16:19】 | Grammar in Use @ iTalk
|
この記事、1回目は最後の方まで書いて見事消えてしまい…2度目は途中までで消えて、3度目の正直とPCを変えてうっています。

この間、ドタバタしたことに加えて、風邪気味ということもあり、珍しくレッスンはさぼり気味でした。
9/23 最近取り始めた先生で2コマ+一番最初に取った先生で1コマ=75min
9/24 全日お休み
9/25 朝のレッスン1コマのみで夜とっていた2コマはキャンセル=25min
3日間のトータルレッスン時間=100minですが月謝制なのでコストは変わらず3日×400円=1200円です。

最近、私のMain Teacherがお休みということもあり、少し低調…それでもGrammar in Use, Unit44まで何とか進みました。苦手なConditionalが入ってきてちょっと間違いも多くなりましたけれどもIntermediateの約3分の1強を終えたことになります。意志堅固では全くない私のこと、とても一人ではここまでできなかったなぁ~と思います。当初予定からは遅れていますが、この調子でゆけば来月くらいでIntermediateを終えてAdvancedに入れるのではないか?と。いつも取らぬ狸のなんとやら…ですけれども、目の前になんらかの目標がないとがんばれない性格なもので{/汗/}

iTalkの先生方ってとにかく熱心で、レッスン時間内はもちろん、コメント(iTalkではレッスン後に先生から必ずコメントがあります)ここがウイークポイントだからもう少し復習するように…とか、ここでもう少しエクササイズしてみたら?とおすすめのリンクを送ってくださったり…なによりも、先生方が「教えている以上、自分たちも勉強しなくっちゃ!」という気持ちや姿勢が見られることが嬉しいですね☆DMEのときは、ほんのごく一部(私がメインで教えていただいていたベルのJacky先生とか)の先生しかそうしたことがなかったのですが、iTalkでは普通なのかもしれません。ベルでは先生がリンクやファイルを送ることは禁止されているみたいで、不便だと思ってきたのですが、こうして即時的に送っていただけた方が役に立つと思います。

ところで、最近のiTalkの予約…先週の連休くらいからものすごく混み合っています。最初は連休だから?と思ったのですが、どうもそんな感じではありません。とはいえ、まぁ一時のベルほどではないですケド。先生の休暇も比較的自由に?設定できる?のか、お休みの先生もいらっしゃるし、月謝コースだと翌々日までのレッスン予約が入れられるように予約システムがかわったこともあり、さらに24時間制になって、先生がいらしてレッスン予約が空いていても、時間的にさすがに真夜中や超早朝はとれず…どうしても夜の時間帯が混み合っている感じです。
それと、比較的新しい先生でもスキルフルだなぁ~と思っていると、これまたiTalkには受講生からのフィードバックが先生ごとに6項目にわたってチャートで示されることもあるからか?あっというまに予約がいっぱいになってしまって…希望する先生のレッスンが取りにくくなってきている感じがします。まぁDMEがiTalkでも始まるということもだんだんと認知されてきて、受講生が増えているのかも?とも。10月いっぱいは通常レッスンのコースでもDMEが受けられるトライアル期間ですし…

このブログ自体の検索語も今やiTalk/ITalkが第一位を占めていますし…まぁブログによって自分で自分の首を絞めている感じは十分にあります(^^;)
でも、昔からおいしいものを独り占めできない性格ですし…それに、私自身、DMEでも英語でも、地震の時の翻訳でもお仲間に支えられてここまできている訳で、まぁこうしたささやかな体験的個人記録がお役に立てば…とも。

今のところ、私個人としてはiTalkに全く不満はありません。まぁ強いて言えば、HPが見にくいかも?な~んて思ったりしますが、でも予約システムもHPで管理しているから、変えるとなると大変なんでしょうね…

なによりもiTalkを始めてみて、すごく思ったのは先生方の質の高さです。多くを試したわけではないですが、それでも多分5つくらいのスクールやシステムは試してみて、多分フィリピンベースでの先生では相当に質の高い先生方だと思っています。もちろん人間ですから、そのときの体調やら、相性やらといった不可避的な要素はあるかと思います。実際、私も、良いなぁ~とずっと思ってきた先生で朝のレッスンをとったら、昨夜からずっとレッスンを担当していたせいか?ビデオは終始オフで(まぁこれは当方も気軽といえば気軽!)、なんとなく早く終わらせたい感じが伝わってきたり…したこともまれながらあったりしますケド、それは先生とて人間だから仕方ないか~と。この先生方の質の高さって、いろんなブログを拝見するかぎり、iTalkについてはある程度、評価が一定している感じがあります。だからこそ、受講生でもDMEをiTalkがはじめることに否定的意見が見られたり…たしかに、これだけ双方向的なレッスンができる先生にあえてシステマティックで単調なDMEを求めなくてもよいかな~という感じもしないでもない…けれども、これだけ発音が良い先生でDMEをしてみたい感じもあり…心境は複雑です。私個人としては、とりあえずStage10が自分の実力を遙かに超えてしまっていて、ただリテンションしているだけという感じがしてきたので、しばらくはGrammar in Useに短期集中したあとで考えよう…と思っています。あと月謝制に比べて割高になるチケット制のほうが予約が先々まで入れられるので、この点では月謝コースだと不利で、チケット制に乗り換えた方がよいのかなぁ~とも考える昨今ですが、もう少し様子を見てみようと思っています。

通信環境についてもこれまでひどいスクールでしてきたせいか?全くストレスがありません。もちろん極まれにコンタクトが落ちたりはしますけど、そうしたとき先生は即座に再コールしてくださいますし、大抵の先生がその分の時間をしっかり延長して規定のレッスン時間を確保してくださるので問題なし!まぁこれは、その時々の先生のスケジュールやレッスン状況によるのでしょうが…
ただ、お仲間(リンクを張っている方以外)からの情報ですが、iTalkのサポートについては批判的な意見がそれなりにあるようです。実はこれについては私も事前にWeb上にいろいろな書き込みを拝見していて、心配していた部分でした。今のところ私は全く問題を感じていないのですが、例外的に担当者さんに恵まれたから?かも?とも。
ただ、iTalkを弁護するわけではないのですが、サポートを求める方は「今すぐ、きちんと対応してほしい」と思ってメールをしていても、実際にサポートする側にしてみれば、1日何通あるいはいくつものリクエストなどがあって、現状では対応し切れていないということがあるのではないかと思います(もちろん、だからといって、それぞれに受け止め方があるとはいえ現状を看過してよいというつもりはありませんケド)。これは一度、大人数に何かを教えてみれば解ることですが、何かをきいてくる方は1対1だと思いこんでいても、教える側としては1対多ということが日常茶飯事なので、対面での関係でも時には「もう!忙しいときにいい加減にして!」とか「ちょっと待って!」とか「それはここに書いてあるでしょ!」とか「それについては前にきちんと言ったじゃない!きいてなかったの?」ということがおきるのではないか、とも。ただ対面のよいところはそうしたことをきちんと軌道修正できるけれど、オンラインだとそうはゆかない部分もあるので、難しいところだろうなぁ~と思います。対面の受講生さんならば「ごめん、それについては後で時間があるときに答えるからちょっとまって!」と言えても、オンラインスクールだとそうはゆかないでしょうし…

理想的な環境としては、レッスンが24時間開講なので24時間365日とは言わないまでも、少なくともレッスン時間は様々なサポートを十分に提供できるだけの体制があれば言うことなしだと思いますが、そうするためには膨大な設備費や人件費がかかって、いまの料金体系ではとてもレッスンを提供できないだろうと思いますし…高いお金を払ったはずのソフトやPCのサポートセンターとて、つながるまでにものすごく時間がかかるのはかなり当たり前!もう諦めて(まぁ大抵はフリーコールですし)電話をオンフックにして別のことをしながら繋がるまで気長~に待つなんて、ごくごく当たり前!と考えれば、少しは腹の虫がおさまるかも?(…って無理?)

あと、相手のサービスやサポートに対して納得がゆかなければ、そう感じた理由まで含めて徹底的に言語化して交渉するのも日本人には不慣れ…というのも一つの課題かもしれません。その点、行きの便がキャンセルされてさんざん文句をいって振り替え便で行った先のイギリスでさらに3日足止めされ、ついにはドーバーフェリーまで予約しつつ某航空会社と壮絶なバトル、否、交渉を繰り返してキャンセル客でごったがえすヒースローにて振り替え帰国便を確保したり{/目/}、荷物が積み替えで間違えられて行方不明になって探してもらったりという不運を乗り越えた実績と、日々の生活の中でChineseと交渉しながら生きてきた実戦経験が少しは役に立っているかもしれません。
もし東京がダメならば、セブのオフィスに英文で交渉してやる!くらいの姿勢が語学上達の早道かも?な~んて!
実際、私自身、輸入をしている友人の発注に対して間違ったものが届いて、友人ではらちが開かず、USの会社と代わりに交渉を頼まれたことがあります。ここで複雑だったのが、会社本体はUSなのですが、コールセンターは香港!そして相手は英語も日本語もどうも怪しい…さらに、先方は断じて非を認めたがらない(というか先方は訴訟社会ですから、認めるということはデンジャラスでもある)USのカルチャーに染まっていますから、絶対に自分の非を認めようとしない手強い相手でしたが、結果的にきちんとした品物を送る約束を取り付けましたし…結局、納得がゆかないならば、徹底して納得がゆくまで言語化して(そのプロセスが納得ゆかないのならばそのプロセスに対する説明も求めて)粘り強く交渉するしかないのかな…とこれまた、これまでの経験からですが…

とはいえ、サポートというのが、どこまでを含むか?というのがオンラインスクールでは不明確な部分もあると感じています。個人的には先生方が気持ちよく元気に(できれば長く)働けて、受講生に質の高いレッスンを提供できるようにするというのもサポートには含まれているのでは?と考えており、その点で先生方にいろいろな研修機会やイベント(一種の社員厚生事業やチームビルディング)を提供しているiTalkの運営姿勢には、共感しています。それゆえ上記の意見には全体的にバイアスがかかっているのは、お含み置きいただきたいのですが…そうしたスクールの運営姿勢を含めてiTalkっておもしろいスクールだなぁ~と思っています。先生方も仲がよさそうですし…iTalk自体、受講生が増えている?(あるいは増える?)色々な転換期にあるのかもしれない?と思いつつ、これが変わらないことを受講生として祈っています。

この記事、急いでアップしますので、後でまた誤字脱字など直すかもしれません。でももう消えると立ち直れそうにありませんので…お許しのほどm(_ _)m

by Hannah

【2011/09/26 18:03】 | Grammar in Use @ iTalk
|
というわけで、横浜ローカルツアーの一部ご紹介…

今回は疲れるだろうし…まぁ2日目疲れたら、箱根でも…と思っていたのですが、Ayaさんご両親世代って体力・気力ともに充実していて、私達よりも疲れ知らず…結局、今回ご案内したのは、横浜のみということになりました。

スケジュール第1日目
まずは、横浜駅からMM(みなとみらい)21地区にあるランドマークタワー最上階のレストランで待ち合わせて、さっそく極上ランチ{/食事/}予約してわかったのですが実は9月って狙い目ということを今回しりました。ホテルの開業記念月なので、いつもは5000円のランチビッフェが税込み・サービス料込みで3900円♪これで2時間食べ放題ってかな~りお得♪その場で切っていただけるローストビーフはじめ各種メニューも充実していましたし、デザートまでいただいて一同、最後はこれ以上何も食べられません!状態{/目/}もちろん、ランドマークタワー最上階からの景色も絶景です。
Ayaさん、お母様ご案内中↓(って本人もはじめてですケド{/嬉しい/})

そして外に見えるのは丸い水平線…空が今ひとつなのが残念!ですが…

その後、隣接する日本丸とすぐ隣にあるみなと博物館を見学、このみなと博物館って私もご近所のかたのオススメでいったのですけど横浜港の歴史を知る上では便利かも?と思いました。ちょっと階段が多いのが残念でしたけれど。それと日本丸ではもと乗船されていた船員さんが日本丸と海へのあつい思いとともに説明して下さって、興味津々のお話を聞くことができました。それにしても、航海中台風などの中でもあのマストに登って帆をしまったりするって、凄いですね…

日本丸やみなと博物館でおなかを少しこなして…今回一番こころに残ったのが、停泊中の飛鳥Ⅱの出港…たまたまタクシーの運転手さんが当日17:00に出港予定としっていらしたので、その時間を目指してゆきました。思いの外、国内クルーズも多いようですが、今回は神戸、下関をへて大連までの外航クルーズです。船の修繕がメインだった我が家ですので、船に乗せてもらえるのは停泊中のみだったので、出港風景って実は私もはじめてでした。結構、感動しました。お値段をきかれたので…調べてみたら近場で外航だと25万円位~我々庶民には全く予算外(^^;)One Night Cruseで5万円~…それでも無理{/まいった/}

充分、旅情にひたって船旅に思いをはせたあと、ホテルに荷物をおいて、庶民の足、シーバスにのって暮れなずむ赤煉瓦倉庫へ…これこのブログコメントでasukaさんに教えていただいたスポットですが、海からのアプローチは綺麗で、見応えがありました。いかんせん{/船/}が揺れているので画像も{/波線/}ですが雰囲気は◎でした。asukaさん本当にありがとうございますm(_ _)m

実は私もこの赤煉瓦ってリニューアルしてから初めてだったり{/汗/}いつでも行けるとおもってるって怖いです(^^;)
その後…いつも行きつけの山下町にあるインド料理屋さんで軽くお食事して第1日目終了!
その後の写真がないのは、案内をAyaさんにお任せして、私は家でゆるゆるしていたからです{/NG/}
2日目の日程…Ayaさんによると、まだ混まない午前中のうちに中華街をみていつもの口福でランチして、お母様ご希望の元町ショッピングして、その後、お父様ご希望のラーメン博物館{/ラーメン/}にいってきたとか。人も多かったのでAyaさんは疲れた!らしい…

2日目は午前中に母子で山下公園を散歩して、ホテルで私が合流、いつも肉まんを頂いているご近所のお店に無理をお願いして、早めに用意していただいたつくりたて(蒸したてとは違って、本当に具を包んで蒸し上げたものなので、肉汁が小籠包のようにじわっと出ます)をもっていって、4人でハフハフ食べて、横浜駅までお見送りしました。

本当は、このあと2人で打ち上げを…という予定だったのですが、実はその日朝から我が家の愛犬「はんな{/犬/}」の様子が変だったのでAyaさんともども大急ぎで帰宅。動物病院に直行!→なんだか意識がもうろうとしていて心配だったのですけど、内蔵には異常が無く、先生によると頭をうって脳水がたまっているかも?ということで、ただいま入院中です。でも、病院に行って酸素を補給して頂いたら少し元気になったみたいで、ひと安心しました。

というわけで、ふたりしてもう一度、今度は入港を見よう!と、大桟橋へ…のつもりが、時間がありすぎたので、前から見たかった「日本郵船歴史博物館」へ…ここはこぢんまりしていますが、ワンドリンク付きですし、なかなか良い博物館でした。もっとゆっくり見たかった~

横浜港の入出港時間は横浜港湾局のHPで確認することができます。Just入港時間!と思いきや、さすがに連休の最終日ということもあり、道路が混み合っていて間に合わず!すでに「ぱしふぃっくびーなす」は着岸してしまっていました{/バッド/}でも、暇な私達は、荷物の積み下ろしをみながら(最近は日本人船員が減っていて、横浜船籍の飛鳥でも日本人船員は3分の1であとは外国人…大阪船籍のこの船でもかなりフィリピン人船員さん多い感じ…皆さんゆるゆると働いています)適当な解釈をしたりしてました。そうそう、ここで分かったことがもう一つ…船員さんって自転車持ち込み?が多いみたいですね。それも折りたたみできる小型の自転車。これをひょいっと持ち上げた非番とおぼしき船員さんたち、船底にある荷物の積み卸し口からが次々とでてきました。そういえばAyaさんはエスカル横浜滞在中にフィリピン人&中国人船員さんと遭遇して、少し英語でお話したとのこと、きっとDMEの効果{/チョキ/}たしかにエスカル横浜って、それとおぼしきゲストも少なくなく、私もロビーでくつろいでいるフィリピン人船員さん?と笑顔で挨拶しました。

その後、大桟橋近くの昭和の香り満点のカフェーで早めの夕食兼打ち上げ!暮れなずむ港っていいね~とか、この時間がベストでしょ?とか…

私達が知らなかっただけかもしれませんが、横浜って意外とこぢんまりした博物館が多いことも今回の嬉しい発見でした。ふたりして連休は寝てないで、横浜案内の練習かねて、近場マイナー博物館制覇を目指すことを誓った夕べ…

すこし風が冷たくなってきましたが、これから横浜は銀杏並木が黄金色に変わる良い時期を迎えます。

by Hannah









【2011/09/26 11:31】 | 横浜ローカルライフ
|
このブログ、台風直撃の日以来、記事のアップがとまっておりました{/汗/}
久しぶりの更新になってしまって…それでもそれなりの数の皆様がいらしてくださっていて…ほんとうにスミマセンm(_ _)m

台風一過、と言いますが、まさしく!あの日の翌日暑くなっただけで、あとは完全に秋に突入した感じの横浜です。緑が多い地域に住んでいるので、朝夕の虫の声などで秋が近づいていたのは感じていたのですが、今や朝夕は寒いくらい…皆様、お風邪とかひいていないですか?私はちょこっと風邪気味です。

さてさて台風一過の翌日(所によっては翌々日くらいまで)、我が家の周りではチェーンソーの音があちこちで響き渡っていました。恐らく沢山の木が風で倒れて、それを片付けるのにチェーンソーが大活躍していたのだと思います。我が家のお向かいさんも翌日~昨日まで、倒木の後片付けで大忙し{/!!/}それも、よ~く見れば、倒れた木はお向かいさんの隣家(空き屋)の敷地内の木で…お向かいさんは「ご迷惑をかけてすみません!」なんて謝っていらっしゃって私も「いえいえ、天災ですから」、な~んて応えたものの、本当は一番ご迷惑だったのは、お向かいさんだろうと思いました。

我が家のあたりって、けっこう人気の土地らしいのですが、車が入らないところが多いし、土台、殆ど丘だし…ということもあり、高齢化率も高くてお年寄りがひとりで暮らしていて、代替わりしても息子・娘は近所&もっと便利なところにすでに家をもって住んでいたりするので(これ、そもそも帰巣本能が高い横浜人には意外に多いパターン!)、無住となった家がそのまま残っていたりします。それでも手放さない!というのも、愛郷心の表れか?と思ったりもしますが(^^;)ご近所も空き家が少なからず…そのうちの1軒は我が家の隣地だったので購入して-1となったものの、それでも3軒。で、今回、倒れたのもそのお向かいさんのとなりの空き家の木でした。

幸い、ご子息に連絡がとれて撤去でき&けが人もなかったので良かったのですけれど、直径20-30㎝はあろうかという大きな木ですから、当然、片付けるのも大変です。まずは台風のなかでとりあえず人が通れるようになんとか枝を落とし→翌日は倒れた木をチェーンソーで完全に倒して、枝をさらに切り込んで車が入らないので小枝などをひとまとめにして→さらに大元の切り株などを始末して、これでトータル3日の作業{/衝撃/}スローライフって聞こえがよいですが、ある意味、こうした苦労と背中合わせなわけで、まぁそれでも良いからここに住み続けているという次第(^^;)ちなみに我が家の倒木について、詳しいご近所さんが「あまり花も咲かないし、切った方がよい」(前回あわてていてサルスベリと書いていますが、実はその隣の名称不明木)とアドバイスしてくださったのですけれども、作業をみていて大変そうだ…と思ったので、とりあえず私は「ヨイショ!!」っと根元から起こしてもとのところに戻しました。まぁしばらくはこれで大丈夫??…と思いたい…

そんなこんなで、バタバタしているうちに我が家には新たな台風が近づきつつあり…

そう!!Ayaさんのご両親が2人で23日~25日まで来浜という…我が家にとっての一大イベント!!

前日からAyaさんは予想通り、「あ~考えただけでかったるい」「面倒!」と連発しつつ飲み{/目/}(まぁそう言いつつ、楽しみにしてるっぽいところが可愛いんですケド)、私もホテルの手配とか、2人してコースの打ち合わせとか…もろもろ、結構忙しかったかも?でも、いつも住んでるところだから結局、当日までふたりとも結論がでなくて、「まぁ成るようになる!」「その時の体調とかもあるしね…」などとお互い言い聞かせて、当日Ayaさんは「東京に行くって面倒…行きたくない!」なとど言いつつしっかり東京駅までお出迎えして=我が家は台風の目に突入!

なんだかんだと、忙しかった3日間ですが、楽しい3日間にて…よかったよかった…

ちなみに私は1日目ガイドして、2日目はAyaさんにお任せで、3日目にお見送り…

Ayaさんの苦労の比ではないですけれど、それでも一緒に歩いたりして、療養生活以来、未だかつて無いほど歩き、「あれ?結構、私歩けるかも?」な~んてちょっと自信が回復したりして、ハードでしたけど良いリハビリになりました。

Ayaさんのご両親(とくにお父上!)とははじめてお会いしたのですが、すごく面白くて楽しかったです。お母様も気さくにお話できる方でした。もちろん、親戚の杯を交わしたのは言うまでもなく{/嬉しい/}また、いらして下さるとか。私もお誘い頂いたので、いつかAyaさんのふるさとにゆっくりとお邪魔したいと思っています。

と書いていたら、また長くなってしまったので、旅のつれづれは別記事で…

今日は久々に?ゆっくりしているので、この間の英語の記録やiTalkについてを含めて、まとめて記事をアップする予定です。

to be continue…

by Hannah


AUTHOR: sazaechan
EMAIL: sazaechan77@gmail.com
URL: http://plaza.rakuten.co.jp/sazaechan77/
IP: 119.63.16.66
DATE: 09/26/2011 10:28:04
台風以来記事がなかったので、心配してましたが、大丈夫だったようでよかったです!
お客様がいらっしゃっていたら、ブログどころではないですよね。
楽しみにしていた3連休ですが、私のほうは2日間寝込んでしまって、今日やっと元気が戻りました。体調が悪いと何もできません。本当に健康第一だと身に沁みます。
Hannahさん、体力が戻ってきていらっしゃるようでよかったですね。


追記を閉じる▲

【2011/09/26 09:29】 | 横浜ローカルライフ
|
この記事…殆ど書き終わって、見事に消えてしまいました。

さすがに立ち直れません。Ayaさんが奮闘記を書いて下さいましたので、明日、改めてアップします。ゴメンナサイm(_ _)m

やっと電車が動き出したようですが、きっとまだまだ混み合って大変だと思います。そしてまだ一部不通…どうか皆様、お気をつけて!

by Hannah

【2011/09/21 22:30】 | English Study
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。