緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ!Hannahです

今日も我が家は休養日・・・ってことで、一昨日発覚したネット回線不調の総修理をしていただきました。
4時半~7時半まで・・・約3時間の作業で、AyaさんのPCのメモリ増設までしていただき、こまごまとした設定やらなんやら・・・合計4台{/目/}

おかげで二人のメイン&サブPCは順調にコネクトできるようになったものの、レッスンまで時間が・・・

今日はいつも通りJacky先生で2コマとたまたまAmy先生のキャンセルがあったので1コマ=合計連続3コマでした。

なんだか旅行の話でもりあがってしまって、あまり進まなかったような{/汗/}

Jakey先生はいつも通りサクサクで、Amy先生でreviewということで、何とかLesson132を終了!

Ayaさんも元気が戻ってきて、明日からお仕事&レッスン再開とのこと、私もお弁当作り再開{/!/}ようやく我が家も普通の日常にもどる模様…{/嬉しい/}

追記:本日、お風呂上りのAyaさん、「皮むけた{/バッド/}」と一言…確かに!季節外れのプール焼けで、それなりに赤かったお鼻がみごと脱皮{/目/}…明日からお仕事復帰予定なのに…美人台無し{/!?/}社会復帰には厚化粧が必要?かも?・・・


by Hannah

スポンサーサイト

【2011/03/10 21:51】 | DME Stage8
トラックバック(0) |
帰国早々の8日に4コマJacky先生で予約していたのですが…
いろいろなことがあって、あまり身が入りませんでした。

いろいろなこと…
第一に帰国したらなぜか(置いていったPC含め)PC全てがネットにつながらなくなってしまってました(T_T)
急遽、ご近所プロフェッショナルのお兄さんにSOSコールし、来て頂いたものの、結局ルーターが動いていないとのことで、プロバイダーの契約内容がないと復旧不能との診断!とりあえずその日はEMobilでしのぐことにしましたが、やっぱり光回線とは違うようで、Skypeの調子も悪く、ビデオを切ってのレッスン…
そして体調もまだまだ…ということなので、最後は寝ながらのレッスン!
それでもかろうじてLesson130の終わりまで終了…しましたけれども、どこまで身についたことかわかりません。なんだかStage5-6くらいまでは楽勝で2コマ=2-3Lesson進んでいたような気がするのですが…順調に進んでいらっしゃる諸先輩のブログで自分の力不足&努力不足を痛感するこの頃です。
このステージになると、あまり新しい文法事項とかでてこないでむしろ語彙の増強中心といった感じですが、今回はoppinionやsuggestionを示すI should/ought to+past participleが出てきました。やっぱり英語の文法は英語で覚えた方がわかりやすいというか、頭に定着しやすいようです。
とはいえ、Dictationはボロボロ…そろそろ復習に本腰を入れなくては…と思うばかりでなかなか腰があがりません。

ところで、私にとってのDME効果ですが…
テンスなどの間違いは抜群に少なくなった感じ。さらにAyaさんが相当に聞き取れるようになっていて、ほとんど理解しているってわかるものですから、いちいち頭のチャンネルを切り替えることなく、基本、相手が英語ならばこちらも英語で流していて、相手に聞かれたくないところだけ(例えば「この運転手さん、良くしゃべるよね~」とか)日本語…ってとっても楽でした。AyaさんはあちこちでSingaporeanに間違えられていましたっけ…まぁ髪は背中までのロングだし、見ようによっては中国系現地人に見えるかも…って思うのですが、結構あちこちで真顔で聞かれてました(笑)。それって、発音がいいってことなんじゃ???って思うのですけど?
私はどちらかというと多少不正確でもしゃべってしまえ~というタイプですが、バイリンガルのように頭が2つの言語で同時に動いているわけではないので、英語と日本語をまぜこぜに使うっていうのは、TVのチャンネルをがちゃがちゃ変えてるみたいに、ストレスになります。今回はこれがなかったので、ストレスが抜群に少なく、また英語を話すのに構えるってこと(もとからあまりないタイプだったとは言え)が前よりもずっとなくなっていたように思います。といっても格段に上手になった感があまり感じられず…なんだかテンション低い再スタート…
このブログも2回消してしまって3度目の正直!もう消えても良いように、ワードで書いてコピー&ペーストです。ブログをしていらっしゃるかたにはおわかりいただけると思うのですが、せっかく書いた記事が消えると、もう書き直す元気は出てきません…これからはワードで書いて…ってしないとダメですね~
昨日は来客があり、Jacky先生のレッスン1コマはお休みしました。
なんだか、なんだかテンションの低~い再スタートです。

by Hannah
AUTHOR: 猫雲
EMAIL: chelseaagenai@yahoo.co.jp
URL:
IP: 110.66.96.152
DATE: 03/10/2011 20:37:23
おらも早く英語はなせるようになりたいです。
家の中でも英語を話したら、
ものすごい上達しますね。
うらやましいです。


追記を閉じる▲

【2011/03/10 16:37】 | DME Stage8
トラックバック(0) |
朝からム~ンとした空気に包まれた2日目。朝食はオープンエアーでとても優雅♪周りは白人のお客さんが大半を占めていました。朝食はバイキングになっていて種類はまぁまぁな感じです。写真を見ていただければわかると思いますが、私達朝からがっつりです(笑)バイキングって毎回取り過ぎちゃうんですね!!とにかくたくさん食べてもとをと取らないと!という貧乏性です(笑)

2日目はビンタンローカルライフ見学ツアー!これは「うるるんな所に行きたい!」という私の希望でhannahさんが勧めてくれたコース。当然、そんなツアーがあるわけないので前日、ホテルについてすぐツアーデスクでタクシーを予約しておいて6時間貸し切りで出掛ける形。目的地・・・といっても特にあるわけではないので、とりあえず「ローカルマーケットに行きたい」ってことで・・・実はhannahさんがもっているようなエスニックな素材を Getしてシンガポールでお仕立てしてしちゃおうっていう密かな目的もあったんですけど(*^_^*)・・・ちなみに完璧に絵に描いたようなリゾートって感じのリゾートエリアは何重ものセキュリティーゲートで守られているので、一般のインドネシア人はたぶん入れないようになってる?から?本当のインドネシアを見るには外に出てみないとわからないのです。hannahさんは前回来たときに体験して昔のインドネシアと何にも変わらない風景がそこにあるってことにビックリしたとのこと。実際、リゾートエリアをでたら倒れそうな感じの小さなお店があったり、外から中が丸見え状態でありあわせの木材でつくったとおぼしき住まいが点在していて「リゾートで優雅にしている私達のすぐそばで静かに暮らしている人がいる・・・このギャップ・・・。」って感じでした。村?やお店はジャングル?のなかに点在していて所々にあらわれるって感じでした。それでもすこし大きい村?だと学校があるのですが、見た限り全部ムスリムの学校のようで・・・おもしろいのは学校の制服。学校によって色がきまっているみたいで、スタイルは同じなのですが全員同じ色(だからピンクとか紫とか男の子も女の子もスタイルこそ違うけど全員同色!!ピンクちゃんとか紫ちゃんとかオレンジちゃんとか勝手に名前をつけてました)男の子でも選択の余地なし!だから普通にピンク・・・って、日本的に考えるとちょっと違和感ありありです。学校を選べたら色で選びたいかも(笑)。実際はそんなに学校があるわけないんですけど。あと、バイクが一般的な乗り物みたいで、1台のバイクに何人でも乗れる限り?何人でも乗ってます。私達が目撃した最高人数は6人(大人2人?に子ども4人がすし詰め状態でかじりついてる)・・・この国って人数制限なし?写真にとれなかったのが残念!
ビンタンでも大きな町?につくと学校も多いからか、いろんな制服のこどもたちが沢山みられます。それにしても暑い!シンガポールの暑さなんてもんじゃないです。すぐ近くの国なのに時差もあるし・・・やっぱりインドネシアって実感!

大きな町のマーケットプレイスについてすぐに両替しました。hannahさんからリゾート内はレートがすごく悪いってきいていたので・・・両替所って言うのがまた凄くて、なぜかお菓子屋さん?の奥にあり・・・インドネシアルピアってものすごく0が多いんです。洋服一枚が3500000Rpって・・・1S$=7000Rpくらいだから・・・って頭を整理しようとしましたが、私達の理解の範囲を超えているようで最後まで分からず{/まいった/}!お買い物のたびに英語が得意なドライバーさんにシンガポールドルで幾ら?ってきいて値段交渉・・・結局、あまり覚えたインドネシア語は使うことなく当初目的だったお仕立て素材をGet(^_^)v、あ!いちおう「イ ニ ブラッハ(いくらですか?)」は使ってみたものの・・・インドネシア語で返される(当たり前)から、なんのこっちゃわからず・・・(笑)結局、電卓と英語の出来るタクシーのおじさんを頼りに購入。これはシンガポールで仕立てるつもり。hannahさんは小さな髪留めとマンゴーを買ってましたっけ。マーケットは人がやっとすれ違えるような細い迷路のような路地を進んで行くとたくさんのお店が建ち並ぶエリアに入って行きます。絶対に1人で行ったら迷子です(笑)そこには暑い中お店の軒先でお勉強をしている子どもや、お店のお手伝いをしている子どもがたくさんいます。ローカルマーケットに外国人(彼らからしたら、肌の白い人はみんな外国人なのか?)が歩いていたのが相当に珍しかったようで、子ども達が私達の後を着いて来て「hello!」と元気よく声をかけて来てくれました(^_^)その笑顔とやんちゃ振りが本当にかわいかった!日本の子ども達が失いかけている「子どもらしさ」。彼らは純粋で笑顔がとても輝いていました。


お買い物のあとは、ドライバーさんの案内でかなり高級な?レストランに行ってシーフードを食べました、って言ってもhannahさんお魚料理苦手っていうことと、メニューのお魚料理がナマズ?の唐揚げ?みたいでちょっと怖かった{/汗/}こともあって、もっぱら貝づくし(笑)・・・そのあと、ほかのメンバーが水着を忘れたってことで、モダンなショッピングセンターへ(まるでイトー○ウー○ドーみたいな)に立ち寄りましたけど、こちらはクーラーも効いていて快適+50-70%オフってことで、時間があればもっと見たかった感じ。でも時間もあるし、ってことで心を残しつつホテルへ・・・
帰りは雨模様・・・タクシーが止まると車の脇に新聞をもった少年が現れて「新聞いらない?」と売りに来ます。小学校の前できっと学校に通えていない少年が校門の前で汚れた服で学校を眺めている姿・・・。なんだかとてつもなく苦しい気持ちになりました。リゾート内で優雅に旅行気分を満喫している私達のすぐ近くにこのような生活をしている少年達が多くいる。なんて言葉にしたらいいのか・・・言葉になりません・・。
途中から3週間振りの雨がザーザー降ってきたこともあって、早めにホテルへ帰り、再びゆるゆる。当日はOGOH-OGOH Festivalっていうのがある日だったのですが、つかれたし私達は夜のビーチandプールを満喫し、この日もプールバーでお兄さんとお話して帰り爆睡しました。

■Hannahの蛇足
Bintanは2回目で、前回と同じMayan Sariに泊まりました。この日はお風呂場に握り拳大のカエルが侵入していて、ちょっと大騒ぎ!トカゲがカップ麺の下敷きになってお亡くなりになってたり…とにかく自然は豊かです。今回は見られませんでしたが、コモドオオトカゲも前回見ました。
「うるるんな旅がした~い!」というAyaさんたちの希望でBintanに行くことにしたわけで…前に私はリゾートに飽きて、たまたま客引きにきていたタクシーを借り切って外に出たときの落差!にショックをうけた経験があったものですから…
ちなみに私が海外にでたのは意外に遅くて20代半ばくらい…大学の奨学金付き研修旅行でインドネシアに2週間派遣されたのが最初でした。それからどれほど年月がたったか…は、ナイショですが、とにかく年月がたっても変わらないインドネシアの顔がそこにあったのです。子ども達は汚い小川で水浴びand/or水遊びしているし…家は道路から奥まで丸見え状態で台風でもきたら倒れそうですし…
2重3重のセキュリティーゲートに守られていて、絵に描いたようなリゾートっていう感じのBintanとはまた違った素顔のインドネシアがそこにありました。
今回も風景は変わりませんでした。なんだか…って思います。
ちなみにドライバーさんは、昔私が訪ねたバタック地方の人(バタック族)で、ひさしぶりに「ホーラス!」(これ便利な言葉で、こんにちわ、さようなら、全部これ!)っていう挨拶を交わすと満面の笑み{/複数ハート/}、言葉って本当に心を開く鍵みたいなものです。
それにしても、リゾートと外のこの違い…自分がリゾートにいることが申し訳なく感じます。
いろんな矛盾のなかで私達の生活がなりたっているとしみじみ感じました。



【2011/03/10 14:47】 | Singapore&Bintan 2011
トラックバック(0) |
は~い皆様、お久しぶり~{/音符/}ぼく真修{/犬/}でしゅ

やっと2人が帰ってきました~{/音符/}出掛ける前は何があるのかわからなくて…僕たちそわそわしちゃいました。以前はお留守番得意だったんですけど、ここ1年間、ずーっとおうちで一緒って生活だったもので…すっかり甘えん坊になっちゃったもので{/ハート/}2人がお出かけするの寂しくて寂しくて拗ねちゃって2人に心配かけちゃった僕{/大汗/}。でもその間は、ご近所の優しいおじさんが朝晩見に来てくれたから頑張って待っていられたんだ~{/ピカピカ/}

でも、なんだかHannahさんもAyaさんも帰国してから、なかなか日本に再適応できないみたいで…ブログも英語もおサボりしてるから、待ちくたびれた僕が一足お先にお土産をお見せしちゃいましゅ{/複数ハート/}

まずはいつも通り変なもの
ビンに入っているのがホットケチャップ…今回、あっちで食べて美味しかったから…って見つけてきたらしいんでちゅ…たまたま特売で1コかうともう1コってわけで=2コで3.50S$
あっちの朝食では必ず普通のケチャップとこれがあったらしいんでしゅね。で、美味しいからって買ってきた…って…???

次はニュージーランドバター、今回、ニュージーランドいけなくて買い置きがなくなったからって当面の分を買ってきたらしいんでしゅ
ホテルで預かってもらって、無事だった♪な~んって喜んでましたけど、僕的には高級ホテルにご迷惑なんじゃないかな???っておもっちゃったりするんでしゅけど…

それから下は普通のお土産だそうで…カンに入ってるのがインドネシアのチョコ入りウェファースで、箱にはいっているのがシンガポール名物のシュリンプロールっていう春巻きのミニみたいなもの。それからインドのスナックでダルって豆を煎ったモノ…どっちも、お酒のお供に最高な~んていってましゅけど、僕たちが食べられるわけではないのでわかりましぇ~ん

でもでも僕達にはお土産ないなんて…あんまりじゃないでしゅか{/むかっ/}
Ayaさんはチャンギ空港で探したけど猫用のフードしかなかったのよ~☆なんていっちゃって…
まぁ帰ってきたから広~い心で許しちゃいますけど。
それにしてもケチャップとバターなんて考えられましぇん{/!!/}
ってことで…僕らの知らない人間社会…のレポートおわりましゅ…

またね~{/揺れるハート/}

by 真修
AUTHOR: 猫雲
EMAIL: chelseaagenai@yahoo.co.jp
URL:
IP: 110.66.96.152
DATE: 03/10/2011 20:35:10
ぐはっ!
かわいい。癒されます。


追記を閉じる▲

【2011/03/10 13:50】 | Singapore&Bintan 2011
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。