緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の勉強のご報告が先になりましたが、2nd general reviewはようやくStage8に入りました。
とにかくStage5-6が長かった感じで、とにかくTenceが苦手な私にとっては、つら~い1ヶ月だったように思います。反面Stage7に入ってからは、さっくさくと進みました。やはりStage5-6は重要な文法事項が目白押しで、それがある程度身につかないと自分自身が危うい感じがして、落ち着かなかったので、文法依存症になるくらい集中的に取り組ませていただいたのは良かったと思います。正解を言うだけではなく、どうしてその解答になるのかまで説明を求めるJacky先生を「鬼」などとあだ名しながら、心の底から感謝でした。
でもでもパーフェクトという感じではありません。もう少ししたら、Reported Speechもすらすらっと言えるようになるのでしょうか?そうなれたら嬉しいなぁと、ちょっと期待してみたりしています。
ちなみに相方のAyaさん、このところお仕事が大変になってきて(新人にもかかわらず、責任あるポジション…疲れ切って帰ってきます)レッスンはちょっとお休み中…確かに無理は言えないなぁ~と思いつつ、やっぱり相方がお留守だとモティべーションは下がりがち…になることは否めず!はやく仕事になれて戻ってきて欲しいなぁ~でも、そのために気を遣って無理もしてほしくないなぁ~とも。

今のところ、週6日毎日3コマという集中体制ですが、2nd general reviewが終わったら、また前のように毎日2コマに戻る予定でいます。
あまり先を急いでも良いことはないのはこの間で身にしみましたから{/嬉しい/}

そういえば言い直しについてJacky先生が面白いことを言っていらっしゃいました。何度も言い直しをさせられるのを嫌う受講生は少なくないようで、先生がまだ…と思っていても、生徒の方から“Let's proceed”と言われることも結構あるのだそうです。
確かに、余り厳しくして予約が入らなくなったら困るし、かといって余り適当にも進みたくないでしょうし…教えていた経験があると、その辺の難しさというか、塩梅(手加減?)が時には悩みになるのだろうなぁ~と。

ちなみにJacky先生は本を読むのが苦手なのだそうです。1冊読むのに凄く時間がかかるとかで、基本読まないのだとか。じゃぁどうやって大学院まで出たの?と思ったら、本を読むのは嫌なのでその都度、覚えるようにしているとのこと。どれほどの記憶力の持ち主なんでしょう{/!?/}

by Hannah
AUTHOR: 猫雲
EMAIL: chelseaagenai@yahoo.co.jp
URL:
IP: 110.66.111.196
DATE: 05/06/2011 22:09:34
こんばんは☆

Jacky先生みたいに、授業中で覚えちゃう人たまにいますね。

天才脳なんでしょうね。

>言い直しをさせられるのを嫌う受講生は少なくないようで、

私は言い直し甘い先生は取らないです。
塩加減濃い目の先生が好きですね。

進んじゃう場合はone moreって自分で言っちゃいます。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2011/05/05 14:59】 | Stage5-8 2nd Genaral review
トラックバック(0) |
こんにちわ、なんだか本当にこのところ更新を怠っていてスミマセン{/汗/}
前は毎日書いていたのに…と思うのですが{/汗/}{/汗/}{/汗/}

正直なところ、この間ブログを書いている余裕もあまりなく過ごしてきた感じです。先輩方はじめDMEご学友のページにもほとんど遊びに行けていません。

Stage5-8の2nd general reviewに入ってから、本当にここをしっかりと身につけないと、ダメだなぁと思っていて、かなり集中してレッスンも取っていますし、TextのGrammar Lessonも何回もやり直し、とにかく一杯一杯という感じできました。特にStage5-7は相当真剣に取り組んだ感じです。

最近のレッスンの取り方ですが、通常3コマ×6日でDME、それに加えてGrammarやWritingをしっかりとするために、週2日程度はさらに+2コマのフリートークレッスンを取っています。

まぁ実際には、偉そうに書いているほどきちきちとできているわけではなく、DMEでもフリートークで時間をつぶしてしまったり、逆にフリートークでしっかりGrammarのレビューなどをしていただいたりするのですけれど。

レッスンの取り方も上手になってきたかもしれません。どんなに頑張っても集中できる時間には限りがありますから、3コマの時は最初の2コマのあとで10分休憩を入れて頂くようにお願いして、そのあと25分を余力で走る感じ。
3コマ+2コマの時は、最初の3コマと、あとの2コマの間を最低限2時間以上空けるようにして予約しています。

まぁこれは、最悪、Grammar LessonやWritingなどのAssignmentができなかった時のための予習時間ということもありますが、基本は頭と身体のお休み時間にて、大抵、寝てます(^^;)

今は療養中ということもあり、時々無理がきかないことに自分自身いらだちを感じることもありますが、その分を英語の勉強に向けている感じ。体力的に余裕があるときは、机に座ってGrammar LessonやGrammar in Useをしたり、それがダメな時は横になってひたすらMP3に耳を傾けるということができるDMEは私の体調にはちょうど良いなぁと思います。

基本的に、早朝、お弁当を作ってAyaさんをお見送りして(福祉施設ということと通勤時間があるので6時半前後には出掛けてゆきます。偉い{/!!/})、その後私は午前中2時間位をGrammarの復習にあてています。薬(痛み止めが入り)を飲むと、どうしても眠くなるので、朝の薬はゆっくりめに飲んでそのあと、2時間程度お昼寝して、必要に応じて買い物などにもちょこっと行って、また午後2時間くらい、今度はDME中心で勉強。まだまだ買い物などすこし無理すると起きられなくなりますから、午後は横になっていてもできるDMEの時間{/嬉しい/}

Textの巻末のGrammar Lessonは上にも書いたとおり白紙にもどしたもの3-4部コピーをつくって、別のファイルにとじて何度も繰り返しています。といっても、他力本願の私のこと、自分で答え合わせはしないで、Jacky先生にその都度、チェックして頂いております{/汗/}

あと、Grammar in Useで解らないところや、明確でないところも遠慮しないで質問するようにというお言葉に甘えて、sayとtallの使い分けや、Have neverとHaven'tの使い分け(Have neverは習慣的・慣習的・計画的・意図的にしないaction、それ以外はHaven'tとのこと)なども教えて頂いたり…Jacky先生はとにかくGrammarについては厳しくも徹底的に理解できるまで何度でもしごいてくださるのが、他力本願の私に取ってはちょうど良い感じ。

それと別に、チャットウインドゥで送って頂いたポイントやメモなども全てコピー&ペーストで貼り付け、保管するとともにプリントアウトして綴じるようにしています。ワードがどうも苦手なので一太郎をつかっています。Jacky先生でやってゆこうと決心したのが今年の3月頃ですけれど、これも50枚ほどになっていて、折々に見直すよいレファレンス。その時の日付と時刻もそのままにしてありますから、本当に熱心に教えて頂いているなぁ…と、これも励みに{/グー/}

Textに出てくるIdiomは苦手ですが、今のところ辞書を引かなくてはならない単語はそれほどでてきませんので、MP3は特に覚えるという感じではなく、何回か聞き流している感じです。

そのほかに努力していること?まぁフリートークでもTenseを意識して言うように心がけています。言い間違いの癖は先生に熟知されていますのでその都度、直して頂いたり。Jacky先生は基本、早口ですし、正直なところそれなりに発音の癖もあるように思いますので、決して聞きやすいという訳ではないように思いますけれども、同じ先生でレッスンを受けていると、先生も私の弱点というか苦手なところを解っているので、それに応じたレッスンが受けられるのが良いなぁと思っています。できるだけ違った発音になれるというDMEの趣旨からは外れるかもしれませんし、他で英語を話す機会があまりない環境だと決してお勧めできる方法ではないと思いますが。

先日のバザーでなんでも100円で英語の小説のテープやCD、本が売られていました。書籍のほうはまだまだですが、テープはなんとなく流しています。

結局、ストイックにするなんて無理な性格だということは自覚しているので、1人DMEは出来ていません。

他の皆様は仕事をもちながらDMEを受講しているわけで、本当に凄いし偉い{/!!/}と尊敬しています。私には絶対出来ないと思うので、この療養期間中になんとか最後まで終わりたいと密かに目標を立てています。

追記:久しぶりにメールをチェックしたら、1年後輩で寮生活を一緒にした大学時代の同窓生が逝去されたので偲ぶ会があるとのお知らせが入っていました。気がついたのが今日なのでもう終わってしまっていましたが…エディンバラ大学に留学して英国在住だった彼女を少しうらやましく思ったりもしていたものですけれども、この年になると同年代でも逝去のおしらせが稀ならず…一時は心不全が心配されるくらいの大病を患って一時期仕事を離れているとはいえ、命がある1日1日は大切にしなくっちゃ…と彼女に教えていただいたように思います。

追々記:またまたスミマセン{/汗/}Writingはおサボりしています。いかんせん、テーマが見つからず…で、何か良い題材がないかしら?とネットで探していたら面白い教材を見つけました。関心のある方、よろしければお時間のあるときに覗いてみてくださいね。
http://web2.uvcs.uvic.ca/elc/studyzone/490/wchild/index.htm
なお、その大元のページには全てフリーで使える色んな教材が用意されているようです。
http://www.eslgold.com/reading/hi.html
ところどころリンク切れもありますが、よろしければご参考まで☆

by Hannah




【2011/05/05 14:29】 | DME
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。