緑豊かな山手から英語学習&シェアリビングの記録、そして意外とローカルな横浜情報など…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前の記事に書いたように、今日はBuddyでリーズナブルな受講料を提示しているNateve先生のFree Lessonを受講しました。

Buddyはいろんな先生の掲示板のようなもので、価格はまちまち。当然、フィリピンなどアジア圏の英語講師の情報もあり、当然、そちらのほうがNative講師よりは割安な料金設定になっているのですが、それでもiTalkと比べてみると高い金額…
大体の先生が、Trialとして15~30minのFree Lessonを設定していて、それで予約をするとレッスン代はかからない仕組みになっています。以前は、このFree Lessonの予約のしかたが、いったん予約してメッセージでFree Lesson Pleaseとか書かないとだめで少し面倒でしたが、サイトがリニューアルして、予約時の画面からFree Lessonを選べるようになっているので、かなり使いやすくなりました。

英国圏ではあるけれども、英国住まいではないので、発音は思ったほどBritishでもなく、そもそも声がクリアーではない(ラインコンディションの問題ではなくて、もともとの声の問題かと…)のですが、事前に簡単なプロフィールや目的をチャットで送ってほしいといわれたので、発音にフォーカスしたいこと、またGramatical Mistakeがあれば指摘してほしいことなどをつたえました。

時間になったら、お決まりの?よくありがちな?自己紹介(Buddyではこちらだけではなく、先生のほうが延々とすることもあったりするのですが)もなく、ほぼダイレクトに発音にフォーカスしたレッスンにはいり、最後にちょっとだけ(私がAdvanced Grammar in Useを終えたといったにもかかわらず、チャットにミスがあったため?)Altanative Questionで正しい文をえらびなぜそれが正しいか説明せよというGrammarの小テストがあって、これは全問正解!なぜかという説明のほうは怪しいのですが(時間もなくて先生もとくに聞いてこなかったですし)、Grammar in Useをしてきたおかげで、自然にこちらのほうが正しいと答えられることにちょっと安堵。先生としては簡単なレベルチェックだったかと思います。

私自身、Buddyのvyewというオンラインプラットフォームになかなか入り方がわからずもたついたこともあり(Buddyにログインしてからしか入れない+Adobe flashが最新でなかったためアップデートが必要にて)、本来15分のはずのFree Lessonを30分してくださって、余談もあまりしないですし、継続してもよいかなぁ~という印象。

発音がBiginer Levelからというのがちょっと時間の無駄かな~と思ったりもしましたが、週1回くらい受講してもよいかな?と思いました。


スポンサーサイト

【2014/07/22 20:31】 | English@Buddy School
|
今日はお天気が悪いせいか、今ひとつ気分がどんよりしてしまっていかんなぁ〜と思いつつ、Buddyで見つけたNative先生とオンラインレッスンを午前中に60min、午後にiTalkで75minを受講しました。

実はこのレッスンの前に少し先生とはやりとりがあって…
先週分のレッスン代がPaypalのシステム上、決済できず{/まいった/}慌てて日曜日に近くのセブンATMにゆき確かめたのですが、残高はあり…ということで、何度も確かめてそして昨日、無事に決済ができました。先生から「まだ振り込まれていないのですが」というSMSがあったので、お詫びのメッセージとともに次回分まで振り込んだことをSMSで伝えて、おじぎをしているアイコンをつかったのですが、これが先生をuncomfotableにしてしまったらしく…“It's Cultural Challenge”との返信があり{/汗/}ちょっと気まずいスタート{/汗/}{/汗/}{/汗/}
先生によってスタイルはいろいろなのでしょうが、こうした受講生も先生を選ぶ権利があるけれども、先生も受講生を選ぶ権利があるというBuddyのシステムは、一般のオンラインスクールと少し違うところだと思います。普通のオンラインスクールだと受講生の側だけに選ぶ権利があるって、たまに先生はかわいそうかも?と思ったりしますから。まぁそれでも個性的な先生がそろっている?iTalkだと先生によっては「私は苦手」「教えたことがない」とGrammarのレッスンを断られた経験がありますが、それはそれで正直かな?と思ったり。

そんなこともあったので、レッスンの始まりは上記の話でしたが、先生によるとPaypalではシステムの問題でそうしたことが結構あるのだそうです{/NG/}私はこのところ参考書やテキストさがしでもオンライン決済していますので、いつの間に限度額をこえるほどお金をつかってしまったのか{/衝撃/}なんて焦りましたが{/汗/}{/汗/}{/汗/}あと、日本人は思ってもいないのに“Sorry”というのは…というのが先生のご意見。Sorryは本当に相手に対して具体的になにか(害となるような)悪いことをしてしまったときにSorry for...で使いなさいとのこと。まぁもっともといえば、もっともなのですが、ついつい言ってしまうんですよね、間違えた時など。特にSorryを言っても訴訟になったりしない国にばかり行っているということもありますが(^^ゞ
この先生、おじぎのアイコンも好きではないとのことにて、やはりこのへんのCaltural gapというのはあるなぁ〜と、今日は強く感じました。

まぁ言語化してしまったあとは、いつも通りの雰囲気に戻ってレッスン。
今日は、先日の宿題になっていた100-200wordのEsseyを送信して、その間違いや不適切な表現を指摘していただきながらのレッスンでした。書くということは会話よりもより正確な文章構成がもとめられるので勉強になるなぁと思います。このところTenceを意識してできるだけバラエティに富んだ表現をしようとして書いているので、そのへんは褒められました。が{/!!/}そちらのほうに集中した結果、Articalが落ちていると指摘されること多数。あと三人称単数の-sもあちこち落ちていました{/NG/}こちらを立てればあちらが立たず…ってどうしたものでしょう???

この先生は楽しくテンポ良くレッスンを進めてくださる先生で、Jokeも連発=「楽しくなくっちゃレッスンじゃない{/!/}」という感じなのですが、最近、この楽しくてExitingなレッスンとOxford先生の落ち着いたレッスン、その中間くらいのiTalkメイン③先生という組み合わせのなかで、段々と「楽しくてExitingなレッスン」に付き合うのが負担になってきている感じです。もともと自己評価が低いほうですから、褒められることとか羨まれるという状況や感情に不慣れということもあり、まぁそれでもDMEの単調さや、レッスンの負担感を軽減するには褒め言葉も大事かな〜と思ったりする一方で最近はあまり本人がそうも思っていないにもかかわらず、先生の方がExcitingだったり、大げさに褒められたり…って負担だなぁ〜と感じ始めています。このへん若干、アメリカンカルチャーとブリティッシュカルチャーの違いもあるかと思うのですが。
私が知っているイギリス人=感情をあまり表に出さず、いつも冷静沈着で紳士的、かつ慇懃&ときに沈うつという一方で、アメリカ人=フレンドリーでオープンで何事も大げさ、かついつもExciteしている…って偏見があるため???この2つが適度にミックスされているNZ人が個人的には程よい感じなのですけれど。

オンラインレッスンは楽しくなくっちゃ〜というのは分かるのですが、「子どもではないのだから…」と思うのは私だけ?かといってあまり厳しくされすぎるとついて行けないので{/汗/}{/汗/}このへんのほどよさっていうのが、難しいなぁと自分ながら。
どうもOxford先生のレッスン以来、このレッスン中のバランスというかトーンというかをうまく協調させるのが難しくなってきています。多分いまのところの私は、非常に愛想のわるい、ノリの悪い受講生かも??なんて思うのですが。

今日は初歩的なミスもさることながら、先生からもアカデミックライティングだとその表現は使わない、こっちのほうが良い、といった指摘もあり、この1年ちょっとで英語をならうというレベルをどうやら超えてしまったらしいという自覚がやっと芽生えました。でも実はこのレベルからの脱出が一番難しいとも思いはじめています。つまりブログのサブタイトル通り、英語を話せる→正確かつ綺麗な英語で***ができるというレベル{/目/}

先は長そうですが、最近はOxford先生のレッスンが楽しみになってきています。英語を習うのではなく、それで何かを習いながら、間違いを直していただく形。無理に先生のテンションに合わせなくても良いですし…
実際のところは、Articalのような初歩的な間違いが多発しているのですケド(^^ゞ結局のところ、自分が好きな分野でアカデミックな議論がしたいのかも?オンラインレッスンと苦闘すること1年2ヶ月弱とはいえ、今では英語+αがないと物足りない感じにはなってきています。

by Hannah

【2011/11/21 23:01】 | English@Buddy School
|
昨日は体調が優れず、結局まる一日英語をおやすみしました{/がっかり/}

今日はBuddyで見つけた先生と2回目のレッスン。
まだ完全に波長があっているわけではないですが、このNative先生はあくまでもAcademic EnglishにFocusしている感じで、Beginnerの場合は他の(もっと安いAsia Basedの)先生に移るように勧めているとのこと{/目/}
最初のFree Lessonで先生が行われただろうアセスメントで不合格にならなくてよかった〜と改めて思いました{/嬉しい/}

事前にある程度書いたものを用意していたのですが、かなりGrammarical Mistakeがあるとのことで{/汗/}最初のセンテンスにしかはいれず{/汗/}{/汗/}

この先生ってIELTSのAcademic Moduleを教え慣れている感じにて、それにそった話題というか、実際のテストで使われるような質問をつかってのレッスンが得意かも?とも思いました。

とりあえず今日はいくつか、お題をいただき次回までに100-200wordのEsseyを書いて先生にEmailで送って、それをものにDiscussuionするとのこと。
先生の評価では、今のところ私はやはりAdvancedだとのこと。ほんとでしょうかねぇ〜実際に会話では沢山ミスを指摘されているのですが{/汗/}{/汗/}{/汗/}
先生曰く、IELTSでのSpeaking Partが一番私にとって楽なところで、ReadingやWritingが難しいだろうとのこと。
できるだけ英語の本や記事を読むようにということと、Vocabularyについてはわからない単語に出会ったら、前後から推測するのではなく面倒がらずに必ず辞書をひく!と言われました。
あとListeningも大事ということで、AustraliaのTV Newsのサイトを紹介していただきました。このサイト、MP3でダウンロードできるようになっているので、便利かも?NZのTV Oneも地震直後はWorldwideで視聴できたのですが、最近は国内からでないと視聴できないですし、NZ英語とAustralia英語はあまり差がないので試してみようと思います。
Grammar in Useについては、Advancedが良いだろうとのこと。すでに取り組んでいて、今年中には終えたいと思っているといったところ、「そんなに早く進んだら簡単に忘れちゃうでしょ?」と先生からブレーキがかかりました。いえいえそれでも十分になが〜く感じるのです{/バッド/}とにかく色々とすることがあって大変です。

加えて話すときは(日常ではそれなりに通じるレベルとはいえ間違いがあるので)スピードをダウンして、Grammarに集中してよく考えながら話すようにと、今日も言われました。
まぁJokeが好きで楽しいレッスンをしてくださる先生、かつ経験も知識も豊かで細かいミスも見逃さずきちんとこちらのミスをSMSにタイプして「どう直す?」と聞いて下さるので、とりあえず継続{/!!/}

それにしてもIELTSって選択肢から選ぶだけではなく話したり書いたりも求められるテストですから、なかなか大変そう{/まいった/}

by Hannah



【2011/11/16 15:56】 | English@Buddy School
|
今日は先日Buddy Schoolで見つけてトライアルしたNative先生との初回レッスンを朝8:00から1hr(60min)受講。

お鍋会は流れたものの、NativeもiTalkも予習が十分出来ていなかったこともあって、Day Off(最近はAyaさんのおやすみ=我が家の休日)にもかかわらず、朝6:00前から目覚めてしまいました。

目覚めのコーヒーのあとちょっとぼっとしたり、朝食の下準備をしたりして付け焼刃的予習{/汗/}
そしてNarive先生とはじめてのレッスン。今回は初めてということもあって、Free Talkingに多くなってしまいましたが、先生は細かいミスや、Speakingの構成などについてもチェックしてくださっていて、なかなかGoodな印象です。

今日のレッスンを踏まえて、次回からそれなりにFocusを絞らないと・・・というわけで、私がTenceやConditionalが苦手ということを伝えたところ、ConditionalについてはNativeでもよく間違いがあるとのこと{/目/}どうも、日本人って完璧主義なところがありますが、Nativeでも苦手と伺うと気が楽になります。このNative先生(しばらくレッスンを受けるつもりですので以下A先生)のレッスンでは、先生もAcademic Speaking, Presentation and Lectureingといった専門的なSkillsやWriting SkillsなどあくまでもAcademic EnglishにFocusして下さる役に立つ感じです。レッスン中も「普通の会話ならNativeでも間違いはあるし、今のままでも伝わるのだけれど、Academicな場面ではそうした間違いは問題になるよ、まぁ1つの講義で1-2個ならいいけど、それ以上はダメだし、ましてや専門的Writingで間違いがあったらダメ」という感じで直してくださいます。先生はできるだけ間違いをSMSで直したいという方針をお持ちのようで、今日も「まだ喋るのが早すぎてタイプできないよ〜」と言われてしまいました。そう考えるとiTalkの先生ってすごいかも?と改めて。まぁNativeだからタイピングができるのは当たり前というのも偏見で?私の友人などNZ人かつIT関係なのに、一本指打法で見ていてイライラするくらいですから、仕方ないかも?とも。

それにしても、あちらは夏の雰囲気が漂っていて、懐かしく羨ましかった〜です。まぁ先生のお住まいは湿度が高くて、私が苦手なSand Fly(最初に食べられたときにはお医者さんにいかないと無理か?と思うほど腫れてしまい、あわててPermacyに駆け込んで専用の塗り薬でかろうじてセーフ!)もいるとのことで、画像で見るほど快適ではなさそうでした。先生はリビングでSkypeしている様子で途中で後ろに人がはいったり、電話がかかってきたり・・・でしたが、全体として私の方向性にあっているかな〜という感じですし、お人柄も楽しい先生です。レッスン終了後、早速次の予約をいれました。週2回の受講でiTalkと合わせると20,000円を超えてしまうかも?ですが、レッスンはかなりお得な感じです。1hrあたりの単価をきいたAyaさんは「絶対に私はしたくない!」って断言していた位です。それでいて教えて下さる内容はバッチリ{/!!/}ですし。最初、レッスン録音の許可をもとめるタイミングを逸していたら、先生のほうから「どうして録音しないの?しないと復習できないし、身につかないから」とおすすめフリーソフトまで教えられました。自分の声はききたくないということで、通常のレッスンは先生の声しか録音していないといったら、勉強にならないので両方録音するようにとも(^^ゞ

しばらく、Free TakingではTenceの間違いなくPerfectに話せるように・・・ということを中心に指導していただくつもりです。あともうひとコマはWritingかIELTS対策。

当面、週2回でFree Takingと他のレッスンを交互に受講する予定です。

BuddyのNative先生は15USD(米ドル)〜12EUR(ユーロ)、あるいは10GBP(英ポンド)位ですが、少しお安くてなおかつ良い先生をみつけられたことを幸せに思っています。ただ昨日Buddyを見ていたら、Canadaベースでも1hr5CAD(カナダドル)の先生がいらっしゃって、予約がかなり入っていました。Buddyだと色々な先生が色々な地域から教えていらっしゃるので、平均するのは難しいですが、あまり安い先生は別の国から移民していらしたり、旧ソビエト連邦の国の先生が多い感じがしてちょっと躊躇してしまったり(これも偏見?なんて思いますが、やはりNativeから受講したいという意向は変わらないのため)。フィリピンベースのNon-Nativeだと5-7USDの先生が多い感じにて、7USDだとiTalkの月謝制のほうがお得になる計算?まぁ為替レート次第ですが。ということもあり、早速外国為替相場のページをブックマーク{/¥/}しておくことにしました。BuddyではPaypalで支払うシステム=その時々の相場に影響されるので、これは重要だと思います。

もっと書くべきことがあると思うのですが・・・また消えると立ち直れないので、とりあえずアップしますm(__)m

by Hannah



【2011/11/12 16:33】 | English@Buddy School
|
※おことわり:この記事、1度殆ど書き終えたところで消え、あとから慌ててアップしたため、情報不足の所があり、書き足しています。お許しをm(_ _)m

オンラインESLってある種の依存性があるかも?で一定期間以上定期的に受講し続けると良くも悪くもレッスンを継続的に受けないと不安というか、何か抜け落ちているのではという感じとかが、出てくるようです。目的と手段が入れ替わってしまって手段が自己目的化してしまう危険性を感じたりもします{/爆弾/}{/衝撃/}

我が家ではTVが付いていることが滅多になく、むしろPCをふたりしてダイニングで開いている時間の方が多いため、「私達ってネット依存症?」なんて言ったりしています。最近は日本でも国立病院に専門病棟ができたようで…最近、耳慣らしのために再開したBBCを見ていたら、依存症というのはただ単に見ている時間帯が問題なのではなく、それによって引き起こされる行動障害のほうから定義されることになるみたいなので、とりあえずセーフ{/!/}

まだ結論がすっきりした訳ではないのですが、費用対効果を考慮した一応の中間戦略として?「フィリピンベースの先生で出来るレッスンはできるだけフィリピンベースで受講し、できないところについてのみNative先生のレッスンを受講する」というのが当面の方針。

実は前にもUKベースの先生をBuddy Schoolで探して何度かレッスンを受講しているのですが、この先生…スコットランド在住ということもあって?(イギリス英語でも地方や階級によって微妙に違いがある為)、聞き取りにくい&悪気はなかったと思いますがこちらの努力を「子どもみたい」と笑われたこともあり{/むかっ/}、費用対効果を考えると見直しが必要…と思っているウチにIntensive Grammar Lessonが始まったので中断した次第。あとUKだと時差もJPT-8hrと大きいためスケジューリングも大変でした。

…ということで色々と考えて再びNative British English先生捜しを再開{/ダッシュ/}
最近はオックスフォード大学サマースクールで教鞭をとる先生が在籍しているオンラインESL(123英会話)もあるようです。レッスン料が高いなぁとおもいつつ、少し心惹かれて、トライアルのリクエストをしたのですが、2日たった未だに返信が無く{/NG/}、開店休業状態?まぁ日系?オンラインESLとしてはお値段が高いのでしかたないかも?前に少しWebで話題になっていた漫グリッシュもあっというまにCloseみたいですし、これだけオンラインスクールが増えてくると、ある程度、経営状態(予約状態だけではなく親会社含め)を見極めてからでないとチケットのまとめ買いは怖いかも?少なくともこうした返信が遅いスクールによいサポートが望めるわけはないので、最初から躓いたところで、候補から脱落。

あれこれ考えながら今朝、Buddy Schoolでこれまでの受講歴(無料サイトであるにも関わらず、受講した先生のリストやフィードバックやメールなども保存されていて便利{/揺れるハート/})など色々な先生をみていたところ、以前レッスンをリクエストして予定が合わず、受講できなかった先生が今日レッスン日でログインしており、なおかつin class表示(Buddy Schoolでは先生のログオン状態やレッスン中という表示がこうして即時的に表示されるので便利)。早速スケジュールをチェックしてみると、人気の先生にもかかわらず今日はスケジュールが空いていたのでその時間帯にトライアルレッスンリクエストを入れました。

先生にもよりますが、Buddy Schoolの先生は15-30minのトライアルレッスンを提供している先生も少なくないので便利です。ただ登録をしていてレッスンスケジュールが空いていても、開店休業状態でチェックしていなかったり、忙しいから無理といわれたり、リクエストを無視?されてリクエストタイムアウトになってしまったり、あるいは受講生が多すぎて?忙しいので新規受講生は不可という表示がプロフィールにあったり…と少々面倒なところもあるのですが。トライアルだけというと嫌われそうなので、「もし良かったらその後、1hrのレッスンを受けたい」という希望もそえてリクエストしたことが良かったのか?先生からこちらがリクエストした時間より30分ずらしてはじめたいという返信がすぐにあり、先生から送られてきたIDをSkypeに登録。久しぶりにちょっと緊張して時間を待ちました。

結果{/ピカピカ/}大当たり{/ピカピカ/}という感じでした。プロフィールの写真は若く見えたのですが、実際はそれなりのお年で経験も豊富そうです。月並みな自己紹介もあまり求められず、目的などを訊きながら、さりげなく私のSkillsをチェックしてどんなレッスンが可能かという話しなどでした。TESOLを大学院で取得していて、指導経験も豊富&日本人の受講生もいるとのこと。IELTSについても詳しくて指導経験もあるとのことで、どんなテストかということも説明して下さいました。

ちなみにこの先生のフィードバックとして、私の発音はかなり綺麗とのこと。まぁNZに近いAustraliaの先生なので、私も聞きやすかったですし、ちょっと懐かしい感じすらしました。やはり自分がなれている発音が一番聞きやすいですし、先方も無理なく聞けるのでしょうね。オンラインレッスンって料金が安いこともあり迷うかもしれませんが、結局の所、自分がどこでどんな人と話したいか?ということを考えると先生選びも楽かも?そう考えると私の場合は、ANZ Englishで良いかも?とも。

ただ(Talkの先生同様)この先生からも「もう少し、スピードを落として話したほうが良い」と言われました。私のConversational Skillsについての評価として、流暢に話せているし、ジョークやスラングについてもきちんと聞き取れていて理解出来ている様子だけれども、素早く話せる反面、細かなところを見るとMistakeが見られるといった指摘があり、そうしたことをきちんと直して自信を持って話せるようになるためにも、分かって喋れていてももう少しスピードを落として話すほうが力を伸ばせるという説明がありました。こうして説明して頂けるとなるほど~と納得{/ひらめき/}先生もレッスン中は意図的にスピードを落としているとのことにて、少しゆっくり正確に話せるように努力してみます、この先生に限らず{/!!/}ようはごまかし無く、きちんと話すことが今の私には必要なようで、それが自信をつける早道とのことですから…

そのままレッスンを続けたかったのですが、先生が予定があると言うことでトライアルのみ=Free Lesson 30min{/ピカピカ/}
この先生で暫く週2-3回レッスンを受けてみようと思います。

ちなみに円高の昨今だから?週3回すると予算オーバーですが、週2回だとまぁまぁ予算許容以内?内容については、記事を読んでディスカッションしてもよいし、何らかのEsseyをかいてそれをもとにレッスンを進めても良いし、IELTSのSpeaking Sectionにそった形でレッスンをしても良いし…と言われました。

早速、明日の1hrレッスン(この先生の場合、1hrが最低時間のようで「Buddyで1hrのリクエストをしてね」と最後に言われました)を予約しましたが何からはじめたらよいのでしょう?
今晩はレッスンがありますし、その前にお家鍋会もあるかも?ですから、朝一番のレッスンでEsseyというのはとてもとても無理そうです…{/まいった/}

by Hannah




AUTHOR: みき
EMAIL:
URL: http://ameblo.jp/miki54mass/
IP: 118.22.67.123
DATE: 11/11/2011 15:53:08
HannahさんもBuddy Schoolで先生探されてたんですね!
私もネイティブの先生を探してたところでした。

今日早速受ける予定でしたが見事にすっぽかされました(^^;)
テストレッスンの申し込みしたんですが、結局レッスンの時間まで何も連絡がなく・・・。
なので、他の先生で別の日にトライするつもりです~。

円高なのでレッスン料は安いですよね!



追記を閉じる▲

【2011/11/11 14:29】 | English@Buddy School
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。