緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一昨日あたりから、左足の親指に少しずつ痛みが出てきて、靴をはくときに痛みを感じたり…あれ?と思っているうちに、少し赤みを帯びた腫れまででてきてしまい…
「痛風発作だ!」とやっと気がつきました。

痛風=ビールを飲むオジ様がなる病気という根拠のない思い込みがあった私…
昨年はじめてこの発作が出たときには、なにが原因かわからなくて、暫く放置しとうとう痛みがまして、周りからの勧めもあり仕方なくクリニック受診したところ、いとも簡単に「痛風」と言われてしまいガーン!Σ(゚д゚lll)
検査でも尿酸値があがっていて、診断確定!2週間分くらいの内服薬がでたのですが、そのおかげか、薬を飲み終わらないうちにあっというまに良くなり、その後も特に同じような症状になることもなくほっておいたのです。過日、同じクリニックにべつのことでいって検査結果をみたのですが、ここでも尿酸は問題になる値ではなく、先生も「痛風はおちついているね~」と。
ビールはもちろんお酒も殆どのめないので、自分的にはもうすっかり治った気分でいたのですが…
痛風は忘れた頃にやって来る(何かこんなフレーズありませんでしたっけ?)

今日は当直があって休めないし~お腹はすいているけれど、何を食べたらいいのか(=いけないのか)わからないし~
最近、食欲が今ひとつということや、ご飯が苦手になってきていて、今流行りのリコピンダイエットではないのですが、美味しくなってきているトマトとモッツァレラチーズの組み合わせにはまっていて、ほとんどこれが主食では?と思うほどの食生活をしていたので、痛風発作に見舞われるなんて思ってもみなかったもので…

こういう時、一人暮らしの私には会社の健康相談!ほんと安心な存在でありがたく思っています。
適切なアドバイスと痛みへのお手当の仕方を教えていただきました。
夜までに治ってくれると良いのですが…

うちの会社にはそんなサービスはな~い!
と思っていらっしゃる貴方!
ひょっとしてクレジットカードの付帯サービスや保険の付帯サービスにそうしたものがついていないですか?
たとえば…→こちら
私はクレジットカードの付帯サービスも使ってみたこともあるのですが、やはり会社の健康相談が一番良いと思っているので、最近は恥をしのんで?不安な時は速攻で会社の相談ダイアルにお電話することにしています。
このサービス=ほんとうに一人暮らしの強~い味方!なのです。
とりあえず患部をシップすることや、水分補給をたくさんすることなどアドバイスいただきました。
気にしていて朝食すら食べていなかった食べ物はそんなに神経質にならなくても良いみたい…
とはいえ、相変わらず体調いまいちですし、何よりも歩きにくい状態ですから、朝は中華おこわをチンして食べました。
それからデザート(=これ、私にとってMustなんです…)
ありがたいことにお隣さんから、先日おすそ分けいただいたスイカが冷蔵庫にあり、これなら水分補給にもなるし~というわけで朝からスイカデザート付きの豪華だか、質素だかわからない食事(笑)

夕方までに治ると良いのですけれども、安静が大事とも言われましたので、今日はテロテロDayかも?
レッスンもないですしね…

そうそう昨日のレッスンでAdvanced Grammar in Useに新しいEditionが出たと先生から伺ったので、今朝調べてみたら、しっかり4th Edが出ていました。
中身検索で見てみたのですが、内容はあんまり変化ないものの、ビジュアルでカラーも増えて見やすく前よりもわかりやすくなっている感じ。
でも手元にはもともと使っていたテキスト+復習用に購入してあった3rd Edもあり…そこそこのお値段なので、新版を購入するかどうか、まだ迷っております。
今月はお月謝+チケットでそれなりに出費しましたし、エアコンの修理とか転職のご挨拶の準備とか予想外の出費もあり、なによりもボーナス月(フリーで働いている私にはホンの少ししかないのですが)なので、これからの出費もそれなりに予測されるので…
う~ん、とうしましょう~

まずはゴロゴロしながら考えることにします。


スポンサーサイト

【2014/07/10 10:08】 | 耳より情報
|
土曜日の当直あけ、最近は懐かしの母校近くの四ツ谷にゆく機会が多くなりました。

あっでもその前に昨日の当直ではオフィスの模様替えがあったので、なんとなく落ち着かない勤務で(なにせ、普段みかけない偉い方々もぞろ~り徹夜体制でスタンバイ!)気づかれしたこともあり、当直のお仲間と朝ごはん&お喋りで楽しい時間を過ごしました。それにしても一晩で本社はもちろん支社までふくめオフィスの全面リニューアルをPCまで含めてすべてしてしまうって…すごいなぁ~と改めて!

いつもながら当直ではいろんなご相談があるわけで…それも夜中ということもあり、かな~り暗い後ろ向きなご相談が多い時間帯ですので、そんな当直の余韻を四ツ谷にあるキリスト教グッツやら、書物やらが取り揃えられているサンパウロとトン・ボスコに足を運びホーリーなものにかこまれて、ホケ~っとするのが私のリフレッシュタイム!ついでにイグナチオ教会のお昼のミサに参加して帰ってくるとそこそこ良い時間になって、お昼寝防止にもなりますから一石二鳥。四ツ谷界隈には院生時代によくいったお店などもあり、お昼もリーズナブルに美味しくいただけるので便利なのです。

最近のマイブームというか、ちょっとしたコレクションになりつつある、ロザリオなどを見たり購入したりするのも楽しみ!
今のお気に入りは、オリーブの木の玉を紐で編んだ素朴なもので、チェーンなどより絡みにくいですし、オリーブは育つのが遅い木ということもあり、素朴な手触りもいいなっと思っています。
知り合いの精神科の先生(=れっきとした正統派カトリックドクター)から瞑想を勧められたこともあり…

ちなみに私自身は全然カトリックじゃないのですけれども(^_^;

サンパウロの四ツ谷のお店の入口に少し前からこんな看板を見かけるようになりました。
DSC_0205_R.jpg

ちなみにこちらのお店を運営している修道会はれっきとした男子修道院!
にもかかわらず…「乙女菓子」(´・_・`)ですか~と顔見知りの修道士さんに聞いたら
「最近は、教会も高齢化しているから、もっと裾野を広げようとおもって」
とのお答え。

この乙女菓子がちょっとブームになっているのは
最近出版されたこちらの書物の影響もあるとおもうのですけれども
51tCvPOv.jpg

サンパウロに設けられている修道院の菓子セレクトショップコーナーでは、たしかにここでしか手に入らないというか、なかなか手に入りにくいお菓子が並んでいます。
どれも美味しそうなのですけれど、お値段もそこそこするので、手にとってみてもなかなか買えず(´;ω;`)
結局、いつもカウンセリングルームの待合室に常備している、大分のトラピストクッキー(これはお値段もリーズナブルなのにとっても美味しいと思うのです)におちついてしまうのですけれども…

合理化とか、効率化とかが最優先される現代社会のなかで、ひっそりと祈りの中でつくられている製品をみていると、その後ろにある物語というか、修道院の静かな生活が見えてくるような気がするのは私だけでしょうか…

さらに、この日は修道会の100周年ということで、講演会があるというので行ってみました。
神父さんのお話=あまり面白くないだろうな~という偏見があったのですが…
すご~く面白かったです。間のとりかたも絶妙で、あの綾小路きみまろに勝っているかも?というくらい。
しっかり高年齢層の聴衆の心をわし掴みするような内容でした。
もちろん、きみまろさんのような毒気はなく、むしろ後味すっきり!

講演会は無料なのに、同修道会が発行している月刊誌やカードなどのお土産付きでちょっと得した気分(*゚▽゚*)

講演してくださった神父様はなんでも、ついこの間、フランスから帰ってこられたばかりで、
私なりに理解できた出張目的は、
「これから世界中の修道院でつくられている素晴らしいものを日本に集めて売る!」
ための交渉。つまり、神父様バイヤー!o(^▽^)o
なかなか入手できないオリーブオイルとか、幻のワインとか、リキュールとか…交渉は難航したようですが、製品だけではなく修道院についても紹介するということで、いくつかの交渉を成功して帰国されたようです。

現代の日本ではどこの修道院も高齢化が進んでいるときいていますが、
講演会をした修道院でも平均年齢は60代後半とか…
それでも、目的のためには手段を選ばないこの根性!

最近、働き過ぎで体調を崩しちょっと仕事を休んだりしていますが、世間的にはもうとっくにリタイアしてよいお年の修道士さん、神父さんの前向きな姿勢から元気をちょこっとわけていただきました。

それにしても世界中の修道院のなかでひっそりと心をこめてつくられているものが日本で買えるような日が早くきてほしいですね!
当直明けがもっと楽しくなりそう…

東京での講演会は来週もう一回あるようで、またいってみようと思っています。
興味のある方(いないか~?)詳しい情報は→こちらのリンクから

by Hannah

【2014/07/06 14:14】 | 耳より情報
|
コメントへのご返信ができないままで、ごめんなさい!
帰国後、もろもろ追われておりまして、できるだけ早くお返事したいと思っておりますが、いましばらくご猶予をm(_ _)m

今日のアップはiTalkで現在受講していらっしゃる方、あるいは以前、(体験であれ)なんらかの形で受講したことのある方への緊急情報です(あくまでの緊急速報ですので、あとで記事を削除するかも?)。
※10/10追記:iTalkの掲示板にもありますが、感染はiTalkだけではなく、他のスクールにも広がっているようです。昨日いくつかのオンラインスクールをみたのですが、QQイングリッシュが同じような警告を掲示していました(世界中に感染が広がっている現状=注意喚起をしているスクールだけが感染しているとは限らず、かえって警告してくれてるスクールは正直なのかも?

iTalkのHPにも掲示がでていますが、私が今朝PCに向かっていたところ、東京サポートオフィスIDでSkypeに以下のようなSMSが突然来ました。
(私のSkypeにはいろんな時差がある地域からSMSが入るので、ツールバーに登録してあるため、PCにログオン=Skypeもログインという設定)

【2012/10/08 11:37】 | 耳より情報
|
またしても記事が消えてしまいました、それもおおかた書いたところで....
でも思いついたことを書いておかないと、仕事に集中出来なそうなので気を取り直して!

先頃念願だったASUS TF-201というタブレットにキーボードドックがついたAndroid端末をGENGENさんの忠告にもかかわらず、購入してしまった私ですが....
思った以上の便利さを感じています。

まずは海外渡航時(リサーチを兼)の荷物が減りそう…
これまでは
※デジカメ
※ビデオ
※ICレコーダー
※モバイルPC
※モバイルPC予備バッテリー
※モバイルHDD500GB
※国内用携帯(グローバルローミング対応3G)
※海外用携帯(SIMフリーのもの)
※電子辞書
※MP3Player
※海外仕様のコンパクトなタップ(これだけ電子機器があるとコンセントが足りず{/汗/})
だったのですが、

これからは
※デジカメ
※ビデオ
※Androidタブレット+キーボードドック
※国内用携帯(緊急時のため)
※海外用携帯(現地についたら即プリペイドのSIMカードを買います。ローミングでも通話できなくないですが、帰国後とんでもない請求がきますので、基本受けたら即こちらからかけ直す形)
※海外用コンセントタップ
とぐっとスリムになりそう{/ピカピカ/}

Androidタブレットには辞書(ちょっと?というか結構高い?と思うのですが、使いやすいOxford Advanced Lerner'sとフリーの英和)アプリがあるので電子辞書は不要となり、録音できるアプリ、動画&音楽などの再生アプリが入っていますのでICレコーダーもMP3playerも不要。Skypeが落としてあるので携帯も不要と考えられなくもないですが、さすがにタブレットから道ばたで電話をしたくはないですから携帯は個人的には持ちたいですけれど(ちなみに、Skypeの便利さを知ってからは家から国際電話を一般回線ですることはまずなくなりました。固定電話への通話もSkypeクレジットを設定してある為、必要に応じて自動的にチャージされますし、通話も良好&リーズナブルです)。タブレットには外側と内側に内蔵カメラがあるので、場合によってはカメラもビデオもいらないのかもしれませんけれども、個人的な好みでこれはもってゆこうと思います。

ちなみに先日延々高速バスで通院して10時間程度、動画再生したのですが、タブレットの電池が危なくなったのは本当に最後(ただし、フリーのバッテリーセーバーのアプリも導入していますので、寝てしまった時は自動的にスリープに)、念のため持参したキーボードドックにコネクトしたら即充電が始まって最後まで快適に使えました。

動画はMP4にあらかじめ変換しておく必要があるので、PCで取り込んだDVDなどを変換するのはかなり時間がかかります。寝る前に設定して、朝確認という感じですが、お気に入りやみたいと思いつつ見る機会のなかった動画を毎日1つ変換してゆけばよいかと。
私の場合、DVDやダウンロードした動画はすべて32GBのmicroSDに入れています。本体も64GBなのでそちらに入れても良いのでしょうが、一応。その他、キーボードドックにもSDスロットがあるので、32GBのSDをいれ=本体64GB+32GB+32GB=128GBという少し前までのモバイルPCなみの容量。

その他、導入しているアプリとしては、AudibleとTED(&TED Air)、BBCとNews Asia、Nドライブ(オンラインストレージ)、ちょこっとしたパズルゲーム(RPGは苦手なのでしません)、英語学習アプリ(当然フリーのものに限って)、先に触れた録音アプリとLEDライト(≒緊急用懐中電灯)などなど、です。

最近「英語力UP8000」というフリーのAndroidアプリ(iPadにも対応している模様)を見つけて入れましたが、これはなかなかお勧めかも?と思います。英⇒日、日⇒英、の選択問題だけではなく、英単語を記入する形式に加え、間違えた問題を中心にカスタマイズできる単語帳までついています。

タブレット端末の難点をあげると、やはり文書入力でしょうか?TF-201にはかなりしっかりしたキーボードがついていて入力はほとんどモバイルPCと変わらない感じですが、変換効率やOfficeとの互換性などを考えると、やはりモバイルPCのほうに軍配が上がります。まだAtokを入れていないこともあるのですけれども、やはり文書作成(編集を含む)だとPCが便利かな?と思います。
それにしても、タブレットって本当に凄い!と思います。

国外に電子機器を持ち出すときの検査ってすべてケースから出さなくてはならず、個数が多いとごちゃごちゃして面倒なのですけれど、モバイル端末によってこれもスリム化出来るかと思いますし。

余談ですが、その他、海外に行くときに便利なもの(電子機器以外)としては、使い捨てのカイロ(行き先にもよりますが、南半球は季節が逆ですし、またUKなどは夏が短く、冬は建物により室内でも寒いということもあり、基本毛布という生活でほかほかと足元を暖かく寝たいときには寝る少し前から暖めたのをベットの足元に貼り付けておくと便利、東南アジアのホテルは概して冷房が効きすぎていることが多いので寒いときも便利)などでしょうか?
さらに蛇足になりますが、カジュアルに海外に行くときでも、1枚はドレスアップできるワンピースなどを持ってゆきます。これは昔、地方議員さんのところにステイさせていただいたら、たまたまロイヤルバレエの講演に招待されているから一緒にいらっしゃい!といわれて、でかけたらその後のパーティーがあって恥ずかしい思いをした反省から(^_^;)。旅先でどんな出会いがあるかわからないですし、誰に紹介されるかもわからない=Ayaさんにも伝授したところ「確かに便利!」と。レストランでもドレスコードがあったりする場合もありますし、個人的な体験から一応、個人旅行ならばなおのこと1枚はもってゆく方がよいと思います。

基本、国外では英語のみの生活になる為、日本語の文庫本(捨ててきてもよいもの=ブックオフ105円コーナーの)を持って行っていたのですけれど、これもタブレットで青空文庫が読めるのですから、いらないかも?などと思いはじめています。

よく行くシンガポールの地図やMRTのマップなどもありますし、空港案内もフリーですので、色々と試してみても良いのかな?と思っています。

でも、肝心のスケジュールがまだ不透明なのですけれど(^^;)

追記:JST+4hのNZですが久しぶりに“ログオンしてる?”というメッセージがあったので、チャット⇒Video Callで旅程の相談をしました。ゆく予定にしていたのだけれども文章作成やら家のことやらが片付かないことを話したら、いつでもOKだから…とのありがたいお話。
ということで、週明けにSQ東京オフィスに電話して、いったん予約を白紙に戻すことにしました……チーン{/バッド/}
まぁ6月はAyaさんも大学院のほうの課題がてんこ盛りで忙しそうですし、今年は涼しいというか、片付けに最適な気候ですから、すべきことを済ませてからの気分転換も悪くないかと。6月末~7月中旬までには出国して2-3週間現地に滞在するつもりです。夏休みになると混み合うので……

by Hannah



【2012/05/26 15:42】 | 耳より情報
|
飲料水がなくなったのでお買い物にでかけた結果、腰の痛みが強くなってしまって、悩んだのですけれども椅子に座っているのもつらい状態だったため結局レッスンを直前キャンセル{/NG/}先生にも申し訳ないですし、今月はキャンセルが多いのでレッスンあたりの単価が上がりそう…
ただその分、夜の団欒がゆっくりできたので帰ってきたAyaさんと、とりあえずHoldしてある「Singaporeどうしよう?」などと話していたらAmazonで注文したDVDと本が届きました。たまたまスペシャルオファーで現在無料プレミアム会員になっていますが、これって便利だと感じ始めていて、もうもとには戻れないかも?(Amazonの思うつぼ?)。安いと思ってかったBBCのDVDはリージョンの問題で、プレイヤーで再生できずかなりショック{/衝撃/}あとでPCで試してみます。

そこでたまたま頼んであった航空関連の雑誌が届いたので、二人で興味津々。Air NZではスカイカウチというフルフラットになるエコノミーがあるらしい…でも日本発NZ行きは運用されていないのが残念(LA便らしい)!まぁいつもChristchurch便はいっぱいなので、これは当分ないなぁ〜と。
それともう一つの特集が来年から本格化するLCC(海外格安航空会社=Jetstarなど)。JALがJetstarと提携しましたし、来年にはいよいよ海外も格安競争になるかも?と期待が高まります(反面、そうすると今ゆく必要がないか〜ともまた迷う!)。すでに関空には色々なアジア発LCCが乗り込んで来ている感じですが(すでにPhilippines格安のセブパシフィックも運行されていて、かなりやすそう)、残念なことに首都圏は乗り遅れ!まぁ運用が開始されたとしても、当然のことながら成田ベースだとは思いますケド(リムジンだけで横浜から往復7,000円!)。裏技としてはリムジン代と同じくらいのお金を払って高速バスで関空までゆくというオプションもありでしょうが、すでに年齢的に厳しくなっています(^^;)

第3の特集が半端なマイレージの使い方。私の場合はSQでマイレージ会員になっています。Air NZも同じマイレージグループのスターアライアンスなので、これが便利ということもありますが、まぁ一番のる航空会社で登録するのが妥当かと。で、気がついたのですが、マイレージって(会社によりますが)一定のマイレージを達成していると必要マイル数に応じた金額を支払って買い足すこともできます。フリーチケット買うのにはちょっと足りない…というときに少し払って、フリーチケットGETという裏技。ただし、フリーチケットはその時の混雑状況にもよるので、必ずしもとれるとは限りませんが。日本-NZってそれなりの距離ですから、これまでにフリーチケットを獲得したことも、アップグレードしたこともあります。ビジネスは大体、エコノミーの3倍近いですので、どちらかといえばフリーチケットよりはアップグレードでつかったほうがマイレージはお得感があるのは言うまでもないことです。リッチな気分で空港ラウンジでゆるっとできますし…でも、まぁできるだけお安くどこか国外へというときは、ちょっと惜しい気がしますけれとマイレージプログラムを使うのも考える余地があり、SQオフィスが空いたら問い合わせてみようと思い立ちました。

で、本題!SQのマイレージクラブであるKris Flyerの案内ページにアクセスしてみたところ、これが英語ページしかありません。念のためUA(ユナイテッド)でもBA(英国航空)でも試してみましたが、日本語HPはあるものの、マイレージについての詳しい説明やプロモーションは全て英語ページでした(日本語なんてそんな扱いです)。各航空会社がマイレージ会員向けに様々なプロモーションしているのに、これが使えないなんてもったい!まぁ自動翻訳という裏技もありでしょうが、海外旅行を念頭に英語の勉強に励んでいらしゃる方でもし外資系航空会社の会員がいらしたなら英語の勉強をかねて、一度じっくり読んでみることをオススメします。

友人のアメリカ人は「日本のニュースは偏っているし(それは私も認めます)、土台ネットで得られる情報の99%が英語なんだから、それを読まないってあとの1%の情報で分かったつもりになってるようなものじゃない!」と手厳しい{/!!/}まぁ彼女自身外国人記者だからか?
そもそも、私がDMEについて疑問をもちはじめたのも(以前アップした記事でDMEと書いていますが、正しくはその古いバージョンのCallanについてでした、お詫びして訂正します)、外国語教師間でのCallanについてのディスカッション“What's do you think about callan?”をWebで読んでから。その後、本家CallanのほうのHP読んでみて非常にすくない投資ですんで倒産しないとか、教師になるためのトレーニング期間は5日とか、訴訟中とか“?”と思うこといっぱい。まぁ今一生懸命勉強している方の意欲を阻害したくないですし、どんよりした気分になるのでこのへんで止めます。だからといって意味がないわけではなく上記の批判的議論でも、アウトプットの量が多いことで初級者には役に立つことが指摘されていますこと…念のため、申し添えさせていただきます。端的にいえば問題はその上になったときに、クリエイティブに表現する能力とか、自分の考えを述べる力とかそういうところで議論があるわけでして…意味が全くないということではないです(なんだか奥歯にものが挟まった言い方にならざるをえないのは、退会後も利用規約にしばられているから?)。

脱線をもとに戻して…
海外旅行でいろいろワクワクしたり悩んだりもする現地オプショナルツアーですが、これも英語ができると便利で安上がりにできることは言うまでもなく!
前にご紹介したオクトパストラベルはホテルだけではなく、現地発の観光や現地での空港送迎なども手配できます。もちろん日本語ツアーもありますが、英語ツアーの方が選択肢が多く、お値段も格安なのでオススメです。たとえば、シンガポールからクアラルンプールまでの片道バスが3,200円(6時間)とか、観光客に人気のナイトサファリも夕食込で4,700円とか、シンガポールリバークルーズが900円とか、さらに空港ラウンジ利用も予約できて3時間で1,700円、5時間で2,100円と格安です。これが日本語ツアーとなるとオクトパスでも同じナイトサファリ夕食込みが6,100円となり、両者の価格差はなんと1,400円{/目/}差額=ホーカース(フードコート)ならば、かなり贅沢に2‐3人が飲食できる金額{/!/}
そのほかにも現地発英語ツアーですと日本でアレンジできる以上のおもしろいツアーがあり、例えばロンドンだとGohst Bus Tureが2,200円とかWindsor, Stonehenge and Oxford - Select Tour(10hr30min)5,500円(食事含まず)、Afternoon Tea at The Sherlock Holmes1,900円とか…
予約方法は簡単で、オクトパストラベルのトップページから観光ツアーのボタンをクリックして、観光ツアーのページに入って、左上にある渡航予定地域&国を指定して検索し、良いのが見つかったら言語(日本語・英語・ーなどの表示)をクリックすると指定言語での詳細が出てきます。ただし!もしシーズンオフに行く時は注意が必要かも?実際に私は湖水地方へのツアーに予約していて、指定された集合場所に行ったら「今日はお申し込みが少ないので、もしよかったら同じようなツアーでもうすこしお高いのに同行しませんか?」とのお誘いがあり、せっかく予約したのだからキャンセルも悔しいと参加→ハリー・ポッターかお化け屋敷か?という感じの壁面あますところなく肖像画が飾られた古城に案内されてしまって、怖かった経験{/衝撃/}同行者と二人で怖いから二人で回ろうっていって固まって動いていたら、うしろからヒタヒタと足音が付いてきたので振り返ったら、小柄な年配の女性と若い女性が二人して「怖いから、一緒に回ってくれませんか?」と訛りのある英語で話しかけられました。フランスから親子旅行でいらしたとのこと。日本人だからこういう雰囲気になれないのかなぁ?と思っていたら、そうでもなかったらしく。まぁそんなことも良い思い出になっています。

ちなみにオクトパスは日本にも窓口がありますが、基本的にキャンセルしても事前にカードで払った代金の返金はないものと思ったほうが良いです。そうしたことが煩わしければ、現地にいってホテルにある色々なツアーの案内をみて申し込んだり(当然英語の勉強になります)、あるいはツアーデスクがあればそこで申し込んでもよいかと思います。

もちろん日本語カイドつきでもよいのでしょうが…せっかく海外にいらしたならば、現地発の英語ツアーで回ってみませんか?多少わからなくても風景はたのしめますし、かつ色々な国の人と巡り会えるのが面白いです。

※追記(長い記事がさらに長くなってしまい恐縮ですが、マイレージに関連することですので、こちらで)
マイレージプログラムのログインがうまくできず、朝からSQコールセンターに電話した結果→現在保有しているマイルでシンガポールまで航空券が無料でGetできるとのことでした。さらに、詳しく調べていただいたところなんと{/衝撃/}12月末で失効するマイルが8,000マイル近く、さらに1月末で8,600マイルが有効期限切れ(会員になっている航空会社によりますが、マイルには有効期限があってSQの場合は3年で失効=使えなくなります)とのこと{/!!/}若干の手数料を支払って有効期限を半年だけ伸ばすことができるそうですが、コールセンターのおすすめは「お使いになったほうがよろしいかと」もうこれは飛ぶっきゃないでしょ{/!/}という状況です。マイレージプログラムでGetできる席数というのは便によって設定されているので、こちらも空席確認していただいて、12月上旬だったら比較的すいているから大丈夫でしょうとのことでした。燃油チャージは自腹ということで=38,000円位とか?かな〜り格安日本脱出プランです。12月中に予約をいれて1月でもOKとのことでしたけど、1月は忙しいかも?ですので、かなり飛ぶ方向に傾いています。ということで、とりあえず一昨日確保したBookingは却下{/!/}になり、代理店さんに電話して取り消していただきました。それにしても、コールセンターって便利で親切かつ格安航空券を代理店から買うよりも安いって…まぁ昨今は個人客についても航空会社が熱心にセールスをしているということは良いことです。

by Hannah

【2011/11/30 09:57】 | 耳より情報
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。