緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝はBuddy Schoolで過日見つけた中国語の先生とのレッスンを60分受けました。この間、ずっと英語漬けでしたので、たまには気分転換も必要かな?と思いつつ。

いつも中華街で適当にならってきた+テキストで日本語教室に必要なセンテンスだけ覚えている…というレベルですから…レッスン開始前からドキドキ。
まだ英語すらパーフェクトにほど遠い状態で、Chinese Native Speakerから英語でChineseを習おうというのですから、かなりの無謀!!完全なるアクティングアウト!!もはや暴挙!!ということは、十分に自覚(^^;)

レッスン少し前からオンラインになっている先生からチャットでメッセージが送られてきて、お互いにもろもろを確認。それでもドキドキでした(*^_^*)

それにしても先生の英語がアメリカ英語とはいえ、素晴らしくきれいなことにビックリしました。とにかくクリアーでわかりやすいですし事前にしらなかったら完全にNative English Speakerと信じて疑わないでしょう。録音をあとから聞いたAyaさんも「これって中国人?」って言っていました。むしろNative English Speakerが省略したり、適当なところがNon-Nativeなのできれいな英語です(日本人も普段はそれほどきれいな日本語使っていないですし…(^^;)。回線状態は最初だけ悪くて、一度切りましたがその後はよくなって安心してレッスンが受けられました。ただ、ビデオを使うと回線速度が落ちるので、今日はビデオオフ。これまでベル以外ではあまりSkypeレッスンを試していなかったのですが、やはりPhilippineの回線状態はほかと比べてよくないと改めて痛感しています。まぁたまたま…なのかもしれませんけれども。かなり最近はビデオをオフしていること多いですし…

今日の先生はオンラインプラットフォーム?のようなものをお持ちで、リンクから入室すると、先生のカーソルがテキストの必要なところを示してくれますし、またできたところやできなかったところもマークしていただけますので、とても便利{/チョキ/}。

まずは20分のお試し…で、20分が経過したとき、先生から「今後私のレッスンを受けますか?」と聞かれました。予約時に間違えて、トライアルではなく通常のレッスンを入れてしまっていたので、先日書いたようにその旨のメールを送信してあったので、先生はPaypalを通じてすでに返金してくださっていたとのこと。先生の迅速な対応とPaypalというシステムに感謝です。

結局20分では終わらなかったですし、先生もよかったので40分の延長(有料)をお願いして、トータル60分…合計送金額は本日レートで=400円弱{/ピカピカ/}

早速ピンインを教えていただきながら発音練習。いや~難しかった!!日本語ってタタタタタという平板な音で構成されていることは前から気づいていましたが、とにかく複雑な音が多いため、かなり苦戦{/汗/}6声ある広東語などを選ばなくてよかったです。確かに日本人にはかなり難しいかと思います。

後半から少し会話と単語の練習があり、絵に対応する発音とピンインと英語が書いてあります。日本人だと絵がなくても漢字でだいたい想像がつきますが。先生にとっても日本人の生徒ははじめてで、ほとんどがアメリカ人なのだとか。だからびっくりした!とおっしゃっていました。中華街で教えていた方はもと旅行会社勤務のかたで、日本語よりも英語の方が得意だったから、かなり英語混じりの日本語レッスンだったことをお話ししたら、納得していただけましたけれど(笑)。ということで一応、英語で意味の確認。
見事にCarの発音まで直されました(もちろん英語の発音{/汗/})Nativeではないからか?米語だとこういう発音になるけれど英語だとこういう発音という説明まで{/!!/}。これって発音練習としてもかなりよい感じ。もはや一つ一つの単語の発音をなおしてもらえないですし、自分がこれまで、どれだけ適当に発音していたか、よ~くわかりました。

最初は「そうとうに私も煮詰まっているなぁ、完全に変かも?」などという思いで始めたレッスンでしたが、英語の発音練習にもなりますし、まさに一石二鳥という感じです。

久しぶりに手応えのある密度の濃いレッスンを受けたという充実感(このところJacky先生とのGrammarレッスン以外、なんだか…と思っていたせいか?)があり、いまだに「どえりゃ~興奮{/嬉しい/}」さめやらぬ状態、すべてがExcitingでとても良いLessonでした。

ピンインを練習してみて思ったのですが、中国語って複合的な音韻がありますし、英語と語順がそもそも、にていますので、きっと中国の方には英語ってそれほど難しくないのでは?と思います。改めて日本人がきちんときれいな英語を話すことのハードルの高さを実感しました。

発音の練習もできてしまいますし、LとRの発音って、ひょっとしてピンインを練習する中でできるかも?という予感{/ひらめき/}

…というわけで、この先生のレッスンもしばらく続けて集中的に受けてみることを決定!むしろこの先生を受けてみて、英語は再考の余地あるかも?とも。

まぁしばらくは様子見しつつ、日月集中でDMEのほう(というか、Grammar Lesson)をします。
英語の発音訓練にもなりますし…{/嬉しい/}

まぁ中国語の目標は、旅行や日常になんとか不自由しない程度ですから、気楽です。先生によると、60時間くらいで何とかなるでしょう…ってホント?
また随時、ご報告します{/グッド/}

by Hannah

スポンサーサイト

【2011/08/30 14:39】 | Chinese@Buddy School
|
今日はJacky先生と3コマ+2コマ=合計5のレッスン。DMEの復習をするつもりだったのですが、今ひとつ気持ちが乗らなかったので、残っていたExerciseでGrammar Lessonをしました。

そののあとで1時間、UK在住のS先生とのレッスンをして、先ほど終わったところです。
少し発音になれてきたかもしれません。昨日よりも断然、聞き取りやすくなっています。

今日は、最初お天気の話しからはじまって…ず~っとこのまま続くのかな??と途中で心配になるくらいでした。まぁイギリス人がお天気の話しを好むのは先生に言われるまでもなく知っていましたが…途中、意外と知らない単語が出てきました。
humidity(湿度)は知っていたのですが、dewって???
早速先生が
dew = tiny drops of moisture that form on the cool surfaces at night, when water vapour in the air condensesとチャットで。こちらはオンラインでチャットの単語をコピー&ペーストして辞書引き引き{/汗/}→露、しずく…夜露{/!?/}

S先生の話しではあちらの気温は17℃とのこと{/目/}もう肌寒いくらいでしょうね…

前回のトライアルレッスンでレベルチェックをすると思いきやそれらしきことは何もなく、自己紹介を求められることもなく、こちらの目標は何か?どんなことを勉強したいか?どんなトピックに関心があるかということで、あとはスケジュールを確認しただけ。
かえって新鮮な感じがしましたが、今日は1,016.93が読めるかどうかをちょこっとテストされました。そのほか、NZのことはChristchurchに先生も親戚がいるとのことで、少しその話。

その後Grammarをする?って訊いて下さったのですが、まだ進め方について明確ではないので、レッスンプランについて話し合いをしました。

こちらの言い間違いを素早くチャットで直して下さるのもJacky先生になれていると嬉しいです。あと先生のCVが送られてきて、そのほか、少しWritingもしたいと希望したところ、前回のAcademic Writingは難しすぎるからとReading comprehensionの宿題が送られてきました。

レッスンの進め方について尋ねたところ、最初の30分はConversationで後半をGrammarにしたいとのこと。Grammarだけだと飽きるから…とのご意見。あと、1回のレッスンは90分がMaxでそれ以上はしないようにとのご注意。そのほか、このところJacky先生からも指摘があった早口で話しすぎるのをもう少しゆっくり話すようにという指摘がありました。Kiwi英語も早口なので自然と早く話す癖がついてしまっている+DMEで早く答えなくてはという習慣がついてしまっている=間違いをごまかしやすいからだと思います。

ちょっとした間違いでも、先生は正しいセンテンスを送って下さいます。これを覚えられるか否かですね…問題は!(自信なし!)
レッスンが終わった後でも、明日空いたからレッスンとれますよ~のチャット。それにお返事を返したら、しっかり直されたSMSが戻ってきました{/バッド/}

多分S先生だけではなくUKの先生一般に言えることかな?と推測していますが、過剰どころか褒め言葉、一切なし!です。私自身、褒められて伸びる方ではなく、むしろ「意地になったとき」に伸びるタイプですので、これは{/OK/}ですけれども、Philippineの先生になれていると、かなりのギャップがあるかもしれません。アメリカ人だったらもう少し褒めてくれるかも?しれませんけれど…

ちなみにBuddy Schoolの支払いってPaypalを使うシステムです。これが慣れないとかなり大変です。日頃Amazonなどで使っているのですが、知らない相手に支払いをする方法が分からず{/汗/}{/汗/}{/汗/}、案の定、昨日支払ったのは学校あてに入金(まぁこれをしておくと、アップされている学習素材などがダウンロードできるようになりますケド)してしまったようで、どうしたらよいかを先生にうかがって、レッスン後、慌てて先生宛に支払いを済ませ、その後、Buddy Schoolあてに返金依頼のメールを送信しました。

昨日、レッスン予約の仕方を書きましたが、その後について…
①レッスンリクエストをするとmy buddy shoolのInbox&あらかじめ登録したアドレスに同じくメッセージが届きます。
②そのあと先生からInviceが送られてきます(表示されているレッスン代金は1時間刻みですが、適宜自由に設定できます。5分~)。
③そうしたらPaypalのホームページにアクセスして(もしアカウントを登録していなければ、名前やクレジットカードなど各種情報を入力して新規開設)登録したアドレスとPINでログイン
③次に上のサイトにある「支払い」のタグを開いて、先生の支払い用メールアドレスを入力し、指定された金額を入力、確認画面で金額(このときに日本円が表示されます)を確認したら、下の送信ボタンをクリックする。
以上の手続きが必要です。

明朝、Chineseのレッスン20分入れました。Trial Lessonが20分設定されているのですが、Trialということを書かなかったこともあり、しっかり2US$ちょっとの請求書がきたので、Trial Lessonを追加して欲しい旨、メールを送信しました。もちろん英語で…これだけで、力つくかも?と思うくらいです(^^;)

英語と中国語しか話せないNative Chineseの先生から、(多分?英語で?)中国語を習うといういささか無謀な試みですが、当方としてはついでに英語を話す機会もつくってしまおうという魂胆でして…どうなることやら{/!/}

はぁ…何だかNZで口座を開設した時と同じくらい疲れました(笑)。あのときも、非在住者なので4つの銀行に断られて5つめの銀行で口座をひらき、さらにその後、定期預金口座まで開設した記憶…とっくに引き出してしまってないですが{/汗/}昨今の為替推移をみていると良かった?
まぁ何事も出来ないと意地になる性格ですので、何事も「なせば成る!」です。自力で先生を見つけるのはそれなりの努力が必要ですが、その分だけ色んな体験ができて、面白かったという面も。

それにしても、DMEと違って系統だったカリキュラムではなく、オーダーメイドのカリキュラムってブログの記事書きにくい…と痛感!DMEブログが多いのもむべなるかな{/嬉しい/}

女子会参加のAyaさんがまだ帰ってきません。疲れた~早めに帰るって電話があったのに…ちょっと心配しつつ待っています。明日(既に今日ですケド)の予定もたたないですしね…

by Hannah












【2011/08/30 01:37】 | English@Buddy School
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。