緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日(21日)もメイン先生で、2lessonがとれ、やっとAdvanced Grammar in UseのUnit100のExcercise100.3終わりまで終え、
Advanced Grammar in Useの全Unitを終了しました。

最後のUnit99-100のInversionはとにかく難しくて、分からないながらやや強引にすすんだ感じがあり、正直いってまだ達成感という心境には至らず…

もっともっと復習が必要だなぁ~と感じさせられています。

でも、すぐに延々と一つのTextをしているのも飽きてしまいそうなので、ちょっと時間をおいてから…

とりあえず、先生を通じてiTalkにAdvanced Grammar in Useの3rd Edtionを導入していただくようにお願いしました。

このtextをはじめたのは2011年10月28日で2012年10月29日まででUnit95までと約1年…その後、やがて生活の変化や忙しさにかまけて、2年近くお休みしてしまって今月7日からre-startはUnit96からで、最後はちょっと駆け足だった感じ←というか、私の理解力がついてゆかなくなり、強引にfinishした感あり…一つのtextを終えたのにもかかわらず、思ったより達成感がいまひとつなのは、私の理解力のたらなさゆえかと思ったりしています。

まぁとにかく嫌で嫌でしかたなかった終わった~のはひとえに先生の忍耐力の賜物かと感謝!
思いっきり不機嫌でレッスンに臨んでもいつも笑顔で励ましていただいてここまで…
なによりも私の力で独学はとてもむりでしたから…
とはいえEnglish Grammar in Useはやさしすぎる感じがあるので、このtextはもう一度、大事なところだけでも復習したいかも?とにかく達成感というより、「終わった~」という感じ!
ということで今日のところは…

☆本日の記録☆
2lesson=50min(メイン先生)
Unit100=全Unit終了!

スポンサーサイト

【2014/07/22 00:04】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
いつの間にかタイトルから日付が抜けてしまっていたので復活!
iTalkに出戻って1カ月で実際にどれくらいレッスンできるかの記録も兼ねているので…

前の記事にも書きましたが今朝は先生からのコールがモーニングコール状態で午前1レッスン
そして午後3レッスンと久しぶりに長くレッスンをしました。
昔は6レッスンとかしていたような記憶があるのですけれど…あれは別のスクールの時?
でも出戻る前は毎日75分コースだったので1日3レッスンが普通でした。

今回は当直もあってできない日もあるので、毎日2レッスンのプラン+チケットという形にしたのですが
50minってほどほどに集中力が途切れない良い時間かも…と最近
今日みたいに時間がたっぷりとれると、逆にたらたらしてしまって効率が悪いようで…

本来ならば今日終わる予定だったAdvanced Grammar in UseですがUnit100 Ex.100.1の途中までしか進みませんでした。このUnit最後だから?というわけでもないでしょうが、とにかく難しい!

ほとんど理解できていないまま、かなり強引にすすんでいるような…
まぁ先生もほとんど使わない(小説などでは使う)という表現続出のところなので
理解度も大事でしょうが、どんじりでも完走した!というオリンピック精神のような気持ちで
いまのところ進んでいます。

今日、Advanced Grammar in Useの3rd Edtionが届きました。
構成はあまりかわっていないですが、ページがフルカラーになって、図解なども多くなり、なんとなく、新しい版ほのほが取り組みやすい感じがします。今使っている2nd Editionはほとんど文章だけの説明ですので…
紙質もよくなり、ページ数は294ページと前の版とかわらないのですが本自体が2nd Ed.に比べて薄くなり約半分強くらいの厚さになったので持ち歩きやすくなった感じがします。

Advanced Grammar__R

☆本日の記録☆
午前1lesson(フリートーク)
午後3lesson
Total=4lesson=100min byメイン先生

【2014/07/20 17:04】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
今日も当直明けで午後にレッスンが入っていたので四ツ谷行きは諦めることにしました。
一昨日、書類をとりに4つの役所をまわって、東京に行き、一旦横浜の自宅に戻って、また仕事で東京に出たのが(古い横浜人は会社が東京でいつも通勤していても今だに東京に出るっていいます…笑)災いしたのか、胃腸症状が出てしまって最悪~な体調でもなんとか当直!→家に帰って大急ぎでお風呂にはいり、お一方の面接を終えて、即効でお昼寝。そしてまたその夜当直という2連続当直の生活も、かれこれ1年を過ぎると体が慣れているようで、いつもはそんなに大変ではないのですけれども…ぐっすり寝たのがよかったのか、昨晩にはかなり回復!タイムリーなことに、今朝は当直のお仲間からお食事のお誘いがあって、またまた朝食兼朝飲み会(…といっても、お酒に弱い体質の私は、いつもソフトドリンクでのお付き合いなのですけれど(^_^;
わいわいとお喋りしていたら、あっという間に2時間…とてもとても楽しい時間をすごしました。

そのあと近くのスーパーで買い物でもして帰ろうかなぁと思っていたのですが、まだちょっとレッスンまで時間があるし~最近疲れているし~というわけで、前から気になっていたマッサージ店に行ってみました。60分2800円という格安な料金にもかかわらず、すごく上手で体も軽く、パソコンで疲れていた目もパッチリ!さーこれからレッスン!と駅に向かったところ、京浜東北線も山手線も事故でストップしており…大慌て!いかんせん、レッスンまであと2時間を切っているわけで、大急ぎで地下鉄→東横線の乗り継ぎに振り替えたものの、それでもレッスン時間に遅れる~~!!というわけで、途中から先生にお詫びメッセージをいれ、遅刻しつつ自宅PC前に滑り込み、なんとか2レッスン…

金曜日のお仲間とは仕事が一段落したときなど、いつも話が弾みますし、その道の先輩のお話はいろいろ勉強にもなったりしますし、そのあと気の置けないお喋りしてマッサージまでうけてなんだか、久々にハッピー!!を体験したあと、地獄に突き落とされたような気分…

そんなこんなで、当直の合間に予習していたのですが、Excercise99.1までしか進みませんでした。

Unit99-100はInversion(倒置)なのですけれども、個人的には難しい感じ。
内容も今ひとつ理解できていないような気がします。
Ex99.1の正解率…6問中2問=Advanced Grammar in Useが終わり近くになっても、まだまだだなぁ~と思います。
特に動詞を用いた慣用句は苦手意識が今だに強いです。

でもまぁトンネルの先が見えてきているので、今は進むのみ!

明日は振替レッスンも使って3レッスンの予定です。
もうこれで振替レッスンも使い果たしてしまい…あとはチケットをつかうしかない状態ですが…
でもその前に、予習しないと!ですね!
連休中にはAdvanced Grammar in Useなんとか終わりそうです。
上にも書いたとおり理解度は、まだまだだなぁ~とは思っておりますが…

◇本日の記録◇
2lesson=50min(冒頭遅刻したので正味40分位?メイン先生にて


【2014/07/19 17:26】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
今日は何度リロードしても、キャンセルがでなくて予約がとれず
メイン先生で1lessonのみ受講しました。

昨日し残していたEx.98.3を終えて、Unit99の左ページ説明文まで終了!う
とはいえ、結構自信があったEx.98.3もボロボロだったような…

今日は夕方まで面接が入っていたこともあり、全然頭にはいっていないような…

それにしても、新しい予約システム=使いにくいこと夥しい!
今日は月曜のクラスがオープンしたので、それまでとっていた土曜日の2lessonを慌ててキャンセルして土曜日の4lesson予定→2lessonにreduceして、何とか月曜日の予約を確保しました。

ご負担をかけてしまっている先生にも申し訳ないなぁ~と思いつつ…

今日は正直ブチギレモードでいるので、少し言葉がすぎたらごめんなさいm(_ _)mと先にお詫びしつつつ…
iTalkのtopページに出ているユーザビリティ=現状では嘘だと思います。
ホームティーチャーはなくなるし…
実際のところ、チケットレッスンを追加購入しても、予約は3レッスンまでしかとれず…
チケットならば7回まで予約できるというのは、はっきり言って、看板に偽りあり!ではないか!とか

もちろん話す機会を増やしたいという受講生にとってはどの先生でも良いのかもしれないですし、
またいろんな先生でレッスンするのも必要かもしれないですけれども、
iTalkではテキストレッスンもしているので、そうなるとある程度決まった先生につきたいというのは
受講生の偽らざる本音ではないでしょうか?

スクールとしては、出来るだけまんべんなく予約が入って欲しいのだろうと思いますけれど
やはり人間相性もあるでしょうし、何よりもその受講生がもとめているものもそれぞれだと思うのです。
予約システムを変えてみたところで、いつもいっぱいの先生はいっぱいだし、そうでない先生はいつも空いていたり…
それで15分のフリーレッスンもなくしてしまったのですから、受講生はますます一定の先生で予約する傾向は変わらないのではないかと…
結局のところ、その先生の予約状況は、先生のスキル×お人柄×受講生との相性(学習目標&人間的)できまるように思います。それを予約システムでコントロールしようとする最近の予約システム改悪(あえて書かせていただきます)はスクールエゴといえないでしょうか?
もし本気で予約をまんべんなくしたいのであれば、予約システムでコントロールするのではなく予約の少ない先生に対してきちんと教育やケアをするとか、受講生に負担をかけない方法があると思うのですが…
個人的には、少し高くなってもよいのでホームティーチャーを復活していただきたいところ。さもないと仕事の関係とかでどうしても予約がとれないという事態に遭遇する確率がたかくなります。
それからチケットはtopページのように7回予約可とするか、さもなければtopページの記載を修正したほうが…
iTalkの良さはいろいろあって、①講師の質が全体的に高い、②きちんとフィリピンに根ざして地域貢献をしようという姿勢があり、実績もある(=安い労働力を搾取しているだけではない)、③これは前項と関連していると思うのですが、教えている先生たちがこのスクールが好きで、ここで働いていることでHappyという気持ちが伝わってくる、④受講生のニースに対するフレキシビリティーが高く、希望したテキストなどを導入してレッスンしていただける、といった数々の点があるとおもうのですが、オリコンでランクインして、さらに英語サイトも立ち上げてグローバルな展開を志向し始めたころから、ちょっとこのスクールが営利第一主義になりつつあるような懸念をもちはじめています。

もともと不動産を手がけていた社長さんの趣味が高じてスタートしたようなiTalk
小規模だったときが懐かしいのは私だけ?
もちろん事業として伸びているのですし、当然のばしてゆきたいのが経営者だとは思うのですが、創業当初にあったであろう社長さんの志しとか願いとか思いとか、忘れて欲しくないなと思っています。

と今日はすごく辛口で、お世話になった社長さんにも申し訳ない気持ちを一方でもちつつ、このスクールのファンだからこそ!あえて書かせていただきましたm(_ _)m

◇本日の記録◇
1lesson=25min

【2014/07/16 22:31】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
昨日、Unit98で出てきたcleft sentanceという言葉…
日本語でどう訳すのかなぁ~とふと思い、ネットで調べてみたところWikipediaに訳語と説明がありました。
分裂文…初めて耳にした用語です。

以下、Wikipediaからの引用
===============================
分裂文(ぶんれつぶん、英語:Cleft sentence)とは、単文の中のある成分(主語、目的語、その他)を強調するために抜き出し、コピュラ文を主節とする複文に変換した形の文をいう。

日本語の例を挙げれば「あいつが花瓶を割った」という代わりに「花瓶を割ったのは(が)あいつだ」という文である。

英語などSVO型語順を持つ言語では、主節の動詞をなるべく前に置くことが好まれるため、例えば
We're looking for Joey.「私たちはジョーイを探している」
を言い換えて、
Who we're looking for is Joey.「私たちが探しているのはジョーイだ」
というよりも、さらにダミー主語のItを用いて従属節を後に置いた
It is Joey that we're looking for.

という方が一般的な語順となる。そこで後者を、文が2つの部分に分かれているという特徴から分裂文と呼び、前者を擬似分裂文(ぎじぶんれつぶん、Pseudo-cleft sentence)と呼ぶ。つまり英語では it + be動詞 + X + 従属節 という形が分裂文、 従属節 + be動詞 + X という形が擬似分裂文である。ここでXは名詞句、前置詞句、形容詞句や副詞句である。焦点はXに、もしくは(特に真正の分裂文で)従属節またはその一部に置かれる(発話では強調される)。
引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%86%E8%A3%82%E6%96%87
(2014年8月16日16:00閲覧)
============================
そもそも日本語の文法用語と英文法がリンクしにくい頭だからか?難しく感じます。

Advanced Grammar in Useの説明だと…
Focusing:it-closes and what closesが見出しとなっていて
主なところを抜き出すと…

We can use an it-clause with be to focus attantion on the information that immediately follows ti + (be).
A sentance in which emphasis is given using this pattern is sometimes called cleft sentence. The clause after the it -clause(useually that-clause) contains information that is already known or considered to be less important.
と説明が有り、例文として以下のようなものが…
He already plays for the national side, and it was only last year that he rurned professional.
I don't mind her criticising me, but it's haw she does it that I object to
またWhat-clausesについても

If we want to focus paticular attention on certain informaion in a sentence, we sometime use a what-clause followed by be.
といった説明のあとで
What we gave them waws some home made cake
(↑What gave them some home-made cake. )
といった例文が挙げられ、また別の用法として
We often do this if we want to intoroduce a new topic; to give a reason, instruction, or explanation:
と説明があり、例文として以下のようなものがいくつか…
Tim arrived two hours late: what that had happend was that his bicyclebchain had broken.
What upset me most was his rudeness.

自分で取り組んでいると難しく感じるAdvanced Grammar in Useですが、こうして見ると、日本語の文法説明よりもはるかにわかりやすく感じるのは気のせいでしょうか?

やはり英語は英語のまま理解したほうがよいように思うのは私だけ?

【2014/07/16 19:27】 | Advanced Grammar in Use@iTalk
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。