緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、久しぶりにAyaさんがアップしてくれたように、我が家の生活は4月以降、いささか忙しく流れております。
食卓での会話も
「日本におけるスピリチュアリティーの定義って?」とか「ロジスティック回帰分析って、結局、何?」とか…なにやら専門的な雰囲気に…
英語が苦手!というAyaさんですが大学院の試験を終えて「難しかった~triangulationなんて出てきて、なんのこっちゃ分からん!」と言われた私の方が、「え?triangulation?」と聞き返す始末。「つまり、Hannnaさんと私と、それっていう三つの点からみるみたいな…」と言われて、やっと意味がつかめました{/汗/}若いってすばらしい!って思います。いつの間にか、私の知らないことをどんどんと吸収している感じ{/ひらめき/}

日々結構クックパッド®のお世話になりつつ、色々つくっていますが、前のようにアップしている余裕がなく…写真を取り込んだついでにまとめてアップ{/晴れ/}

まずはAyaさんのご実家から届けて頂いたお野菜(真ん中のは長~いピーマン!)&お庭で収穫したトマト


NZで大好きになった思い出のパブローヴァ(ほぼ卵白メレンゲだけでつくるケーキ)作り方はこちら


最後、これまたベトナムで食べた懐かしい揚げ春巻き

一口サイズでいくらでも食べられてしまいます。作り方は
こちらを参考にさせて頂きましたm(_ _)m
その後、鳥ひきでもトライしてみましたが、それも美味しかったです{/嬉しい/}
この揚げ春巻き、通常のライスペーパーを4分の1に切って巻くのですが、先日仕事帰りのAyaさんと待ち合わせて伊勢佐木町に出かけたとき100円均一で有名なDA○○Oで、半分くらいの大きさのライスペーパーを見つけて、大喜びしました。中華街で買うよりもちょっと高くなりますけれど、1パック10枚で100円=使い切りしやすいので、今度はそれで試してみようと思っています。

というわけで、ちょっと駆け足になりましたけれども…

by Hannah
スポンサーサイト

【2012/07/26 00:30】 | クッキング
|
クッキングカテゴリーで久しぶりのアップです。
いろいろ写真などを撮り貯めてはあるのですが、なかなかアップする時間と体力がないというのが正直なところです。オンライン英語の予習+レッスン=毎日3-4時間くらいかかっていますので、なかなか他に手が回らないというのが現状なのです。で、お料理も最近すこし手抜きかも?今朝など、Ayaさんが出かけるのにも気付かなかったくらいですし{/NG/}

でもAyaさんのご実家から頂いた柿をつかって久しぶりに「創作料理?」で美味しいモノができましたので少しだけ、おすそわけレシピです。

関東でも最近は「平種柿」が出回るようになりました。これってもともと渋柿の渋を抜いたものにて(この渋抜きを「醂す=さわす」というのだということ、つい最近教えられました。方言かとおもったら立派に辞書にのっている言葉!)、種なし+とにかく美味しい…昔は近畿しか売っていなくて、出張ででかけたついでに立ち寄り知り合いになった奈良県五条市の八百屋さんから数年間以上、毎年送っていただいていた時期すらあります。この柿の食べごろって難しく、早すぎるとまだ渋がのこっていますし、遅くなると柔らかくなりすぎてしまう…というわけで、毎日柿の状態を確認しながら熟成具合と競争で食べています。当然、ご近所さんにもおすそ分けして大喜びされたり、びっくりするくらいのお返しをいただいたり{/目/}(Ayaさんに柿を持っていってもらったら、お嬢様が勤務先からリーズナブルに手に入るということで用意してくださっていたオールレザーの新品バックをお返しにいただき、ひっくりかえりそうになりました{/嬉しい/})

で、本題に戻りますが…そうやって毎日確かめていても、気づかぬ内に熟れすぎてしまってやわやわになっている柿発見!そういうときはクックパッドをすかさず利用します。柿って色々なお料理にも使えるようで、見つけたのが柿ドレッシング。ただ、これってオリーブオイルが入るのでちょっと我が家流にアレンジしてみたのが以下↓

{/ダイヤ/}柿ドレッシング(プレーン)
※材料※
やわやわになった柿…1つ
ホワイトヴィネガー…スプーン大さじ1-2杯
レモン汁…味をみながら適宜(だいたい我が家では4分の1切れ分の絞り汁)
はちみつ…スプーン小さじ1-2杯(お砂糖で代用しても可、柿の甘さなどにより、お好みでなくても可)
塩…ほんの少々(これもお好みで入れなくても可、入れると少し味にメリハリがつきます)
※作り方※
やわやわになった柿の実の部分だけそっとスプーンで掬って、ボールなどにとってスプーンやフォークでひたすらつぶし、滑らかになったところで他の材料を投入してさらに泡立て器でよくかき混ぜる、以上で完成!
→普通のサラダでも美味しいですが、お肉のソテーなどのソースにすると色がきれいで美味です(^^♪

{/ダイヤ/}柿ドレッシング(サワークリーム風味)
※材料※
上記の柿ドレッシングプレーン…1個分
サワークリーム…大さじ3-4杯(だいたい市販のサワークリームの3分の1〜半分くらい)
※作り方※
柿ドレッシングプレーンにサワークリームをいれてよくかき混ぜる、ただそれだけです。

で出来たのがこれ↓

他にもピーナッツバターを入れる方法などもあるようですが、サワークリームがさっぱりして合うかな?と「味を描く能力がある?」私は入れてみたら、相性バッチリでした{/OK/}

そこでさらなる展開…こちらもクックパッドを参照しつつ、我が家流にアレンジしたレシピです。
{/ダイヤ/}鳥肉と柿の和え物
※材料(2人分)※
鳥もも(ご予算やお体の必要性に合わせて、ササミでも、むね肉でもよいかと思いますが)…1-2枚(人数やお肉の大きさによって調整してください)大体4-500グラム位で2人分になります。
種無し柿大…2個
料理用日本酒あるいはホワイトワイン…カップ1
スパイス(今回はブラックペッパーとローズマリーを使用)…少々
お塩…適宜
※作り方※
①鶏肉は冷水でよくすすいできれいにしてから、予め塩とスパイスをすり込んでしばらくなじませます(大体30分位?)。②鳥肉に塩とスパイスがなじんだら、深めのスープ皿などにいれ、お酒あるいはワインをふりかけて、ラップするかあるいはレジ袋(こちらのほうが溶けないのでオススメ)にいれて電子レンジで酒蒸しにします。③電子レンジのオートクッキング機能でOKですが時間的にはレンジのワット数にもよりますので様子をみながら12-15分位チンしてください。④蒸し上がってもしばらくそのまま予熱で蒸らしつつさめるのを待ちます。⑤手でさわれる程度になったら、お皿から出して包丁で大きめ一口大に切ります(ササミやむね肉ならば、そのまま手で割いてもよいかと思います)。割いたお肉はもう一度むした汁にもどしながらあら熱をとると乾燥してパサパサにになるのを防げます。⑤その間に柔らかくなりすぎていない普通の柿2個の皮をむき一口大に切ります(大きめの方が見た目がよいかも?でもお子さんがいらっしゃるご家庭ならばダイスや拍子木に切ってもよいかも?)。⑥柿がむけたら、ボールに切った鳥肉と柿を入れて、柿サワークリームドレッシングを上からかけてよくあえて、他のお皿に盛り付けたら出来上がり↓{/チョキ/}

とっても簡単なお料理ですが(お料理って言える?っていうくらい)柿の甘さと、鳥肉の塩加減が絶妙にあいます。お料理に柿って変って思うかもしれませんが、昔から日本には柿なますっていう料理もありますし、柿が手に入ったら是非お試しくださいませ。

※追記
このレシピ皆さまに見ていただいているみたいですので急遽、写真を交換←あまりにも盛りつけがひどかったもので(^^ゞ

by Hannah









【2011/11/28 18:32】 | クッキング
|
時間があるときにまとめてアップするものですから…何度もスミマセン{/汗/}

このごろの毎日は…
朝起きて↓
予習して↓
3コマオンラインでレッスンを受けて↓
ブログのアップやメンテナンスをして↓
夕食をつくったり、お風呂にはいったりすると↓(洗濯物は乾燥まで全自動{/目/})
あっというまに就寝時間{/ZZZ2/}

オンラインレッスンをしはじめてから、特にGrammar in Useに取り組み始めてから、殆どの時間を机にすわっていて、仕事をしていた時と変わらない生活パターンになりました。まだまだ弱い筋力もあって肩こり、腰痛もかなり(^^;)ですが主治医の先生からはよいリハビリと励まされています。ですので頑張ってちょっとアップします。

きのうAyaさんご実家からお野菜&フルーツがぎっしり入った宅急便が届きました{/複数ハート/}なんだかこの高騰のおりにお野菜がいっぱいあるってリッチな気分&なんだか安心できてしまいます{/複数ハート/}Thank you Aya's Mum & Dad(^^;)

柿はまだ早生とのことですが、色々な種類のものが入っていてビックリ{/ひらめき/}いろいろ集めてみたら…こんな感じ↓(珍しい黒柿もあります){/ピカピカ/}


そこで先日ご紹介したサイトのお勧め料理を参考に、ちょっと凝ったように見える料理に挑戦しました。Ayaさんが絶賛してくれて、近所に住むお友達にも食べさせたい…ということで、急遽{/携帯/}「まだ夕ご飯食べてない?だったらおいしいものあるからこない?お野菜のおすそわけもあるし~{/音符/}」と言葉巧みに誘い出し、私たちは先方にもってゆく手間を省きました(^^;)ほんの数分のところに住んでいるので、約10分ほどあとにはゲスト到着。このほどよい距離感ってとっても便利だし、楽しい{/!/}まさにスープがさめない距離{/!?/}シェアリビングと同時にコーポラティブリビングが実現しています。ちょっと日本的じゃないかもしれませんが(^^;)

まだ少しのこっていたSinigangもあわせて出したら何やら多国籍な献立{/嬉しい/}

{/クラブ/}本日のお品書き{/クラブ/}
Sinigang (Fhilipino) スープ
Pollo alla cacciattarora (Italian) メイン
Goi (Vietnammin) メインの付け合わせ(人参は在庫切れのため入れてないですが)
Rice (Japanese)
Kaki (Japanese)



先日みつけたこちらのサイトの管理人さんって、男性かつ奥様をつい最近なくされていらっしゃるのですね…それにもかかわらず、見知らぬだれかの為にサイトをきちんとアップし続けていらっしゃるって…凄いなぁと思いました。サイト自体がきれいな作りで見ているだけで楽しく&日本にあるもので色々な国の料理をつくってしまおうという、とても便利なサイトです。よろしければ、ぜひお訪ねください(今日のお品書きにリンクをはっておきました)。

by Hannah



【2011/10/18 19:50】 | クッキング
|
本日、全国的には?休日ですがAyaさんは普通に日勤なので我が家も普通の1日です。というわけで久しぶりのクッキングカテゴリーアップ{/食事/}

この間、別にお料理をしなかった訳ではないのですが、Ayaさんが我が家に一緒に暮らしてくれることになった当初よりも最近は「ありもの」で適当に~というパターンが多くなった感じ{/汗/}それだけ慣れてきたというか、まぁ気を遣わなくなったというか(^^;)
ちなみにシェアリビングの見直しで食事づくりを別にしよう!って話し合ったのですが、結局、ふたりとも持続したのはほんの数日であとは前のパターン{/嬉しい/}まぁ私的にはその方がお金がかからないし、余って同じものをずーーーーっと食べなくてはならないということもなく、同時にでもMustではないから、しなくても{/OK/}ということで、前よりもお気楽に{/目/}作っております。たまには「面倒だから帰りに何か買ってきて~」とか「今日は外で食べよう!」なんてこともするようになり、朝寝坊してお弁当をつくるどころかAyaさんが出て行ったのも気がつかなかったり…言ってみれば肩の力が抜けてきた?感じ。気持ち的には前よりそうとうにお気楽ですので、これはこれで居心地がよいのです。

ところで昨今のお野菜の高さには本当にビックリ{/衝撃/}ですね。

最近、私はGrammar in Use;Intermediateに集中的に取り組んでいる関係もあり?かなりの時間を英語に費やしているから?お買い物はAyaさんが担当してくれることがかなりのパーセンテージを占め(昨日、Ayaさんから「万歩計つけてみたい!1週間にどれくらい歩いてる?」な~んて言われちゃいましたケド(^^;)、昨日はお水の買い出し(ペットボトルじゃなくて、お店で指定容器にいれる5㍑ボトル)3本をカートで持って帰ってきてくれて、まさしく我が家の力持ち{/グー/}で、いつも買い物から帰ってくると「いや~ビックリ!信じられない値段!」とお野菜の高騰を嘆いております。当然、最低限必要なものだけしか買わず、あとは家庭菜園があるご実家にヘルプコール{/携帯/}{/波線/}明日あたり?長ネギまで入ったお野菜セットが長旅して届く予定なのだそうで…我が家のお米もご実家のだし、かな~り食費は助かっていて感謝{/複数ハート/}「別に○百円の長ネギ買えないほど我が家、貧乏じゃないでしょ{/!?/}」などと言ってもAyaさんは「だって買う必要ないって言われてるし、うち(実家)にあるんだし、送ってもらえばいいじゃん」と涼しい顔{/回転線/}基本、私は人生の殆ど都会暮らししかしていないし、親戚(いとこは全員シングル・キャリアーウーマン=絶滅危惧種{/嬉しい/})自体すくないので、この食べ物が宅急便で届くって新たなるワクワク体験で、かな~り嬉しい感覚です{/揺れるハート/}

昨晩、さて今日のご飯どうしよう~と思って、ふと思い立ったのが、フィリピン料理Singigang…たまたま、このスープベース?を前に近所でかっていたことを昨日のフリートークで話題にしたので、初めてのお料理にトライしてみました。ちなみに作り方は多分、袋のうしろに書いてあるだろうと思うのですが、そこには輸入食品のシールがベタッと全面的にはってあって読めず、先生に訊いたのですが、先生はお料理自体は知っていても作り方は知らず(考えてみれば、かの国で一定以上の暮らしをしているならばメイドさんがいるだろうし、そうでなければ食べる自体がギリギリなわけでしょうし、そんなに知っている人はいなくて当然かも?)。で、先生に勧められたとおり検索してみたら…ありました!作り方!
こちらに(このサイト、よく見てみたら各国料理を家でつくる方法が書いてあって、なんだかとっても便利そう{/ひらめき/}今日はベトナム料理を作ろうかな~などと思ったり=ページの上の方にあるBackで戻ってゆくとトップにたどり着きます)

ちなみに上記レシピでは日本で比較的手に入りやすいもの+エビという組み合わせですが、我が家ではスープベースがあるので、豚ロース固まり+スープベース。なすは在庫がないので、ジャガイモで代用、インゲンもありもののスナックエンドウで代用とかなり適当です。まぁこれを売っていたフィリピン食材&イートアウトのお店のフィリピン人の方も、お肉と野菜を適当にいれて煮ればよいという感じで話していましたし…

使ったのはこれです↓

昨日の先生曰く、フィリピンではKnorr=ノールと呼ぶそうです。
※輸入元:合同会社 買太 東京都葛飾区東金町3-15-10-301{/電話/}記載なし!

基本的にお肉を適当に食べやすい大きさに切って(なにも書いていなかったですが、一応、ナツメグ&ブラックペッパーをまぶして下処理)、くし切りタマネギやジャガイモを入れて、お水とスープベースと種を取り除いた鷹の爪(これもAyaさんのご実家産が台所に束でさがっていたので(^^;)それをブチッともいで1-2本=種を取って輪切り)を投入し、お肉が柔らかくなってきたらトマトやスナックエンドウをいれて…
と超簡単&適当{/目/}でできたのがこちら↓


う~ん、ほぼパッケージに近い仕上がり{/チョキ/}
お味は、酸味が効いてだしもでていてちょこっとピリ辛=かなりおいしかったです。暑い国だから酸味(昨日の先生によればこの酸味はタマリンドを使っているからとのこと)は大事なのかも?さっぱりとしてクセのないトムヤムクンという感じ?

追記:2日目になると辛みが増しますので、鷹の爪は控えめか、お子さんがいらっしゃるご家庭ならば無し!でも良いかも?我が家はエスニック大好きなので2本入れましたが、翌日暖めなおしたら少し辛かったです。

とっても簡単ですので、ぜひお試しのほど!

by Hannah





 





【2011/10/16 08:05】 | クッキング
|
以前、英作文を教えて頂いていたアメリカ人の先生から習ったココナッツカレーです。前に記事の中にかいているかもしれませんが(^_^;)夏野菜が美味しいこのごろ、食べたくなる味です。ほったらかし&手間いらずで美味しいというのがポイントかもしれません{/嬉しい/}

■作り方■
※材料(2人分)※
鶏肉(モモがベストですが、お安い胸肉でもOK)…2枚
玉ねぎ…大玉なら1~2個、小~中だと2~4個
オリーブオイルand/orバター…適宜
ローレル…1~2枚(大きければ1枚でOK)
ココナッツミルクパウダー1袋またはココナッツミルクの缶詰…半分~1缶
カレールー(我が家ではフォンドボー・ディナーカレー、どれでも良いのですがあまり粘度が高くなく基本的にさらっとした感じのルーがお勧め)…1/2箱(ココナッツを入れると甘くなるので中辛がお勧め)
生姜の1ミリスライス、3-4枚
ワイン(白でも赤でも)…50cc位?適宜
塩…少々
こしょう…少々
水…2リットル程度
☆あとはお好みで☆
スゥイートチリソース…大さじ1→これを入れるとぐっとエスニック度UP
なす・おくらなど夏野菜…適宜
を加えても良いと思います。

※手順※
1.鶏肉は軽く塩こしょうして、お酒に少し漬けておく(胸肉の場合、ぱさぱさしないようにこれを生姜とローレルを入れた熱湯に入れて数分くらいボイルして、そのまま冷まして余熱で中まで火が通るようにすると、ふっくらと仕上がります)ボイルした熱湯は、後のカレーで使うので、捨てないでスープが冷えたら鶏肉だけ取り出して下さい。

2.鶏肉を一口大に切ります。モモの場合は、生姜もこのときに一緒にスライス。

3.玉ねぎはみじん切りして平皿にもり、オイルand/orバター&塩少々と混ぜてラップをしないで電子レンジで10分前後チン(Wによる)してください。玉ねぎが若干透けて見えるくらいになったら頃合いです(後でよく煮込むので、玉ねぎは粗みじん切りでOK)。そのあと少し薄く色がつくくらい炒めた方が美味しいですが、夏は面倒ですので…とりあえずそのまま。なお、玉ねぎは多めの方が美味しいです。

4.熱湯あるいは、2でできたスープにローレル(とモモ肉のときはスライス生姜)、やや大きめに切った鶏肉、チンした(あるいは炒めた)玉ねぎをいれて中火でコトコト煮ます。大体2-30分くらいしたら、ココナッツミルクを入れて(本当は少量の水であらかじめ溶いておくとダマにならないです)、ダマが出来ないよう良くかき混ぜ(なすやオクラをいれるならこのときが良いと思います。他のお野菜ならば、軽く炒めてから鶏肉と一緒に)、さらに10分程度、その後、フォンドボー・ディナーカレールー半分を細かくして加え、スゥイートチリソース…大さじ1を加え、少し弱火にしてさらに10分、時々焦げないように様子を見ながら煮込んで下さい。

*基本、スープカレーのようにさらっとした仕上がりになるので、あまり焦げないと思いますが、でも時々は見て下さいね。あと仕上がりは、普通のカレーよりも薄い色になります。我が家は基本、なすのみです。オクラに味をつけないのならば、別に湯がいて盛りつけのときに上にトッピングしたら綺麗かも?そのほかにコーンなどもいれると彩りが良いかもしれません♪



写真、できたら後でアップします。
夏カレーと酵素風呂で、夏やせ目指します{/グー/}

by Hannah

2011/09/04追記:
写真を漸くアップしました。スープたっぷりな様子をお知らせするべくあえて平皿に盛ったのですが、なんだか貧相^^;なので、もっと良い写真がとれたら差し替えます♪


【2011/07/20 10:50】 | クッキング
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。